修理速報
SCROLL DOWN

スリープボタン交換修理

スマホスピタル渋谷 ボタンがへこんで押せなくなってしまった。iPhone8のスリープボタン修理。

今回の修理はiPhone8です。

端末右側のスリープボタン(電源ボタン)が、へこんで押せなくなってしまったとのことでした。

実際に端末を拝見してみると、ボタンが常に押された状態になっており、元に戻らないようでした。

スリープボタンが押しっぱなしになっているため、正常に起動もできません。

iPhoneのボタンは外側から取り外すことはできませんので、分解して修理する必要があります。

iPhoneの修理は画面の取り外しから。

底面ネジと画面の粘着テープを剥がし、画面を取り外します。

画面交換やバッテリー交換の場合はこのまま作業を進めていくのですが、スリープボタンの場合はそうもいきません。

ボタンのすぐそばに基盤が取り付けてあるため、こちらも取り外す必要があります。

ネジやケーブルが多数取り付けてあるため、少々手間がかかります。

基盤を取り外すと、ようやくスリープボタンに取り掛かれます。

中のボタンパーツや脱落を防ぐための小さなプレートなどを取り外せば、外から見えているおなじみのボタンが取り外せます。

ボタンを取り外したら、歪み・凹みなどを矯正し、しっかりとボタンが押し込めるように調整します。

調整が終われば、再び取り付けです。

しっかりとボタンが押せるか確認し、問題がなければその他のパーツも組み上げていきます。

最後にしっかりと画面を閉じれば、修理完了です。

iPhoneのスリープボタン故障は、スマホスピタル渋谷にお任せください。

 

スリープモードの解除や電源の付け消し、スリープボタンはiPhoneのボタンの中でも替えの効かない重要なパーツです。

ですがこのボタン部分は材質的に曲がりやすく、この部分にものをぶつけたりしてしまうとすぐに陥没しがちです。

スマホケースなどを付けて、しっかりと保護することをお勧めします。

 

スマホスピタル渋谷では、郵送での修理受け付けも行なってます。

豊島区、池袋駅から徒歩30秒のスマホスピタル池袋もぜひご利用ください。

 

SO

スマホスピタル渋谷
住所
〒150-0041 東京都渋谷区神南1-11-5 ダイネス壱番館渋谷 302号室(3階)
営業時間
10:00~20:00 ※最終受付19:30(無休)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。