修理速報
SCROLL DOWN

水没復旧修理

スマホスピタル高田馬場 iPhoneの水没に心当たりがない?!「水没」と診断される原因とは??総務省登録修理業者スマホスピタル高田馬場

Polish_20210706_154723002iPhoneが「水没」しています。

突然言われた方の中には「心当たりがない」なんて事もあるのではないでしょうか。

また修理の問い合わせや、ご来店いただいた方も「ちょっと水がかかった」「雨に濡れた」という方も多くいます。

「水没」の判定は内部の「水没反応シール」や「錆」等で痕跡が判ります。

もちろん毎日持ち歩くiPhoneなので全く反応しない事はありません・・・・

ちょっと水にかかった

この場合、ほとんどが内部に浸水があり、多くの方が「ちょっと」と言われる場合です。

iPhoneは機種や使用年数、破損度合い様々な要員で防水性や隙間が発生し容易に浸水する事があります。内部に浸水する前に液晶へダメージがいくことが多く、映らない等の破損にもなります。

内部を見てみると大半が「水滴」を残した状態でいショートしてもおかしくない状態になっています。

20210302_184156実はiPhoneX以降のXS等も同様で、「防水」にもかかわらず浸水する事もあります。

iPhoneに限らず多くのスマートフォンは電気機器の為注意が必要です。

よくあるのが雨の中使用していてスピーカー部分から浸水、湿気で浸水等が発生し「映らない」「発熱」などの症状が起こってしまう事があります。その場合は「液晶」の交換で直ることがありますが、他の機能が壊れることもあります。

水がかかったと思ったら

まず「水」に濡れたと思ったらすぐにお持ちいただく事と充電をしない事が重要です。水濡れした場合、充電口に水が入っている場合もありショートの原因になります。もちろん内部に電池が接続されている以上は通電している為、放置しているとショートや悪化に繋がります。

水没=すぐに持ち込みでデータも無事で修理費用も安くなります。内部の処置は総務省登録修理業者の当店へお越しください。迅速かつ的確な処置を行いデータを守ります。

スマホスピタル高田馬場
住所
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場1丁目34-8 大輝ビル401号室
営業時間
11:00〜20:00(定休日:日曜日)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。