• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhone7以降は修理すると防水機能がなくなる!?修理後の注意点とは!
お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 iPhone7以降は修理すると防水機能がなくなる!?修理後の注意点とは!

みなさんこんにちわ!

iPhone,Andoroid,ゲーム機修理専門店のスマホスピタル大宮店です!!

 

当店には毎日様々な修理依頼が来ます!

その中でも一番多いのがiPhoneの修理です!

 

本日はそのiPhoneの修理後の注意点についてご紹介していきたいと思います!

現在iPhoneの修理を検討している方はぜひご参考にしていただければと思います!

 

修理すると防水機能がなくなる!?

iPhoneにはiPhone7以降の機種に防水機能がついています

この防水機能とは完全防水ではなく生活防水となっているので多少の水しぶきを防いでくれるものになります

 

iPhone7以降にはフロントパネルの周りに隙間から水が浸入しないようにゴムパッキンのよう防水テープがつけられています

 

iPhoneの画面修理、バッテリー交換、カメラ交換などほとんどの修理の際にはこのフロントパネルを外して修理を行うため防水テープをはがしての作業となりますので、修理後は防水機能が低下もしくは失われてしまう可能性が大きいです

 

そのため修理後は雨にぬらしたり、お風呂で使用したりすることはやめておきましょう!!

 

以下が現在発売されている防水機能が備わっているiPhoneになります

・iPhone7

・iPhone7+

・iPhone8

・iPhone8+

・iPhoneX

・iPhoneXS

・iPhoneXSMAX

・iPhoneXR

・iPhone11

・iPhone11Pro

 

上記のiPhoneを修理する際には防水機能がなくなってしまうということを予め知っておきましょう!!

 

iPhoneを水没してしまうとデータがすべてなくなってしまうこともあるので水没にはかなり注意が必要です!!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。