お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 【iPhoneのバックアップ】iCloudとiTunesの違いは?

iPhoneはiCloudでバックアップを取る方法と、iTunesでバックアップを取る方法があります。

どちらも条件が異なりますので、ご自身に合った方法でバックアップを行いましょう。

iphoneFTHG5972_TP_V

iCloudとiTunesの違いは?

■iCloud

バックアップ先…クラウド内

保存容量…2TGまで(5GB以上有料)

保存内容…ほとんど可能

暗号化…任意で暗号化

方法…Wi-Fi環境のある場所でiPhoneのみ使用

 

■iTunes

バックアップ先…クラウド内

保存容量…パソコンの空き容量まで

保存データ…ほとんど可能

暗号化…自動で暗号化

方法…パソコン接続

 

データの保管先の違い

■iCioudはオンラインストレージ上

■iTunesはパソコン上にデータが保存されます。

 

保存容量の違い

■iCloudの場合、5GBまでは無料でバックアップを行うことができます。

しかし、それ以上のデータのバックアップを取る際は、月額制の課金が必要です。

課金をすれば。最大2GTまでのデータを保管することができます。

■iTunesはパソコンでバックアップを行うので、保存できる容量はパソコンの空き容量分になります。

 

保存データの違い

■iTunesはデータを任意で暗号化することができます。

暗号化することによって、他人に自分のデータが見られるといったことを防ぐことができます。

またこれを行うことによって、Webサイトの履修・Wi-Fi設定・保存したパスワードなど、バックアップできる項目が増えます。

※iTunesは暗号化なしの状態がデフォルトです。

バックアップを取る際は、自分で必ず暗号化を選択するようにしましょう。

iCloudはバックアップ時に自動的に暗号化されるため、特に設定を行うことなくこれらの情報が引き継がれます。

 

バックアップ方法の違い

■iCloudはWi-Fi環境の整った場所とiPhoneのみでバックアップを行うことができます。

しかし自宅にWi-Fiがない場合は、コンビニやショッピングモールなどのWi-Fi環境のある場所に行かなければなりえません。

■iTunesはパソコンとUSBケーブルとiPhoneが必要です。

自宅にWi-Fiがない場合は、こちらの方法で行うと良いでしょう。

 

まとめ

パソコンの操作が苦手・家にパソコンが無い場合はiCloudがおススメ!

無料でデータのバックアップを取りたい場合はiTunesがおススメ!

iTunesでバックアップを取る際は、暗号化を忘れずに!

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。