• TOP
  • お役立ち情報
  • その充電方法もしかするとバッテリーの劣化を早めてるかも?正しい充電方法とは?
お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 その充電方法もしかするとバッテリーの劣化を早めてるかも?正しい充電方法とは?

普段からスマートフォンを使っていると、

どうしても気になるのが「バッテリー持ち」ですよね。

新しいスマートフォンを使い始めて、

最初は余裕で一日持っていたバッテリー持ちも、

月日が経ちバッテリーが劣化してくると、

朝出かける前に100%でも、ほとんど使わなくても

一日持たないなんてことも経験あるのではないでしょうか?

 

最近では、バッテリー交換も珍しいことではないので、

バッテリー交換可能なスマートフォンの場合、

消耗したバッテリーを交換することも一つの方法ですが、

できるなら最初のバッテリーを大切に使って長持ち

させたいですよね。

 

最近のスマートフォンやタブレット・家電などに使われている

バッテリーの多くは「リチウムイオンバッテリー」で

少し使い方を気をつけるだけで、バッテリーの劣化を

遅らせて、長持ちさせることは難しいことではありません。

 

今回は、そんな少しの心がけを少しご紹介します。

 

 

その充電方法もしかするとバッテリーの劣化を早めてるかも?正しい充電方法とは?

 

 過充電…充電のやりっ放しには注意!

普段の生活の中で、おそらく誰もがやったことがる

充電のやり方だと思いますが、スマートフォンを充電するのに

寝る前に充電器に挿して、朝起きて充電器から外すという方法です。

 

一日の終わりに充電をしておけば、翌朝には満タンになって

また一日使うことができるので、一番効率が良い充電方法ですよね。

 

ですが、この充電方法、バッテリーにとってはあまりよくありません。

 

スマートフォンに使われているリチウムイオンバッテリーの

充電時間は0%から100%まで充電するにしても、

だいたい3〜4時間くらいで完了します。

 

そうなると寝ている間、充電器につなぎっぱなしだと

満タンまでたまっているのに充電をする過充電になり

バッテリーの劣化を早めてしまいます。

 

だからといって絶対してはいけないというものでもありません。

不便な使い方をしても、元も子もないので

できる限り気をつけるだけでも、バッテリーの寿命は

変わってくると思いますよ。

 

 空っぽになるまで充電しないのも良くありません

「メモリー効果」って聞いたことはあるでしょうか。

例えば充電バッテリーを充電するとき、30%くらいで継ぎ足し充電を

行っていると、バッテリー自体が30%くらいが0%だと記憶して

30%まで減った時点で電圧低下を起こしてしまう現象です。

つまり30%あるのに充電がなくなってしまったようなことが

起こってしまうのです。

なので、バッテリーはできる限り使い切ってから100%まで

充電する方が長持ちすると思われています。

 

ですが、これはニッケルがベースのバッテリーの話で、

最近主流の「リチウムイオン」バッテリーは違います。

 

簡単にいうと、継ぎ足し充電の方がいいんです。

リチウムイオンバッテリーは残量が減りすぎると、

ものすごく不安定になってしまい、劣化が早まります。

 

また、不慮の事象による事態、発火・爆発のような最悪の事態を

防ぐために、ゼロの状態が続くと自動的にバッテリーを壊す仕組みに

なっているのです。

 

ですので、目安としては40%くらいまで減ったら80%くらいまで

充電を継ぎ足すように心がけてください。

 

 

少しの心がけでバッテリーは長持ちします。

それでも長い年月つかっていれば、消耗して劣化します。

 

そんなときは、ぜひ当店までご相談ください。

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。