• TOP
  • お役立ち情報
  • 元Apple正規店スタッフが明かす正規店でiPhone修理をオススメしない理由と、その驚きの修理内容とは!?
お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 元Apple正規店スタッフが明かす正規店でiPhone修理をオススメしない理由と、その驚きの修理内容とは!?

携帯ショップでiPhoneを契約、購入するとなにか故障があった場合は「Apple StoreかApple正規店に行って下さい」と言われる事が多いですよね。

「正規店」という言葉からもしっかりしたお店でちゃんと対応してくれるとイメージできますが実はApple正規店といっても対応や案内が様々と言う事をご存知ですか?

今回はそんなApple正規店についてご紹介していきます。

Contents

iPhoneを修理するなら絶対にApple正規店が安心・・・?

iPhoneやiPadなどを修理するにはApple正規サービスプロバイダに行けば安心だと思っている方が多いですが正規店に一度でも行った事がある方は

ご存知だと思います。

かなり不満が残る対応、修理内容、修理金額と言う事がわかると思いますし当店にもそういった正規店への不満の声をかなり多く聞く事があります。

そもそもApple正規店って何、Apple Storeとどう違うの?

Apple正規店というとApple Storeと同じ店と思っている方が多くいらっしゃいますが実は似て非なるものなんです。

有名なところではカメラのキタムラやビックカメラなどがApple正規店を運営する基準をクリアして運営しているもので運営会社自体は全くの別会社なんです。

運営会社が別となると色々と違いが出てきたりもして、それが修理内容や案内に影響してきてしまいます。

 Apple正規店とiPhone修理店との違いは?

ではApple正規店とiPhone修理店との違いはなんでしょうか?

Apple StoreやApple正規店では基本的に本体交換をメインとしています。

今でこそ画面交換やカメラ交換など部分的な交換を行っているようですが、以前まではどんな症状でも本体ごとの交換しかしていませんでした。

そのため事前にデータのバックアップは必須でバックアップができないようなタッチ不良や液晶表示不良、起動不具合などになるとデータを諦めるしかありませんでした。

今でも画面割れで修理に出しに行ったのにフレームに少しの傷があるというだけで本体交換の値段でしかもデータは消去になると案内されたという事をよく聞きます。

お客様の希望修理箇所に関わらずApple側で画面交換か本体交換かの判断になるというものなんです。

対してiPhone修理店ではどんなにフレームが傷ついていてもお客様が画面交換のみやカメラ交換のみでいいと言えばその部分のみの交換で修理しています。

もちろんデータはそのままでお渡しです。

 Apple正規店というからにはちゃんとしてるはず!は実は間違い?

Apple正規店=ちゃんとしているというイメージが強いですが、実は見えない部分でやりたい放題だったのです。

その1つに修理の際の案内がありますが、Appleの運用では受付可能となっているものも受付不可と案内したりなどの独自案内や修理技術がかなり未熟だったりと聞くだけで「絶対に修理に出したくない!」と感じるものばかりでした。

もちろん全てのApple正規店がそうだと言うわけでもないでしょうし一部の正規店だけだと思いたいのですが、実際にこういった正規店もあるという事を知って頂ければという思いでご紹介していきます。

iPhone修理は本体交換がメインなので実は修理技術がかなり低い

現在は画面のみの交換もやっていますが基本的には本体交換がメインとなっています。

というのも画面割れで修理にだしてもフレームに歪み、傷、破損などがあるとお客様の希望に関わらず本体交換のみとなるからです。

画面割れのiPhoneのほとんどはフレームに傷がついているので、画面のみの交換になる事自体が少なくなってきます。

そうなるとスタッフ一人一人の修理技術が向上しない、または低下につながります。

実は修理技術が低い!?お客様のiPhoneを壊して本体交換で案内しているって噂は本当!?

元Apple正規店スタッフに聞いたところ正規店では画面修理の際に画面のケーブルを誤って引きちぎる事が多くあったそうです。
(この時点でありえませんが、、、)

その場合どうするのかというと…なんと!「画面交換では直りませんので本体交換になります」とお客様に案内しているそうです。

自分たちのミスをお客様になすりつけしかも本体交換料金を取るという信じられないやり方を普通に行っているのだそうです。

それでもお客様は正規店の言う事だからと本体交換料金を支払っていたそうです。

正規店の正規って一体なんなんでしょう?

と疑いたくなる内容ですね。

 決めゼリフは「Appleの看板を借りてるだけ」、適当なiPhone修理の案内でトラブル多数!?

実際にまだまだ正規店にiPhoneを修理に出す方は多く週末にはかなり混み合うので正規店でも受付できるキャパを超えてしまう事もあるようです。

なので基本的に予約制となっていますが、それでも混み合うので受付時に時間がかかりそうになるとある「決め台詞」を言って修理するかどうかを決めさせると言っていました。

 Apple正規店といっても運営会社はAppleではい!

その決め台詞が「うちはAppleの看板を借りてる〇〇なので」「ウチのこの内容で無理なら修理できないですね!」といって突っぱねるそうです。

Apple正規店である以上Appleと同じ運用でないとならないはずがその運営会社の正規店全店ではお客様が納得しなければその決め台詞を言うと言う事が徹底されていたそうです。

 その店の独自ルールの修理案内でトラブル多発?

