お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 【コロナで大変】iPhoneのマスクしながらでも顔認証可能!?

皆様お元気にしておりますか?スマホスピタル埼玉大宮店スタッフでございます。

最近、新型コロナウイルスによる感染症対策のため、マスク着用をしている人が多くなりましたね。
花粉症の時期だと、以前からマスクが必須な人も多かったと思いますが、今では街歩く人々の約9割以上がマスクをする時代です。飲食店では、マスク着用が必須なお店もあり、どんなところでもマスクをしながら…が普通の認識になりました。

iPhoneでは、顔認証でロックを解除する機種もあるため(Face ID)マスクをしていると認証されなくて、パスコードを打ち込まないと解除できない…なんてことも。

そのため、ロックを解除するには一々マスクを外す必要がありました。

しかし、マスクを着けたままでもロックを解除できる方法があるので、今回はそちらをご紹介していきます!

■マスクをすることが当たり前の時代

新型コロナウイルスのような感染症対策として、世の中はマスク着用が必須な時代になりました。そのため、メガネが曇ってしまったり、耳が痛くなったりとiPhoneのFace ID問題の他にも私生活で辛い方もいますね。しかし、今回の方法ですこしでも私生活の煩わしさを軽減させるためにも、まずはiPhoneのロック解除をスムーズにすることから始めてみましょう。

・Face IDをマスクをつけて登録する。

実際、Face IDは「目、鼻、口の全体」が見える状態で登録出来るように設計されています。なので、より確実な成功率にするためには、1人目の顔と2人目の顔をそれぞれ顔半分マスクで覆った状態で、左と右の2つ登録することが一番の成功に繋がるとは思います。

1,マスクを半分に折り、顔に当ててそのまま保持。
2,画面に「顔に障害物」と表示された場合、「ゆっくりと頭を動かして円を描いてください」と表示されるまで、ゆっくりとマスクを顔の中心から離していきます。
3,Face IDのスキャンが終わったら「続ける」をタップしましょう。再び同じ手順をくり返し、2回目のスキャンを完了させる。
4,「Face IDが設定されました」と表示されたらほぼ成功です。
5,最後にマスクをして顔全体を覆い、ロックを解除できるかどうかをテストする。

これで成功しない場合は、マスクの向きを変えて再度やってみてください。

・Apple WatchでFace IDをスルー

Appleは、iOS 14.5およびwatchOS 7.4のパブリックベータ初版の配信を開始したため、2つの組み合わせにより、みなさんが待望の「マスクをしたままFace ID対応のiPhoneをApple Watch着用でロック解除」が可能になりました。Apple Beta Software Programへ登録さえすれば誰でも試すことが可能です。以前より、Apple幹部は社内でマスク着用しながら顔認証させる手法を検討していたこともあるのですが、セキュリティ上の問題で、実現できないと回答しておりました。しかし、今回の新型コロナウイルス渦のため、色々と模索し、実現できるよう今回のような配信を実現したのでしょう。実際、Apple WatchでiPhoneのロックを解除するというと「Apple Watchを着用してMacに近づけばロック解除」と同じような印象を与えますが、実際には多少違います。

まず必要なハードウェア製品、ソフトウェアが必要です。

・Face IDがある、iPhone X以降のモデル
・Apple Watch Series 3以降
・watchOS 7.4以降がApple Watchにインストールされてること
・iOS 14.5以降がiPhone にインストールされてること

まずは、上記を準備しましたら、下記の手順で実行してみてください。

1,iPhoneで設定アプリを開きます。
2,[Face IDとパスコード]をタップします。
3,iPhoneのパスコードを入力します。
4,[Apple Watchでロック解除]までスクロール、Apple Watchの横にあるボタンをスライドし、オンにする。もしもオプションがグレー色に表示されている場合は、Apple WatchのwatchOSバージョンに更新する必要があります。

さらにApple Watchの方でもパスコード保護をオンにすることが必要です。まずは、iPhone上のWatchアプリを起動し、「パスコード」>「パスコードをオンにする」を選びます。そこでパスコードの設定をしておきます。また、マスクを着用して初めてApple WatchでiPhoneのロックを解除しようとした場合は、iPhone側でパスコードを入力するように求められます。

以上がAppleWatchでロックを解除する方法です。

今後、新作機種を出す際に、もっと簡単にマスクしながらiPhoneのロックを解除できるようになるかもしれませんね。

■Face IDを使う際にインカメが壊れていたら…

そもそも、iPhoneのインカメラが壊れていたら、せっかくのFace IDも使えなくなってしまいますよね。

カメラアプリが起動しない等、何かしらの不具合が出たときは、以下の手順で対策を取ってみましょう。

1.起動中のアプリで負担のかかるものを終了し、電源を落とし再起動して様子を見る。
2.電源を落とし再起動して様子を見る。
3.ソフトウェアが最新かどうかをチェックし、最新版でなければアップデート。
4.バックアップを取って初期化&復元。

初期化・復元自体、自分で行うにはリスクもありますし、またソフトだけでなく基盤自体にも異常があるかもしれません。その場合はすぐに修理に行くべきかもしれません。

なので、少しでもiPhoneのカメラ機能が調子悪いと思った場合はすぐにスマホスピタル大宮店にお持ちください!

はじめてご来店いただくお客様にもお気軽にご相談できるように、スタッフ一同心よりお待ちしております!

困ったときはスマホスピタル埼玉大宮店へ

いかがでしょうか?

今の世の中、マスク着用が必須になっています。少しでも皆様の生活が楽になるような記事を書かせていただきましたが、お役にたてるような内容になりましたでしょうか?他にもマスクをしながらロック解除出来る方法が見つかりましたら、すぐにでも皆様にお伝えできればと思います!

スマホスピタル大宮店では、スマートフォンに関するご相談をいつでもお待ちしておりますので、お気軽にお問い合わせください!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。