修理速報
SCROLL DOWN

スリープボタン交換修理

スマホスピタル池袋 スリープボタンが押せない!iPhone8の陥没したスリープボタン修理。

物理ボタンは陥没の恐れがあります。

今回の修理は、iPhone8のスリープボタンです。

本日修理にお持ち込みいただいたのは、こちらの端末。

iPhone8です。

スリープボタンが押せなくなったという症状でした。

実際に端末を確認してみると、スリープボタンが陥没してしまっています。

何度か端末を落としたことがあるとの事でしたので、それが原因でフレームやボタンが歪んでしまったのでしょう。

 

それでは修理開始です。

早速分解を始めていきましょう。

iPhoneの修理は、まず画面の取り外しから。

ネジや粘着テープで取り付けられている画面を慎重に取り外していきます。

今回はスリープボタン部分の修理になりますので、画面が取り外せたら次は基盤です。

多種多様なコネクターやネジを取り外し、基盤を取り出します。

simトレーを抜くのも忘れずに。

基盤が取り外せたら、電源ボタンケーブルを取りはずします。

電源ボタンが効かない場合、外に露出しているボタンではなくこのケーブル部分が損傷していることもあります。

今回はケーブル部分ではなくボタン側の不具合ですので、このままボタンも取り外します。

歪んでしまったフレームやボタンを軽く削るなどして調整を行い、しっかりと押し込めるようになれば修理完了です。

 

スリープボタンは陥没しやすい?

iPhoneの物理ボタンといえば、スリープボタンと音量ボタン。

どちらも同じような構造のはずですが、修理のご相談が多いのは圧倒的にスリープボタンの方です。

やはり使用頻度の高い方が壊れてしまいやすいという事なのでしょう。

 

スマホスピタル渋谷では、郵送修理も受け付けています。

池袋駅から徒歩30秒のスマホスピタル池袋もぜひご利用ください。

 

SO

スマホスピタル池袋
住所
〒171-0021 東京都豊島区西池袋1丁目29-14 オリエント池袋 404号室(4階)
営業時間
10:00~20:00※最終受付19:30(無休)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。