• TOP
  • お役立ち情報
  • iOS14以降からWi-Fiに接続すると「安全性の低いセキュリティ」の表示
お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 iOS14以降からWi-Fiに接続すると「安全性の低いセキュリティ」の表示

iPhoneシリーズに導入されているiOSですが、iOS14以上にアップデートをしてから、

 

Wi-Fi接続時に「安全性の低いセキュリティ」という表示が出る場合があります。

 

「安全性の低いセキュリティ」と表示されると不安なる方も多くいらっしゃると思います。

 

この表示自体は何かセキュリティに問題があるから表示されるのでしょうか?

 

また、この表示を出さなくする対応策があるのかを解説します。

 

「安全性の低いセキュリティ」とは?

iphone12par54867_tp_v

今まで接続していたWi-Fiにも関わらずiOS14にアップデートをした途端にこのような表示が出てくるようになりました。

 

この表示の原因は、iOS14におけるWi-Fiに対してのセキュリティが強化されたことにあります。

 

つまり、OSの不具合というわけではなく、仕様通りの動作をしている結果表示されたということです。

 

Wi-Fiの電波(SSID)には、それぞれWPA(Wi-Fi Protected Accessの略)と呼ばれるセキュリティ方式があります。

 

このセキュリティレベルが低いと判断された場合には、iPhoneで接続しているWi-Fiに上記の表示がされる仕組みになっています。

 

「安全性の低いセキュリティ」が出てきたときの対処法

router-157597_1280

「安全性の低いセキュリティ」が表示されるのは、Wi-Fiの電波がAppleが求めるセキュリティ方式ではないためです。

 

そのため、利用中のWi-Fiルーターのセキュリティや暗号方式をAppleが求める基準に変更することで解決することができます。

 

各社利用しているルーターによって、セキュリティの変更方法は異なってくるため、事前に調べる必要があります。

 

具体的には、WPAやWPA2(TKIP)と呼ばれるセキュリティより強固なものにすればいいということです。

 

WPA2(AES)やWPA3と呼ばれるセキュリティに変更をすることで、Wi-Fiのセキュリティレベルは上げることが可能です。

 

「安全性の低いセキュリティ」は危険なのか?

 

この表示は、あくまでAppleのセキュリティ基準に合わないために出しているものであって、

 

特に重大な問題であるというわけではありません。

 

そのため、上記で上げたような対処法を実践する必要などはそこまでありません。

 

ただ、表示が気になるという方は是非設定を変更してみてください。

 

まとめ

 

今回は、iOS14から表示されるようになった「安全性の低いセキュリティ」についてご紹介をしました。

 

表示が気になるという方は、今回ご紹介した対処法を是非試してみてはいかがでしょうか。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。