• TOP
  • お役立ち情報
  • 夏場は特に気を付けましょう! 外でスマホが熱くならないようにする3テクニック
お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 夏場は特に気を付けましょう! 外でスマホが熱くならないようにする3テクニック

スマホ 熱い 対策

スマホは精密機器であり、精密機器は熱に弱いという特徴があります。

iPhoneを販売するApple社では、iPhoneを使う時は周囲の温度が0℃~35℃の場所で使うことを推奨しています。

iPhone以外のスマホでも、メーカーの注意書きを見ると大体同じような注意事項が記載されています。

つまり、猛暑日で35℃を超える気温の日、外でスマホを使うことはあまりおすすめできません!

本体が高熱になるだけではなく、気温と湿度のせいで放熱機能もうまく働かなくなります。

 

炎天下で長時間スマホを使用しつづけていると、スマホ本体の寿命がどんどん削れてゆき、唐突に起動不可になる可能性もあり得ます。

 

しかし、外に出てスマホに一切触らないのも案外難しいものです。

というわけで今回は、猛暑でもスマホの温度をなるべく低く保ち、寿命を縮めないために覚えておくべきテクニックをご紹介します。

 

移動中はバッグやリュックの中にしまう

夏場にスマホが高温にならないようにする一番重要かつ簡単な方法は、使わないときはしまっておくこと一択!

さらに言うなら、服のポケットではなく、カバンやリュックサックの中が最も安全です。

というのも、服のポケットは通気性や放熱性が決して良いとは言えず、自分の体温でけっこう暖かい場所でもあるからです。

ポケットに入れているだけなのにスマホが熱々になっていたりすることもあるので、出来れば体から離したバッグやリュックに収納しましょう。

メッシュ素材を使った通気性の良いバックに入れておけば、スマホへ及ぶダメージもさほど大きくなく済みます

 

スマホケースも通気性を重視する

衝撃からスマホを守るためのケースも、その強固さ故に通気性が悪くなり、本体が高温になりがちです。

メッシュ構造など隙間が多い構造のケースを使用し、熱がこもらないようにしましょう。

メッシュ構造だと見た目が頼りなく見えがちですが、ぶつかりやすい本体のフチをしっかり覆う形状ならば、背面がスカスカでも破損の可能性が結構下がります。

というわけで、夏場はそんなデザインのスマホケースを探してみることをおすすめします。

 

スマホの冷却グッズも活用!

通販サイトで「スマホ 冷却」と調べれば、たくさんのスマホ冷却グッズが出てきます。

特に多いのは本体裏面に取り付ける冷却ファンですが、これはスマホのボディに溜まった熱をファンの風で強制的に冷やすものです。

熱自体は内部の基板から発生するのですが、一番外側のボディが熱いままだと内部の熱が外に放出されず、なかなか温度が下がりません。

そのため、それを冷やす冷却ファンは結構効果的です。

また、専用の冷却ファンを買うのもいいですが、外でさほどスマホを使わないならハンディファンなどでもいいかもしれません。

 

なお、保冷材や氷で冷やすのはやめておきましょう。

確かに冷却効率は良いですが、結露した水分でスマホが破損してしまうリスクがあります。

 

まとめ:夏場はあまり外でスマホは使わないようにし、冷却グッズも活用しましょう

猛暑が常になってしまった現代日本では、夏は自分の身もスマホも守る行動をする必要があります。

気温の高い日中は、屋外でスマホを使うことは控えた方がよいでしょう。できるなら、日陰にたどり着くまではカバンにしまっておくのがベターです。

お仕事などでどうしても使わなければならない!という場合は、外付けの冷却ファンや冷却シートを活用するようにしましょう。

 

万が一高温になったせいで故障してしまったら、スマホスピタル奈良店までご相談ください。場合によっては即日修理できるかも!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。