そして本来受付できるものもその会社が運営する正規店では面倒そうなものは受付しないというスタイルらしく、修理店で修理後のiPhoneは全て修理不可で案内したりとやりたい放題だったそうです。

本来ならiPhone修理店で画面やパーツ交換後のiPhoneも正規店で修理受付ができるようになっているのですが…

 1番信用できるのはApple Storeに行くこと

そうなるとやっぱり1番信用できるのはApple Storeになります。

Apple StoreはApple自体が運営しているので修理対応はもちろん、操作方法やバックアップ方法なども対応してくれてその場で全て完結できるからです。

とはいえApple Storeになると近畿地方では大阪心斎橋と京都の2店舗のみなのですぐに行ける距離にない方や予約が困難です。

予定が合わない方などは修理を出しに行く事自体がかなり難しいというところが難点です。

 店頭での修理が終了しているiPhoneも多く正規店では全てのiPhoneを対応できる訳ではない

そして正規店でも全てのiPhoneを即日対応できるわけではなくiPhoneのモデルによっては預かり修理で数日必要となる事もあります。

iPhone 6s以降のモデルのみ対応

2019/8/31現在ではiPhone 6s以降のモデルのみ即日修理対応で、それより前のiPhone SE以前のモデルではお預かりとなり修理に数日かかってしまうのでiPhone SEまでのモデルを使用している人にとっては不便な形となってしまいます。

 まだまだ多いiPhone 5s、SE、6ユーザー

実際に当店に修理のご依頼を頂くお客様でiPhone5s、6、SEの機種もまだまだ多く、すぐに修理してもらいたいのに「その機種は対応できないと言われた」と言う事で当店に修理のご依頼を頂く事もあります。

iPhoneの修理をするならiPhone修理店がおすすめ!

以上の理由からiPhoneの画面修理やバッテリー交換充電不可やカメラ交換の修理をするならApple正規店よりもiPhone修理店の方がオススメです!

 Apple正規店は予約必須で予定が合わないと行けない

Apple Store、Apple正規店の1番の難関はやはり修理予約が取れない事でしょう。

ご自身の予定が空いている時に予約を入れようと思ってもなかなか都合がつかずそうこうしている内に症状が悪化して…と言う事も少なくありません。

iPhone修理店は予約不要で今からすぐの修理にも対応

その点iPhone修理店ではほとんどのお店が予約不要で当日すぐの修理が可能となっています。

「今から修理に行きたいんですけど」というお電話をしたら「大丈夫ですよ」とすぐに返事が返ってくるのもiPhone修理店ならではです。

 データを残したままiPhoneの修理可能で事前のバックアップ不要

そして今から修理に出しに行きたいけどデータのバックアップを取っていない取れない状態…

などの場合にも事前のデータバックアップはiPhone修理店の場合は必要ありません。

本体交換ではなく故障箇所のみの交換修理となりますのでデータや設定などはそのままでお返し致します。

お客様の大切なデータを消さずに修理して即日でお渡し致します

色々あるiPhone修理店の中から良いiPhone修理店を探すポイントとは

ではiPhone修理店といっても色々なお店があるのでその中から良いiPhone修理店を探す3つのポイントをご紹介致します。

①iPhone修理店を探すのに【総務省登録修理業者】は必須条件!

まず最低条件として【総務省登録修理業者】かどうかここで絞り込んでいくと良いでしょう。

iPhoneを修理するのにちゃんとしたパーツを使用しているか違法修理にならないような修理手順かどうかなど厳しく定められた条件をクリアしないと総務省に登録されません。

総務省に登録されていないお店は基本的に控えた方が無難です。

②できればiPhone以外の機種にも修理対応しているお店を探す

これはなぜかというとiPhone修理店でも新型のiPhoneに対応していなかったり画面交換やバッテリー交換のみの受付などになると修理技術が乏しいと言う事が言えるからです。

画面やバッテリー交換よりもスリープボタンやドックコネクタなどの交換修理。

さらにiPhoneよりもAndroidスマホの方が修理難易度としては格段に上なので様々な機種、修理箇所を受け付けているお店の方が修理技術が高い事がわかります。

③修理後保証とアフターケアが電話で確認しておく

そして1番はやはり直接電話して聞いてみる事です。

電話の対応でちゃんと修理してくれそうかどうかという事が判断材料として大きいので、実際に修理内容や料金、そして大切なのが修理後のアフターケアがどうなっているかを確認すると良いでしょう。

修理するまではよかったけど修理したらしっ放しという事もあります。

以外と修理前に確認する事がないアフターケアですが大事な事なのでしっかり確認しておいてくださいね。

iPhoneの修理はスマホスピタルまで

スマホスピタルでは先に述べた以下の条件を満たしています。

  1. 総務省登録修理業者
  2. iPhone、Android、ゲーム機などの修理に対応
  3. 修理後の保証で何度でも保証&無料メンテナンスでアフターケアも充実!

iPhoneやスマホの修理の事ならお電話や店頭での動作テストなどもお気軽にお問い合わせ下さいね。

ご連絡、ご相談お待ちしています。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。