お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 すぐわかる。iPhoneから変な音が聞こえたらとるべき行動

みなさんこんにちわ!

スマホ修理専門店のスマホスピタル大宮店でございます!

 

本日はiPhoneのスピーカーに関していろいろとご紹介していきたいと思います!

 

「普通に使っているだけなのにiPhoneから変な音が聞こえる。」こんなことはありませんか?特に電話を良くする方にとって雑音が聞こえると本当にストレスを感じますよね。そこで今回はiPhoneから変な音が聞こえてきたらとるべき処置についてご紹介します。

 

iPhoneのスピーカーから変な音が聞こえたときには?

 

◆変な音が聞こえたときの対処法
 まず、アプリの異常が考えられます。これ場合はどのアプリなのか特定は難しいので、再起動をしてみましょう。ヘッドホンやイヤホンの異常でしたら、Bluetoothの設定を変更して確認できます。またiPhoneに内部に異常があればノイズが発生します。内部のどこかが劣化していることが多いので、この場合は修理にださないといけません。

 

◆変な音を放っておくと。
 再起動で直る場合がほとんどです。音がするのに何もしないでいると、通話相手の音声が聞こえなくなったり、動画から音声が出ないなど深刻になっていく場合があるので早めに対処することが大切です。また、普段から落下や水没には気を付けていきましょう。

いかがでしたか。iPhoneからの変な音が鳴る時のとるべき行動についてご理解いただけましたか。少しでも音に異常を感じたら、これらの処置を行い、直らなければ、早めにお店で修理をしてくださいね。

Iphoneのスピーカーに関するトラブルで多いのが、音割れや音が小さくなるなどです。
最悪音がでなくなってしまうこともあります。
もしそうなってしまった場合、通話や音楽を聴く際などに影響してしまいます。
今回は、iphoneのスピーカーが不調の際にしておきたいことについて紹介します。

 

 

iphoneのスピーカーが不調の際にしておくこと

*スピーカーが音割れしている場合
音割れする原因として一番多いのが、水没によるものです。
仮に水没さしてしまった場合は、徹底的に乾燥させましょう。
修理に出すことなく、乾かすことで音割れが直ることもあります。

また、ほこりが入り込むことによって音割れすることがあります。

Iphoneにはスピーカーが本体の充電器差込口の横、本体表面の上部、背面のカメラレンズ横にあります。
ホコリが入り込んでいないか確認し、入っている場合は綺麗に掃除することで直すことができます。

 

*スピーカーから音が出ない場合
音が出ない理由のひとつとして、Bluetoothの項目をオンにしている可能性があります。
オンになっていると、ワイヤレスイヤホンなどに優先的に接続されるため音が出なくなります。
他に考えられるとしたらスピーカーの故障です。
故障している場合は、修理店に依頼しましょう。

 

今回は、iphoneのスピーカーが不調の際にしておきたいことについて紹介しました。
スピーカーの不調に関するご相談はぜひ、スマホスピタル埼玉大宮店にお問い合わせください。

 

iPhone(アイフォン)で相手の声が聞こえなくなる故障

 

これは実はイヤースピーカーというiPhone(アイフォン)で電話する際に相手の声が聞こえる耳に当てる穴の原因でない場合も結構あるのです。

水没や強い衝撃を与えた時に多いiPhone(アイフォン)の現象なのですが

これは実は充電口の不良の可能性があるのです。

え?

全く関係ないじゃんって感じでしょうが、これが大ありなんです。

主な原因は

イヤホンジャックの誤認識

が原因であることがほとんどです。

なんと充電口の役割は多岐にわたり重要な役目を果たしております。

・電話の際に相手方に伝えるマイク・録音の際に集音するマイク

・スピーカーに電力を供給する役目

・イヤホンジャック

 

主にはこの3つは充電口と同じパーツで構成されているので上記の機能に障害があった際は

充電口の不良が考えられます。

そこでよくあるのでイヤホンジャックが誤認識でイヤホン端子が入っている認識になるケースがあるのです。

その確認の仕方ですがホーム画面などでボリュームボタン(音上げたり下げたりするボタン)を押してみてください。

そうすると画面上に音量が変化するのがみて取れますが

その際に「音量」と出ていれば正常ですが「ヘッドフォン」と表示されたらAUTOです。

iPhone(アイフォン)ではイヤホンが刺さっている認識だとイヤースピーカーの機能を停止する仕様になっておりこの誤認識がなくならない限り

イヤースピーカーを修理しようが交換しようが原因は解消されません。

そうなると充電口の交換が必要になりますが、この修理はiPhone(アイフォン)であれば1時間で即日で修理が可能でございます。

そして料金もほとんどが1万円以下で修理が可能でなんやかんやiPhone(アイフォン)をどう認識するかというところではありますが

電話ではありますのでその電話として復活させませんか?

