• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhone12の使用感〜iPhone8から乗り換えて感じたメリット、デメリット〜
お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 iPhone12の使用感〜iPhone8から乗り換えて感じたメリット、デメリット〜

皆さまこんにちは、iPhone12 miniの発売が待てずiPhone12を購入してしまったスタッフAです。

今回はiPhone12を1週間使ってみて今まで使用していたiPhone8とiPhone12の比較をして行きたいと思います。

iPhone12とiPhone8とのスペック比較

まずはiPhone8とiPhone12のスペックを簡単にご紹介します。

iPhone8 iPhone12
 通信  4Gまで対応  5Gまで対応
 ディスプレイ  4.8インチRetina HDディスプレイ  6.1インチSuper RetinaXDRディスプレイ
 カメラ シングル(広角) デュアル(広角、超広角)
 CPU  A11 Bionic  A14 Bionic
 バッテリー 13時間(ビデオ再生) 17時間(ビデオ再生)
 認証 Touch IDによるボタン認証 Face IDによる顔認証

Apple公式にて確認されているスペックのはこのようになっています。

iPhone8に比べiPhone12の方が一回り大きくなっており、ボタンが廃止された事で画面サイズはニ回り程大きくなっています。

iPhone12に乗り換えた理由

この度ずっとお世話になっていたiPhone8からiPhone12を購入した理由は3つあります。

1.動作の重さ、CPUの限界

まず1つ目の理由は動作の重さが目立って来た事です。

iOS14になってから文字入力にラグが発生するようになって来た事とアプリのアップデートやインストール時等に再起動してしまうようになって来た事がかなり煩わしくなり、また万が一iPhoneが動かなくなってしまった場合仕事に影響が出てしまう事を懸念したからです。

iPhone8のCPUはA11 Bionic、iPhone12のCPUはA14 Bionicが使われています。

仕事や、普段使いとしてはまだまだA11 Bionicでも問題ないのですが、スマホゲームをする際に度々アプリが落ちてしまう事が増えてしまいました。

特に3Dゲームやアクションゲーム、オープンワールド式のゲームではかなりの頻度でアプリが落ちてしまい、まともにプレイする事が出来なくなってしまったので、新しく買い替えを検討するようになりました。

2.iPadとの操作性の違い

ここ半年程前から仕事でiPadを使用する事が増えて来ており、認証システムの違いや、ホームへの移動、コントロールセンターの出し方など、iPhone Xとは似ていてもiPhone8との操作が異なる事が多いです。
この違いによる誤操作の頻度が高く個人的に煩わしくなって来てたので操作性の近いiPhone12ならと思った事も買い替えを検討する要因でした。

3.バッテリーの持ちが悪くなってきたから

最後の理由はバッテリー持ちが悪くなってきたからです。

これはバッテリーの劣化もあると思うのですが、元々スマホをよく使用するため、モバイルバッテリーを持ち歩いて生活していました。

しかし最近モバイルバッテリーの消費が多くなって来ており、スマホの充電頻度も増えて来たので上記2点の事もあり、買い替えを決断しました。

ちなみにバッテリーの劣化単体の理由ならバッテリー交換をオススメします。

バッテリーを交換するのであれば、スマホスピタルで交換も可能です!

川崎だけではなく、大宮や秋葉原にもありますので、お気軽にご相談ください。

1週間使用した感想

上記の理由によりiPhone8からiPhone12に乗り換えてから約1週間程経ちました。

1週間使用してみて見えて来たiPhone12に乗り換える事のメリットとデメリットがいくつか出てきたので、ご紹介したいと思います。

iPhone12に乗り換えたメリット

iPhone12に乗り換えたによるメリットは3つご紹介します。

1つ目はネックになっていたCPU性能の向上です。アプリが落ちる事もなるなり、文字入力もスムーズになってかなりのストレスが軽減されました。操作性もiPadと近いので誤操作する事もなくなりました。

2つ目は画面サイズが大きくなった事で一度に目に入る情報量が増え、記事を読んだりTwitterのタイムラインのチェックや、LINEのトーク履歴などの情報量も増えた事はかなり便利です。
動画もiPhone8と比較するとキレイに観る事が出来るので、iPhone12 miniではなく iPhone12を選んで良かったと思っています。

