修理速報
SCROLL DOWN

水没復旧修理

スマホスピタル広島駅前 雨に濡れて使えなくなったiPhoneXSの水没復旧修理を実施しました。

iPhoneXS 水没復旧修理について

今回修理のご相談を頂いたのは、
西区にお住いのお客様より、
突然iPhoneXSが使えなくなったとのご相談です。
実はその原因は雨に濡れて使えなくなっていたようで、
水没復旧の修理を実施させて頂きました。

iPhoneXS 雨に濡れて使えなくなった端末の状態

まず、突然iPhoneXSの端末が使えなくなったとのお話でしたので、
最初にそのような症状が起こった状況を伺ってみました。

実際に、まずお客様がが目の前で電源ボタンを押して、
端末が起動しない事や、モバイルバッテリーで充電を試しても、
端末が動かない事をお伝えいただきました。

移動中に普通にアプリなどを使っていたそうですが、
しかし、その途中で突然電源が落ちてしまい、
それ以降、一切動かない状態なのだそうです。

雨に濡れて使えなく

改めて端末をお預かりし確認をしてみると、
背面にあるアウトカメラのレンズが白っぽく曇ってしまっています。

この様にレンズ部分が曇ってしまうのは、
端末内部に水が入り込んでしまい、
その水分が結露して付着している状態です。

お客様に確認してみると、
雨の中で使用していたタイミングがあり、
もしかするとそこで濡れてしまったのかもしれないとの事でした。

iPhoneXS 雨に濡れて使えなくなった端末の修理

では、改めて端末の修理を進めていきますが、
もしも内部に水気が多く入り込んでいる状態であった場合、
電源を入れたり充電を行うと、
基盤がショートして壊れてしまう恐れがあります。

よって端末の分解を行い端末内部の状態を確認してみます。

雨に濡れて使えなく

すると、端末内部のまだ多くの水分が残ってしまっている状態でした。
雨に濡れたのは前日の夜との事でしたので、
数時間は経過している状況ですが、かなりまだ内部が濡れたままになっています。

この様に雨水などが基盤に付着した状態では、
バッテリーが使えなくなったり、
基盤自体が正常に動作できず端末の起動ができない事が出てきます。

そこで、端末内部の水分を除去し、
加え基盤自体も洗浄を行い、
その後にしっかりと乾燥させて端末が正常に動作できるようになったか確認します。

iPhoneXS 雨に濡れて使えなくなった端末の修理完了

一通りの作業を終えた後、
改めて端末を起動して動作の確認を行います。

すると修理前は全く動かなかった状態でしたが、
修理後は端末を起動することができました。

他にも画面の操作や充電等、
動作に異常が無いかも確認してみますが、
問題なく動作できているようです。

加え、お客様ご自身にも通話やアプリ等を実際に使用して頂き、
特に問題なく使用できるとの事で、
無事雨に濡れて使えなくなった端末の修理を完了することができました。

最後に

今回の修理では、iPhoneXSの水没復旧修理をさせていただきました。
iPhoneシリーズは防水だと思って使用されている方も多く、
大雨の中でも普通に使用していたり、
場合によってはお風呂などにそのまま持ち込んでいるような方もいらっしゃるようです。

しかし、正確には完全防水と言うわけではない事や、
長く使用していくことで防水の機能も劣化してしまう事があり、
それにより雨等で端末内部に水気が入り込んでしまい、
端末の動作に異常が出る場合があります。

今回は基盤を洗浄し、端末内部の乾燥を行う事で、
何とか復旧することができましたが、
やはり電子機器ですので極力水周りでの使用は避けた方が無難かもしれません。
最悪の場合、復旧できなければデータを取り出すこともできなくなる為、
水没などには特に注意が必要です。

もしお使いのiPhoneXSの端末で、
水に濡れて使えなくなった等お困りの際は、
是非スマホスピタル広島駅前店にご相談下さい。

スマホスピタル広島駅前
住所
〒732-0821 広島県広島市南区大須賀町13−5 田村ビル 3F
営業時間
月曜13:00〜21:00 火曜~日曜12:00~21:00(無休)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。