修理速報
SCROLL DOWN

画面交換修理(重度)

スマホスピタル熊本下通 画面割れはないのに表示がされないiPhone X!iPhoneの修理ならスマホスピタル熊本下通店へ

iPhone修理でお馴染みのスマホスピタル熊本下通店です。本日はiPhone Xの画面の交換修理をいたしました。iPhone Xは2017年の9月12日にApple社から発表されました。画面はiPhoneとして初のOLEDディスプレイを採用しており、背面はガラス製になっています。それによってQi規格に対応し、ワイアレスで充電が出来るようになりました。CPUはA11 Bionicを搭載し、FaceIDと呼ばれる顔面認証システムを採用しました。それによって往来の指紋認証に変わる新しい生体認証が一般的になりました。今までのiPhoneとの大きな違いはホームボタンがなくなったことです。それにより、本体いっぱいに画面が広がりました。

さてそんなiPhone Xの画面交換修理をいたしました。皆様もお使いのiPhoneの画面が突然点かなくなってしまったらとても焦りますよね。今回のお客様がお持ちになった状態はコチラでした。

スマホスピタル熊本下通店

ご覧のように画面が真っ白です。表示が出来ておらず、もちろんタッチ操作も効きません。どういった経緯なのか詳しくお話を聞いていくと、ベットから落としてしまったとのこと。画面に割れなどはないのにどうしてもつかなくなってしまい、データが欲しいので修理してほしいという事でした。高さの低いベッドからの落下だったり、画面に割れは無かったとしても、iPhoneは精密機器なので壊れてしまう事があるんです。画面の交換で改善が見られるかもしれないということで早速修理に取り掛かりました。iPhone Xの画面は他のiPhoneと同じように充電口を挟むようにネジが付いていますので外していきます。次に、画面と本体を止めている粘着を剥がしていきます。ピックなどの硬くて薄いものを使い、粘着を切ります。その際、画面と本体を繋ぐケーブルを傷つけないようにする必要があります。すべての粘着が切れたら画面が本体から浮きますので画面から伸びるコネクターをすべて外し画面と本体を分離させます。そして、元の画面からパーツを新しい画面に移植する為に部品を外していきます。インカメラの部分のパーツを外していくのですが、iPhone Xにはホームボタンがないのでこの部分のパーツだけを外し、新しい画面に移植していきます。すべて移植が済んだら本体に画面を取り付け、コネクターを繋げたらすべてネジを締めます。最後にバッテリーのコネクターを取り付けたら画面を閉じてネジを締め、電源を入れます。画面が無事に点いたのを確認したらすべての動作をチェックしていきます。

スマホスピタル熊本下通店

修理前は画面が何も分からない程表示が出来ていなかったのに、新品同様綺麗になりました。表示も問題有りませんし、操作もできるようになりました。修理時間は約30分ほどで終了しました。データ領域に触れることなくパーツの交換修理のみ致しましたので、データはそのままでお客様にお返しすることが出来ました。お返しした際、大変喜んでいただきこちらも嬉しい限りでした。

当店では修理して交換したパーツに対して3ヶ月の保証がついています。保証期間内に何か不具合が起きた場合は当店が再度調査させていただきます。同時に複数の箇所を修理していただくとセット割りの適用もございます。併せてご相談ください。iPhoneだけでなく、Android端末はもちろんiPadなどのタブレット機器の修理やSwitchやプレイステーションシリーズなどのゲーム機の修理対応も行っております。メーカーの保証期限が切れているからとあきらめてしまっていませんか?是非一度ご相談ください!

以上スマホスピタル熊本下通店でした。

スマホスピタル熊本下通
住所
〒860-0807 熊本県熊本市中央区下通1丁目9−11 ライズ銀座通りビル 2F
営業時間
11:00〜20:00(無休)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。