修理速報
SCROLL DOWN

iPadガラス交換修理

スマホスピタル広島本通 ヒビ割れたタブレット端末の修理も可能です。iPad Airのガラス交換修理を実施しました。

iPad Air ガラス交換修理について

今回修理のご依頼を頂いたのは、
中区にお住いのお客様より、
ヒビ割れたタブレット端末の修理をして欲しいと、
iPad Airのガラス修理のご依頼を頂きました。

iPad Air ヒビ割れたタブレット端末の状態

まず、お持ちいただいた端末の状態を確認してみます。

ヒビ割れたタブレット

そもそも落としてしまって壊れてしまったとのお話でしたが、
ヒビ割れたタブレット端末の画面の状態は、
特にタッチ操作には異常は無い物の、
画面の上部にかなりの範囲でひび割れが広がっている状態です。

とりわけ端末を操作できない程では無い物の、
ヒビ割れた箇所で指が引っ掛かってしまう感触があり、
かなり使いづらい状態です。

この様にヒビ割れたタブレットの画面は、
ガラス部品の交換修理を行う事で改善できます。

iPad Air ヒビ割れたタブレット端末の修理

では、改めてヒビ割れたタブレット端末の修理を進めていきます。
iPad Airの端末はガラス部品が本体に両面テープで接着されていますので、
まずこのテープを温めて本体からはがしていきます。

ヒビ割れたタブレット

しかし、操作を受け付けるタッチパネルである画面部品は、
その信号を基盤に伝えるためのケーブルがあるのですが、
ガラスを剥がしただけでは、まだ取り外しが出来ません。

よって、この時点ではガラス部品は完全に取り外すことができず、
先に液晶画面を固定しているネジ止めを外していきます。

ヒビ割れたタブレット

また、液晶画面もガラス部品同様に、
映像を伝えるためのケーブルが基盤に伸びていますが、
同様にこのケーブルもまだ現段階では取りはずしが出来ません。

このようにガラス部品や液晶画面のケーブルは、
外れないようにプレートで押さえてある為、
プレートのネジ止めを外し、分解を進めます。

ヒビ割れたタブレット

すると、各ケーブルから伸びるコネクタが露出しますので、
これを外して、破損したガラス部品の交換作業を進めていきます。

iPad Air ヒビ割れたタブレット端末の修理完了

さて、ヒビ割れたタブレット端末のガラス部品を交換し、
その後、組み立てた端末を起動して動作の確認を行います。

すると先程画面上部で大きく広がっていたヒビ割れは改善され、
特にタッチ操作等にも異常は見られず、
もちろん触っても指が引っ掛かるような事はありません。

また、映像や端末の動作自体にも特に不具合は無く、
無事修理を終え、お客様へiPad Airの端末をお返しすることができました。

スマホスピタル広島本通店では、
ヒビ割れたタブレット端末の修理も承っております。

今回のご相談の様に、落としてしまってガラスが割れた等でお困りの際は、
是非スマホスピタル広島本通店へご相談下さいませ。

 

スマホスピタル広島本通
住所
〒730-0035 広島県広島市中区8番14号 本通 Kビル2F
営業時間
10:00〜19:00(無休)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。