お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneX以降のFaceIDが使えなくなった時の対処法!

指紋認証の代わりに新たに搭載されたFaceIDをご存じでしょうか。

顔の輪郭などを読みとって瞬時にロックを解除してくれたりと非常に便利で使い勝手の良いiPhoneのシステムです。

 

img_63541

iPhoneX以降に搭載されたFaceIDですが、実は急に使えなくなったなどのお問合せが多いのも事実です。

FaceIDは実は非常に小さな8個パーツで機能しております。

その中のtruedepthカメラという部分が非常に繊細でインカメラの周辺に組み込まれています。

落とした衝撃などをその周辺に与えてしまうとたとえ一度だけだとしても壊れてしまう可能性があります!

落下してFaceIDが使えなくなってしまう事例は後を絶ちません。

 

次に水濡れや水没による故障なども挙げられます。

iPhoneは進化していますので耐水性のレベルは年々上がってきています。

ただ盲点となりえる場所が一つ存在します。

それはイヤースピーカー部分の網目です!

ここから水が浸入するとFaceIDだけではなく、リンゴループの原因になったり本体基板にダメージを与えてしまうことにもなり兼ねません。

耐水であっても水濡れには注意する必要があります。

 

後はIOSの不具合でFaceIDが使えなくなる可能性もあります。

こちらはバグなので予兆もなくいつ起こるかもわかりません。

 

もしもFaceIDが使えなくなった時の対処法はまず強制再起動があります。

これによって軽いバグなら解消される場合もございます。

 

次にFaceIDをリセットする。

リセットしてまた読み込んでくれるならまだ使える可能性がございます。

 

最後はIOSをアップデートしてみます。

必ずアップデート出来るだけの容量を残してあげて下さい!

 

 

それでもダメな場合は初期化を行うか、Applestoreに持って行って本体交換を行ってください!

 

以上がFaceIDを使えなくなった時の対処法でした。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。