お役立ち情報
SCROLL DOWN

Android修理について

スマホスピタルお役立ち情報 新発売かんたんケータイとその歴史

かんたんケータイ

皆さんこんにちは。先日3月5日(金)に京セラ株式会社からauで「かんたんケータイ KYF41」が新発売されました。本日は「 KYF41」の機能とかんたんケータイの歴史を解説していきたいと思います。

かんたんケータイとは?

かんたんケータイは大手キャリアのひとつ、auの携帯電話のブランド名の事で、携帯初心者層やシニア層をメインターゲットに開発されています。開発主に京セラと韓国パンテックという会社が手掛けており、おもな機能として「ワンタッチキー)」、「防犯ブザー」、「はっきり通話」などの使いやすく便利な機能が採用されているのが特徴的です。

かんたんケータイの歴史

かんたんケータイの歴史は今から今から約15年前から始まり、様々な便利機能を取り入れつつ進化してきました。今回は京セラから発売された過去のかんたんケータイの中からピックアップしながらその歴史をご紹介をして行きたいと思います。

2005年6月発売「W32K」
「W32K」は「かんたんケータイ」の前身である「簡単ケータイ」の記念すべき第1号機です。主な機能としてはディスプレイの下部にあらかじめ登録した相手に発信可能な「ワンタッチボタン」が導入され、文字サイズも「でか文字」に出来るなど、初心者に使いやすい配慮になっていました。
2005年10月発売「A101K」
2005年に発売された「A101K」は機能を通話のみに絞っており、通話専用の簡単ケータイになります。
2007年7月発売「A5528K」
「A5528K」はシリーズ初のBREW3.1及び、KCP対応端末になりました。さらに、現在では定番の「EZナビウォーク」や「災害時ナビ」にも対応するようになりました。
2007年7月発売「A5528K」
「A5528K」はシリーズ初のBREW3.1及び、KCP対応端末になりました。さらに、現在では定番の「EZナビウォーク」や「災害時ナビ」にも対応するようになりました。
2009年8月発売「K003(KY003)」
「K003(KY003)」は今まで対応していなかったシリーズ初のmicroSDHCカード対応した簡単ケータイです。この時のmicroSDHCカードの最大容量は16GBまでをKDDIがサポートしてくれました。
2010年6月発売「K005(KY005)」
「K005(KY005)」は3.2MピクセルのAFカメラ機能を搭載しており、さらにシリーズ初の防水・防塵機能を搭載した簡単ケータイになります。
2011年5月発売「K010(KY010)」
「K010(KY010)」は「K005(KY005)」よりもカメラの性能が上がり、5.1MピクセルのAFカメラになりました。もちろん防水・防塵機能も継続して搭載されるようになりました。
2012年5月発売「K012(KY012)」
「K012(KY012)」の機能面ほ前機種の「K010(KY010)」とあまり変わらず5.1MピクセルのAFカメラ機能と、防水・防塵機能を搭載しています。この機種を最後にL800MHz(旧800MHz)帯エリアが非対応となりました。
2016年7月発売「KYF32」
「KYF32」はブランド名が「簡単ケータイ」から「かんたんケータイ」へと改称された最初の機種です。4G LTE・VoLTEに対応しましたが、既存のLTE対応のフィーチャーフォン(ガラホとも呼ばれいます。)と異なりWi-Fi機能やLINE、おサイフケータイやワンセグ等の各種サービスには非対応でした。
2017年8月発売 「KYF36」
「KYF36」は同時発表されたフィーチャーフォン「MARVERA KYF35」をベースに機能を簡素化した機種で、「KYF32」にはなかった機能として、かんたんケータイとしては初となるWi-Fi機能が搭載されました。
2018年7月発売「KYF38」
「KYF38」は「KYF36」より引き続きWi-Fiに対応している後継機種です。この「KYF38」の特徴としてはかんたんケータイとしては初となるBluetooth機能が搭載されました。
2021年3月5日発売「KYF41」
前作の「KYF38」の発売からから間京セラは主にシニア向けのスマートフォン「BASIO」シリーズに力を入れていましたが、「KYF41」はこの度、約3年ぶりの発売となる京セラの新かんたんスマホ機能面は次項目で解説していきたいと思います。
最新機種の「KYF41」とは?

京セラのかんたんケータイの歴史をご紹介して行きましたが、新発売の「KYF41」の機能をご紹介していきたいと思います。従来機能とその発展機能について詳しく解説したいと思います。

ディスプレイ、キー配置
メインディスプレイには、大きな時計、電池の残量や電波状況も大きく表示されており、メインメニューの文字も大きく表示されるため使いたい機能をすぐに見つける事ができます。また、よく使う機能や連絡先を登録できる専用キーの「ワンタッチキー」や、電源のの操作がしやすいスライド式電源スイッチ等の使いやすい機能が引き続き搭載されています。
サウンド、バイブ
「でか着信音」と、従来機種「KYF38」より約1.4倍アップした大きな振動で着信を教えてくれる「でかバイブ」機能が搭載されています。
緊急ブザー
本体側面のブザーキーの長押しすることで、周囲の方に緊急事態を伝える事が出来るため、もしものときも安心です。
カメラ
約800万画素の高解像度カメラを搭載しています。
その他の便利機能
搭載の歩数計を活用することで、健康管理にも役立てられます。さらに事前に登録した相手に歩数を自動で送信してくれる機能もあるので、離れて暮らすご家族にも健康状態をお知らせすることもできます。他にも防水・防塵・耐衝撃に対応しているため、柔らかい布につけた泡ハンドソープやアルコール除菌シートなどでのお手入れができるので安心して使えます。
新機能
プラス メッセージ
「KYF41」では新たに、写真やスタンプも送れる「プラス メッセージ」に対応しました。写真や動画、スタンプを電話番号で送ることができ、グループメッセージも簡単に楽しむことができます。
迷惑電話対策機能電
話帳への登録がない相手からの着信があった場合に通話内容を自動で録音し、録音されたことを相手に伝えることで詐欺行為の抑止になる機能です。
「至急電話ください」メッセージ
ワンタッチキーに登録をしている相手に至急の連絡をお願いするメッセージを簡単に送る事が出来ます。
消費者ホットライン、警察相談専用電話への簡単アクセス機能
あらかじめ携帯電話に消費者ホットライン(188)と警察相談専用電話(#9110)が登録されているので有事の際に簡単にアクセスすることができます。
「私の救急あんしん情報」機能
緊急時に自分の氏名や生年月日、血液型、かかりつけの病院、緊急連絡先等を登録、表示できるので万が一のときに役立ちます。

今回のテーマ【かんたケータイ】のまとめ

いかがでしたでしょうか?京セラより発売の新かんたんケータイ「KYF41」はお年寄りにとても寄り添った機能が充実しております。皆さんの周りのお年寄りの方々にも一度検討してみてはいかがでしょうか?

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。