 

イヤースピーカーとラウドスピーカー

iPhoneで通話するためには、イヤースピーカーかラウドスピーカーと通話用マイクを繋げて通話をする流れが一般的となります。
イヤースピーカーは文字通り、耳にスピーカーを当てて聞くことができるイヤホンのことを言います。

 

ラウドスピーカーはイヤホンを通さずにiPhoneに搭載されたスピーカーから音を出して聞くことができるスピーカーです。
もっともイヤースピーカーの場合は通話用マイクと一体型のタイプも生まれているため、テレビ電話などでは使われることも多いタイプのスピーカーとなります。

通話の相手からの声が聞こえない、聞き取りにくいといった症状はよく起きますが、それと同時に自分の声が相手に伝わらない、伝わりにくいというケースも存在します。
まずその対処法には音量レベルを上げてみる、そして、一度イヤホンジャックを外して挿入しなおしてみる対処法を行います。

そして次の対処法はBluetoothが接続されていないかの確認で、それが優先となっているとスピーカーやマイクの機能が使えないケースもあります。
それ以外にもマルチタスク画面にて他アプリの起動をオフにし、最後には再起動による対処法を行うと良いです。

 

音がでなくなった?

iphoneから音が出ない、そんなトラブルの原因ですが、まず最初に確認したいのは本体のミュート機能です。
ミュートのボタンが押されていると、音量が一切出ない状態になります。

設定を自分で変更したつもりがなくも、無意識的にボタンを触っていたり、何かの拍子で指が触れてミュート機能がONになる事は、そう珍しくはありません。

全てのアプリ、どのネットのページを見ても音が出ない場合は、この原因の可能性大です。
ボタンをタップしてミュート機能を解除すれば、普通に音が出ます。

気をつけたいのが解除するタイミングです。その機能は本体の普段の音量設定とは別に強制的に無音状態にするものです。
そのため、電車や会社で解除をすると、iphoneでテストとして流していたBGMや動画の音声が、大音量のまま周辺一帯に流れる恐れがあります。

OFFにする前に今一度、動画や音楽アプリの様子を見て解除してもよいか、改めてチェックしましょう。
勤務後の自宅などのあるいはプライベートな場所と時間でOFFにするのがオススメです。

次に音が出ない原因として考えられるのが、ブルートゥースイヤホンやヘッドホン、スピーカーの問題です。
無線経由で音声が出せる各種ブルートゥース機器はとても便利ですが、音声出力の設定を解除し忘れると、ずっと無線イヤホンや無線ヘッドホンからのみ、音声が流れます。

自動的に利用後、音声の出力が本体へと切り替わる製品もありますが、基本的にユーザー側で、毎回切り替えなければいけません。
ブルートゥースの電波は部屋を越えて、届く事も多いです。
隣の部屋のブルートゥーススピーカーに、何かの拍子でiphoneの音声出力先が切り替わっていたら、本体から音が出ない状態になるので要注意です。

続いてiphoneが出ない原因として考えられるのが、イヤホンジャックが正しく抜き取れなかった事です。
有線のヘッドホンやイヤホンを、iphoneで使う場合、ケーブルを本体に挿入します。イヤホンが不要になった時、ケーブルは抜き取られますが、その時に強引に引き抜いたり中途半端な外し方をすると、物理的にはイヤホンジャックが取り外されているにもかかわらず、iphone側がまだイヤホンやヘッドホンが挿入されたままだと誤探知します。
その場合は一度適当なイヤホンジャックを、本体にもう一度差し込んで再び、取り外す事で本体に正しく接続解除がなされた事を認識させるのです。

特定のネット動画サイトだけ、音が出ない場合はハードウェアに問題がない可能性があります。
改めて動画サイトの再生画面や設定を確認しましょう。

ミュート機能が画面の方でONになっていれば、その画面のアニメや映画だけ音声が出ません。

スマートフォンのSEや他のアプリのBGMなどは流れるのに、特定のアプリやサイトの音が出ない場合は、そのアプリやサイト画面の音量ボリュームを再確認しましょう。
音量が極小、あるいはゼロになっていたら、音が出ない環境になりますので、改善策は手動で音量ボリュームを操作して適量までアップさせます。

色々な改善策を講じても全く原因が分からない、そんな時はスマートフォンの本体スピーカーが物理的に破損している事が推測されます。

スピーカー部分が壊れていたら、画面で色々な設定変更を行っても音が出ないままです。

本体に耳を近づけると微細な異音がする、音が突然出たり出なかったりする、最近激しくiphoneを落下または水没させてしまった心当たりがある、そんな方々はスピーカー部分が物理的に破損している恐れが高いです。

ハードウェアの故障や不具合はユーザー側では改善出来ません。異常に気づき次第、身近な専門店を利用するのが良いでしょう。プロのスタッフなら問題箇所を瞬時に特定し、部品交換で音が普通に出るように改善します。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。