修理速報
SCROLL DOWN

バッテリー交換修理

スマホスピタル登戸・向ヶ丘遊園 iPad Air3のバッテリー交換修理

本日はiPad Air3のバッテリー交換のご依頼を頂きました。

ご相談頂いた内容としては、使用年数が経過しバッテリーの持ちが悪くなってきたとのことでバッテリーの交換を行いました。

 

iPadはiPhoneと違い、現状のバッテリーの最大性能の確認が出来ないため、具体的なトラブルが発生してからご相談頂くケースが多いです。

iPhone同様、リチウムイオン電池はたとえ繰り返し使用できていても徐々に劣化し、最後には使用できなくなってしまいます。

繰り返し使用出来るものの為、消耗品等言う感覚が薄れてしまい劣化していてもそのまま使用している方が多いような印象を受けます。

バッテリー劣化の症状としては、

・電池の持ちが悪い

・電源が落ちて再起動するようになった

・画面が浮き上がっている(バッテリー膨張によるもの)

・電池残量が100%ある状態からガクッと残量が減ってしまう

・充電しながらでないと電源が切れて使用できない

・充電しても起動しない

などが挙げられます。

 

しかしながら上記症状は比較的末期の症状ですので上記症状が発現したらバッテリー交換するのはもちろんですが、

使用年数がある程度経過したらバッテリーは交換したほうが良いと考えます。

使用頻度によって劣化具合は異なりますが、およそ1日に1回以上満充電が必要な程度使用される方でしたら2年に1度程度のバッテリー交換が望ましいと思います。

ですが使用頻度が極端に低く数日に1度しか充電を行なわないからとバッテリー交換が必要無いかと言うとそうでもないと考えられます。

使用頻度が低くても3年に一度は交換したほうが安心して使用できるかと思います。

 

バッテリー交換を行なわないで使用するとどんなリスクが有るのでしょうか。

安く小型なモバイルバッテリーがコンビニでも変える時代です。

電池の持ちが悪くたって充電したら良いんじゃない?

確かに、劣化を無視して使用し続けていてもトラブルが発生するのは今日明日ではなくもっと先かもしれません。

では、どの様なトラブルが発生するのかと言うと、

・バッテリー膨張による画面の浮き、その他部品に物理的ダメージ

・バッテリーの性能不足による再起動、OSの破損、データ初期化

・リンゴループ(起動時のリンゴマークが永遠と表示され起動しない状態)

代表的なトラブルとしてが上記が挙げられます。

どれも深刻なトラブルで、データのバックアップを取っていない方にとっては致命的なトラブルになります。

写真データや各種ホームページの保存したパスワード等が取り出せなくなる場合がございます。

 

ですのでやはり、スマホやタブレットを使用する上で、長期間使用されている端末はメンテナンスの意味でのバッテリーは

重要となってきます。

 

私のスマホはどうだろう。私のタブレットは?

そんな方はぜひ一度お持ち頂ければ診断をさせていただきますのでお気軽に店頭まで越し頂ければ幸いです!

スマホスピタル登戸・向ヶ丘遊園
住所
〒214-0014 神奈川県川崎市多摩区登戸2719 モリビル 3F
営業時間
10:00〜21:00
電話番号
E-mail