お役立ち情報
SCROLL DOWN

iPhone・スマホお役立ち情報

スマホスピタルお役立ち情報 今更聞けない!iPhoneのTrueToneとNight Shiftとは?

みなさん、お持ちのiPhoneは使いこなせていますか?

iPhoneには特に説明書というものがありません。

そのため、実は知らない機能や隠れた便利機能があります。

せっかくiPhoneユーザーなら色々な機能で快適に使用したいですよね。

そこで今回はTrueToneとNight Shiftについてお話しいたします。

Young Men Using Smart Phone Social Media Concept

TrueToneについて

まず、iPhoneのTrueToneは2つの機能を持ちます。どちらも色合いの調整に関する機能です。

  1. 液晶画面の色合いの表示に関すること。
  2. カメラフラッシュに関すること。

TrueToneの設定方法

以下の手順でTrueToneの設定が可能です。

「設定」→「画面表示と明るさ」→「TrueTone」のオン・オフ

また、コントロールセンターからも設定可能で手順は以下の通りです。

「液晶画面の明るさ調整の部分を長押し」→「右下に出てくるTrueToneオン・オフ」で調節可能

①の液晶画面に用いられるTrueToneは2016年に発売されたiPadProから搭載されました。その後、iPhone8/8Plusの有機ELを使用したiPhoneに搭載されています。

周囲の光に色合いを自動的に合わせる機能で、目の疲れを軽減してくれます。また、普段見ている色をできるだけ表現しています。

電球のような暖色系の色合いになるため、少し黄色味がかったような色合いになります。TrueToneをオフにすると青みがかった色合いになります。

②のカメラフラッシュにも関係するTrueToneは「調光」が関係しています。

TrueTone機能をオンにしているとフラッシュが光を調光してくれるため、より肉眼に近い写りで写真を撮影してくれます。

写真を頻繁に撮る方はTrueTone機能をオンにしておくと綺麗に写真撮影することができます。

TrueToneにするメリット・デメリット

TrueToneにするメリット

TrueToneは周囲の光の色合いを合わせてくれるため、目の良いです。

部屋の蛍光灯にも合わせてくれるので、ブルーライトカットにも効果的と言われています。

フラッシュをオンにして写真撮影をすると綺麗に撮影できる。

TrueToneにするデメリット

iPhoneの自動調節系の機能はバッテリーの消費が激しくなります。

電池の消費が気になる方はオフにしておきましょう。

しかしながら、TrueToneは周囲の光に合わせて液晶画面の色味を調節しますが、光の強さを自動で調整しているわけではありません。

液晶画面が自動で明るさが変わることが嫌であれば、「明るさの自動調節」を設定画面から変更することができます。

明るさの自動調節の設定方法は以下の通りです。

「設定」→「アクセシビリティ」→「画面表示とテキストサイズ」→「明るさの自動調節」のオン・オフ

Night Shiftについて

Night Shiftとは目に負担を与えやすいブルーライトを軽減、液晶画面を暖色に変えてくれ、iPhone5sから搭載されている機能です。

時間指定が可能なため、Night Shiftに切り替えたい際は時間を指定しておくと自動で切り替えることができます。

Night Shiftの設定方法

「設定」→「画面表示と明るさ」→「Night Shift」のオン・オフ

コントロールセンターからも設定可能

「液晶画面の明るさ調整の部分を長押し」→「右下に出てくるNight Shiftオン・オフ」で調節可能

Night Shiftは時間指定と明るさも調節することができます。

「設定」→「画面表示と明るさ」→「Night Shift」のオン → 「時間指定」のオン

明るさの調節は「冷たく」と「暖かく」で調節可能です。

冷たくすると白っぽくなり、暖かくすると暖色系の色みが濃くなります。

Night Shiftにするメリット・デメリット

Night Shiftにするメリット

ブルーライトをカットするため、視力低下、腰痛、肩こり、ドライアイを防ぐことができる。

睡眠の質を改善してくれる。

※デジタルディスプレイから発せられるブルーライトには、身体や目に負担をかけると言われています。

これらに関しては厚生労働省のガイドラインでも1時間作業したら15分の休憩を取るように推進されています。

Night Shiftにするデメリット

Night Shiftの状態で写真や画像を見てしまうと実際とは違う色合いに見えてしまいます。

暗めが嫌いな方には不向き。

自動調節でないため、日中は見えにくいです。常にNight Shiftをオンにすることはオススメしましせん。

TrueToneとNight Shiftの違いについて

どちらも目の負担を軽減することに変わりません。しかし、使用するシーンが異なります。

TrueToneもNight Shiftも常にオンでも良いと思う方もいるかもしれませんが、Night Shiftは基本的に夜に使用する機能です。

一方、TrueToneは常時オンでも問題なく、写真など色をしっかり見たいときだけオフにすることをオススメします。

まとめ

以上がTrueToneとNight Shiftの違いについてでした。

似たようで、実は用途が全然違うTrueToneとNight Shift機能でした。

どちらもAppleが作った中々良い機能です。

iPhoneユーザーなら是非とも活用してもらいたき機能ですね。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。