修理速報
SCROLL DOWN

バッテリー交換修理

スマホスピタル広島本通 充電し続けていないと電源が落ちる症状のiPhoneSE(第1世代)。バッテリー交換修理を実施しました。

iPhoneSE(第1世代) バッテリー交換修理について

今回修理のご相談を頂いたのは、
西区にお住いのお客様より、
充電し続けていないと電源が落ちると、
iPhoneSE(第1世代)の修理に、
スマホスピタル広島本通店へお越しいただきました。

iPhoneSE(第1世代) 充電し続けていないと電源が落ちる端末の状態

まずお持ちいただいた端末の状態を確認してみます。
そもそも充電し続けていないと電源が落ちるという状態の場合、
多くはバッテリーの劣化が原因となっています。

よって、まずは設定を開き、バッテリーの状態を確認してみます。

充電し続けていないと

最初に設定を開き、バッテリーの項目を開きます。
すると、バッテリーの状態の箇所に、
「サービス」の文字が表示されています。

続いてバッテリーの状態の項目をタップし、
より詳しいバッテリーの劣化具合を確認していきます。

充電し続けていないと

すると、上部に重要なメッセージとして、
「著しく劣化しています」との表示が出ています。
先程の「サービス」の文字は、
この様にバッテリーが劣化した際に表示されるようになっているのです。

また、バッテリーの最大容量の数値も確認できますが、
こちらの端末では71%を示しています。

加え、ピークパフォーマン性能の項目の箇所にも、
突然のシャットダウンが発生したとの記載もあり、
この様に最大容量が70%台にまで減少してしまうと、
使用中に電源が落ちるような症状を起こすことがあります。

ただ、これらの症状はバッテリーの劣化が原因ですが、
しかし、新しいバッテリーに交換を行う事で、
症状の改善が可能となるです。

iPhoneSE(第1世代) 充電し続けていないと電源が落ちる端末の修理完了

では、改めてバッテリーを交換し、
その後端末を起動して動作の確認を行います。

まず、先程と同様に設定を開きますが、
バッテリーが劣化した際に表示される、
サービスの文字も消えています。

また、バッテリーの状態の項目をタップし、
バッテリーの最大容量も確認してみますが、
こちらも100%に改善されており、
バッテリーの動作にも問題が無い事が確認できました。

加え、修理前は充電し続けていないと電源が落ちるとのお話でしたが、
しかし修理後は特に充電ケーブルを外していても、
特に電源が落ちる様な事はありません。

最後にお客様ご自身にも端末を操作頂き、
普段使用されているアプリなども問題なく使える事を確認頂き、
その他の動作にも異常なく、無事修理を終える事ができました。

最後に

今回はiPhoneSE(第1世代)の端末で、
充電し続けていないと電源が落ちるとの症状での修理を承りました。

バッテリーの劣化が原因で発生していたトラブルですが、
新しいバッテリーに交換することで症状が改善できました。

スマホスピタル広島本通店ではiPhoneSE(第1世代)の他にも、
iPhone5シリーズやiPhone6シリーズ等の様に、
そろそろ古くなってきたかな?と思うような端末も修理可能です。

もしお使いのiPhoneSE(第1世代)の端末で、
バッテリーの持ちが悪い、電源が落ちる等でお困りの際は、
是非スマホスピタル広島本通店へご相談下さいませ。

 

スマホスピタル広島本通
住所
〒730-0035 広島県広島市中区8番14号 本通 Kビル2F
営業時間
10:00〜19:00(無休)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。