• TOP
  • お役立ち情報
  • Androidスマートフォンの画面交換やバッテリー交換などの修理もスマホスピタル博多駅前店にご相談ください!
お役立ち情報
SCROLL DOWN

Android修理について

スマホスピタルお役立ち情報 Androidスマートフォンの画面交換やバッテリー交換などの修理もスマホスピタル博多駅前店にご相談ください!

博多駅から歩いて約5分のiPhone、Android修理のスマホスピタル博多駅前店です!

2019年時点でのスマートフォン世界シェアはAppleが11.8%、HUAWEIが17.6%、Samsungが20.6%と、実はiPhoneよりもAndroidスマートフォンの方がシェア率が多い現状です。
しかし日本国内に限定すれば、2020年1月時点ではiPhoneが56.7%、Androidが43.3%となっていますので世界と比べAppleのシェア率が上回っている形となります。
これはiPhone 11シリーズ発売後のシェア率なので、新機種発売によってシェア率が変動しますが、それでも日本ではiPhoneの方が人気といってもいいでしょう。
とはいえ半数はAndroidユーザーと考えると、各メーカーでユーザーを取り合っているとはいえ圧倒的にApple優勢というほどでもありませんね。
そんなiPhoneですが、iPhoneの修理を行っている店舗は日本でも非正規店がいくつもございます。
当店でももちろんiPhone 4/4sのような古い機種から最新のiPhone 11シリーズ/SE(第2世代)まで修理を行っています。
その他、Androidスマートフォンの修理も承っていますので今回はその中からいくつかご紹介していきたいと思います!

まずはSonyから発売しているXperiaシリーズです!
よく聞く機種ですが、実は国内シェアでいうとApple、SHARP、Samsungに次ぐ第4位だったりします。
元々はウォークマンの大ヒットでかなりの成功を収めていたSonyですが、AppleのiPodの発売で急激にブランド力が低下していき、Xperiaを発売するも様々なAndroidスマートフォンが発売されたこともありシェアをかなり落としていっています。それでもまだまだ踏ん張っているのはさすがというところでしょうか。
5G世代で巻き返しを狙えるか、といったところ。

スマホスピタル博多駅前店

スマホスピタル博多駅前店

こちらはXperia XZ1の画面割れ・液晶不良の端末です。
AndroidスマートフォンではXperiaの画面交換修理が1番多い印象です。特にXperia Z5辺りのZシリーズバッテリー交換と、Xperia XZ1辺りのXZシリーズ画面交換がよくお問い合わせがありますね。

次にHUAWEIから発売されているスマートフォン!
いくつかの種類が発売されていますが、主に「P」「Mate」「nova」の3モデルでしょうか。
海外ではかなりシェアを伸ばしていて、日本でも利用者が増えてきています。
ただ知っている方も多いと思いますが、最新機種はGoogleのサービスが利用できなくなってしまっています。
脱Googleとして独自のアプリストアを立ち上げるなど様々な動きを見せていますが、今後どうなるのか注目のメーカーですね。

スマホスピタル博多駅前店

スマホスピタル博多駅前店

こちらはmate 10 Proのバッテリー交換の様子です。バッテリー膨張により背面が浮いてしまったとのことでご来店されました。
「P」シリーズ、「mate」シリーズ、「nova」シリーズ関係なく修理のお問い合わせが増えてきています。

そしてSamsungから発売されているGalaxyシリーズ!
スマートフォンだけでなく、タッチペン付きの「Note」シリーズやタブレットタイプの「tab」シリーズ、折りたたみ式で話題となった「Fold」シリーズなどかなり多くの種類が展開・発売されています。
ミッドレンジモデルも発売されていますが、最新機種の「S」シリーズや「Fold」シリーズのように高額なハイエンドモデルが多いイメージですね。高級志向といいますか。
それでも世界シェアトップという貫禄を見せつけるほど魅力のある端末が多いのも事実です。

スマホスピタル博多駅前店

スマホスピタル博多駅前店

Galaxyに関しては比較的画面交換のお問い合わせが多いでしょうか?中にはGalaxy S9のカメラレンズ交換修理といったようなものもございます。
本体サイズが大きいものが多いので落としやすいのでしょうか…なんとなく外国人の手のひらサイズで丁度いいような気もしますし。

こちらも最近増えてきているASUSのZenFoneシリーズ!
ハイエンドモデルスマートフォンの恐竜的進化、大型化、高額化の中でミッドレンジモデルが多いイメージで本体価格も手頃なものが多いので人気が出てきています。
最新機種はハイエンドモデルの方にシフトしつつありますが、今でもZenFone 3 Laserや3 MAX、4 MAX辺りのユーザーは多いのではないでしょうか?

スマホスピタル博多駅前店

スマホスピタル博多駅前店

こちらはZenFone 5Zの画面割れでお持ち込みいただいたものです。
メーカーに関わらず、Androidスマートフォンは構造上ガラスがひび割れてしまうとタッチセンサーを傷つけやすく、画面割れで操作も出来ないといったことが多いものになりますので、バックアップは定期的に取っておきたいですね。

国内シェアに限れば日本メーカーも負けていません。
京セラの「DIGNO」「TORQUE」やSHARPの「AQUOS」シリーズが人気でしょうか?
特にAQUOSスマートフォンはお問い合わせは多くいただいています。

スマホスピタル博多駅前店

スマホスピタル博多駅前店

こちらはAQUOS Sense 2の画面割れの端末です。割れが激しく液晶も映らなくなっている状態ですね…。
日本メーカーのスマートフォンは部品入手が難しいものが多く、非正規修理店では修理受付を行っていないところも多いです。
しかし、スマホスピタル博多駅前店では基盤移植修理で対応出来るものもございます!データの取り出しに諦めきれない場合なども一度ご相談ください!

また海外メーカーのものであっても部品取り寄せにお時間をいただく場合や、基盤移植修理となる機種もございます。
Androidスマートフォンの種類はかなり多いため、修理に関しては一度ご相談いただけますと幸いです。
それではスマホスピタル博多駅前店でした!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。