僕の場合は本体のカメラの下に指を入れるベルトを付けているので、片手での操作もそこまで不便ではなく使えています。

キーボードが大きくなったので入力する時に感覚が違う事で、誤字が少し増えましたがこれは慣れていけるレベルだと思います。

3つ目はカメラ性能の向上です。

iPhone12はiPhone8と比較するとカメラ性能が広角のシングルカメラから広角、超広角のデュアルカメラになりました。

カメラ性能を考えるとiPhone12 Proの方が広角、超広角、望遠のトリプルカメラ+LiDARスキャナーを搭載しているためカメラ性能はiPhoneの中でも最高峰です。

しかしiPhone12とiPhone12 Proとの違いはこのカメラ機能だけといっても良い程、その他の性能面ではほとんど同じ性能なので、カメラ機能へのこだわりのない筆者はiPhone12を購入しました。

その為、カメラ性能はあまり気にしていなかったのですが、流石にiPhone8と比較するとかなり向上していると感じました。

特にナイトモードによる暗所による撮影もかなり鮮明に撮影する事が出来るようになりました。もちろん通常時の写真もiPhone8よりも鮮やかに撮影する事ができます。

iPhone12に乗り換えたデメリット

iPhone12に乗り換えてよかったと感じる一方で不便だと感じる事があったので、

1つ目は5Gを使える場面が少ない事です。
これはiPhone12が悪い訳ではなくキャリアの問題なのですが、どのキャリアも5Gが使える場面が少ないのにも関わらず5G用のプランへの加入が強制となっています。その為携帯料金が、以前よりも高くなってしまいます。

筆者の場合はauを使用しているので、モバイルデータ通信が無制限になるプランになったので外でも気軽に動画を見る事が出来るので、半分諦めて受け入れています。

1週間使用していましたが、5Gに切り替えられた事はありませんでした。5Gの普及にはまだまだ時間がかかるので、もしも使用しているキャリアの現在の料金プランと金額が大きく変わってしまう方はiPhone12に乗り換える前に確認する事をオススメします。

2つ目はバッテリー持ちです。

Appleの公式ではiPhone12のバッテリー持ちはビデオ再生で連続17時間となっています。

iPhone8が13時間となっていますが、それにしても大幅に変化したようには感じませんでした。

スマホゲームをしない日は1日に一度再充電しており、スマホゲームをしている日は1日に何度か充電しており、iPhone8と比較するとスマホゲームをしない日はiPhone12の方がバッテリー持ちが多少良くなっているように感じますがスマホゲームをしている日はiPhone8とのバッテリー持ちの変化はほとんど変わらないように感じています。

また、余談ですが、3Dアクションゲームをしている際の発熱も気になります。

iPhone8から、iPhone12にした事で、iPhoneで3Dアクションゲームをしていてもアプリが落ちなくなりました。それ自体は良い事なのですが、発熱があり、一定時間発熱が続くとアプリが角つくようになってしまいます。アプリが落ちる事はないのですが、明らかに動作が劣化してしまうのは残念に感じました。また3Dアクションゲームをしている際のバッテリー持ちは最悪で凄い勢いでバッテリーが減っていくのもマイナスポイントでした。

4つ目は認証面の不便さです。

iPhone8の認証はTouch IDによる指紋認証に対してiPhone12はFace IDによる顔認証です。

自宅で使用する際はかなり楽になりましたが、外で使用する場合はマスクが邪魔をして認証してくれない事が多々あります。

最低でも鼻はマスクから出さないと認証せず少し煩わしさを感じます。また、Apple Payを使用する際も顔認証出来ない事が多い為、パスコードで認証するのも少し面倒だと感じました。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

iPhone8からiPhone12に乗り換えてたメリット、デメリットをまとめると

メリット

  • CPU性能の向上
  • 画面サイズの大型化
  • カメラ性能

デメリット

  • 5Gの範囲と料金プラン
  • バッテリー持ちはあまり変わらない
  • 外出時の顔認証の不便さ

です。

皆さんもiPhone8や iPhoneSEからiPhone12に乗り換える際には参考にして頂けると幸いです。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。