• TOP
  • お役立ち情報
  • Androidタブレットは便利!?〜Androidタブレットの魅力と選び方〜
お役立ち情報
SCROLL DOWN

Android修理について

スマホスピタルお役立ち情報 Androidタブレットは便利!?〜Androidタブレットの魅力と選び方〜

皆様こんにちは。

家でスマホを使って動画を見たり、ゲームをしている時もう少し画面が大きかったらと思った事はありませんか?外出時は持ち運びに便利なサイズだと思っていても家で使用していると画面サイズが物足りなく感じてしまう人もいると思います。そんな時はタブレットの購入を検討してみるのはいかがでしょうか?

今回はタブレット端末の中でも特に種類の多いAndroidタブレットを購入する時のポイントをご紹介していきます。

■Androidタブレットの魅力

Androidタブレットの最大の魅力は種類が多く選択の幅が広い事です。アプリやゲームを快適に楽しむ為にはスペックも重要になっていきますが、動画を見たり、ネットサーフィンをするくらいならそこまで高いスペックは必要ありません。また、キッチンで使用したり、レジャーに持って行くなら防水や防塵が必要になってきます。Androidタブレットにはたくさんの種類があり、処理能力や画面サイズ、防水・防塵性を自分の用途によって選ぶ事が出来るのがAndroidタブレットの最大の魅力になります。またAndroidタブレットは、カメラやTV、ゲーム端末など、幅広い用途に対応でき、Googleアカウントとの互換性も高い事も魅力のひとつになります。

■iPadやWindows搭載タブレットとの違い

Androidタブレットと異なるタブレットとして、Microsoft社が提供するWindowsを搭載したタブレットや、Apple社が提供しているiOSを搭載した「iPad」があります。 Windows搭載のタブレットの魅力はパソコンに操作性が近くWordやExcelなどのMicrosoft Office系に標準対応している事が魅力です。iPadはタッチの方法や触れる指の本数で操作が異なり、慣れると直感的に操作できる事が魅力です。しかし共通のデメリットとして、ラインナップが多いわけではなく、自分にとってはオーバースペック、スペック不足といった事になる事が多いです。

■Androidタブレットの選び方

Androidタブレットの魅力は多数メーカーから多種多様に出ている所ですが、どれがいいのか分からなくなってしまう人もいると思います。次はAndroidタブレットを選ぶ時のポイントを機能別にご紹介します。

・画面サイズ

Androidタブレットの画面サイズは10インチを中心として使用する用途や使用場所によって選ぶとわかりやすいです。 移動中や電子書籍やネットサーフィン、SNSのチェックがメインの場合は10インチ以下のものがオススメ。 動画視聴や映画鑑賞、ゲームを大きな画面で楽しみたい方は、10インチ以上のものがオススメです。

・画面の解像度

ディスプレイの解像度は「フルHD(1920×1080)」 を中心に考えるとわかりやすく、動画やゲーム等画質が重要になってくる場合はフルHD以上の画質を選びましょう。

・CPU

「CPU」はタブレットの頭脳にあたる部分で処理能力に大きく影響する要素のひとつです。 CPUの性能により、画面の切り替わりや文字入力の反応速度等の操作性に影響がでます。

CPUの性能は、〇.〇GHzなどで表し、処理スピードを示す「クロック周波数」と、処理をおこなう「コア」の数で変化します。 処理をするコアの数が多くクロック周波数が高いものほど高性能ですが、価格が高くなり、バッテリー消費が早くなります。

コア数はクロック周波数にもよりますがおよその目安は

2コア〜4コア:SNSやネットサーフィン、動画視聴 4コア〜6コア:カードゲームやパズルゲーム等処理の軽いゲーム 6コア〜8コア:アクションゲームやFPS等の処理の重いゲーム が目安です。 クロック周波数の目安は 2.0GHz以下:SNSやネットサーフィン、動画視聴 2.0GHz〜2.5GHz:カードゲームやパズルゲーム等処理の軽いゲーム 2.5GHz以上:アクションゲームやFPS等の処理の重いゲーム が目安になります。

・メモリ

「メモリ」は、タブレットが処理をするデータを一時的に確保する場所を指します。 このメモリが大きいと一度に処理できることが多くなります。

メモリの目安としては

1GB:webサイトなどの閲覧 2GB:SNSやネットサーフィン、動画視聴 3GB:比較的処理の軽いパズルゲーム 4GB:複数の画面やアプリ・ゲームを同時に起動するマルチタスクをする場合 6GB:FPS等処理の重いゲームをする場合 が目安になります。

・ストレージ

データ保存可能容量を〇〇GBで表す「ストレージ」 このストレージの容量が大きいモノほど保存容量が増えていき、より多くの動画やゲームなどのデータを入れる事が出来ます。しかしストレージが多いものほど高価になるのでSDカード等の外部メモリに対応しているものを選ぶ事もオススメです。

ストレージの目安は
4〜64GB:webサイト閲覧やSNS程度の軽いアプリのみの人向け 64GB〜128GB:ゲームや音楽を楽しみたい人向け 128GB以上:動画の保存や写真・ゲームアプリをやりたい人向け くらいが目安です。

・耐久性

タブレット端末は様々な場所で使用する事が出来ます。そのため、水気のある所やレジャー等で使用する場合、防水や防塵性能を備えたタイプかどうかを確認しましょう。

防水性能は「IPX〇」などと表され、防塵性能は「IP〇」と表示されています。また「IP〇〇」と数字が、2つ表記がある場合、前の数字が防塵、後ろの数字が防水のレベルを示しており例えば IP47であれば、IP4レベルの防塵性能とIPX7レベルの防水性能を備えている事になります。キッチンでの使用を目的とした場合、水しぶきを防げる「IPX4」以上がオススメです。

注意点として、お風呂場や海水は防水実験の、砂浜に直置きや砂をコネクターやマイク、スピーカー部に擦り込む等は防塵実験の対象外になるのであくまで目安としておく事に注意しましょう。

最後に

いかがでしょうか?

皆様がAndroidタブレットを購入する時の目安としては上記項目以外にもSIMフリー(LTE)対応かどうかやWi-Fiのみの対応、GPSの有無やバッテリーの持ち時間等も調べておくとより自分の用途にあったものを見つける事が出来ると思います。購入する際は新品はもちろん中古や液晶破損等のものを購入するとより安価に購入できる事もあります。

スマホスピタルでは画面修理や液晶修理等幅広く対応していますので、タブレットの修理の際は是非スマホスピタルまでよろしくお願い致します。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。