修理速報
SCROLL DOWN

画面交換修理(重度)

スマホスピタル博多駅前 画面が真っ暗なiPhone8これって修理できるの?

iPhone修理専門店のスマホスピタル博多駅前店です!!

日常生活で、生活の一部となっている物といえば携帯電話ですね!
スマホがあれば、ネットショッピング、ネット検索、ゲーム、動画視聴などなど、、、
電話やメールが使えればと言われていた時代から、今では無くてはならない物となっています。

そんなスマホが、突然使えないとなると困りますよね。
今回は大橋からご来店されたお客様で、iPhone8を落としたと飛び込みでご来店されました。

こちらがご来店時の写真となります。

一見すると、特に問題がないように見えますが、
電源ボタンを押すと画面の表示がされていませんでした。

診断した時に、お客様は電源が入っていないか不安にされていましたが、通知音や充電口を挿すとバイブレーションの反応はあったので、
iPhone8は電源が入って起動していることが確認ができました!!

つまり、画面が原因ですが、ディスプレイ修理が必要と判断ができます!
画面表示がされていないからとお困りでも、総務省修理業者のスマホスピタル博多駅前店へお任せください!

iPhone修理は画面交換や、バッテリー交換アウトカメラ交換と幅広く、交換修理を対応しております!
画面が見えないからデータも取り出せない??

スマホスピタル博多駅前店では、データはそのままで修理対応してますよ!

修理に出されたきっかけは、アップルケアプラスに加入されていなくて即日修理できる店を探していたそうです!
それではiPhone修理を紹介します!

展開をする前に、iPhoneは充電口部分に専用のネジが取り付けられています。
そのネジを外して、iPhoneを分解していきます。

分解するとまずは、内部に水没反応がないかを確認します。

iPhoneは防水加工がされていると認知されていますよね。
しかし、なぜ、確認をするのか、防水加工はあくまでも生活防水となり防塵によるもので、
完全防水ではないからです。

そのため、iPhone6sなどの機種と比べると、比較的に性能は向上していますが、水没する可能性はないとは言い切れません。
特に、お風呂で水没するケースも多く、風呂場から脱衣所へ移動すると気温の変化があります。
それにより、内部に結露が生まれ水没してしまうのです。
外からの浸水を防げたとしても、内部からは防ぎようがないですからね、、、
お風呂には持っていかないように気をつけましょう!

また、水没したまま使用すると、リンゴループという、起動を繰り返す症状も発生するので、
早め早めのバックアップを行ってください!

それでは、iPhone修理に戻ります!

水没チェックも終わり、内部のコネクターを取り外していきますが、
ここにもネジがいくつかあるので、取り除き分解を進めます。

するとこのように、画面と本体が分けれるようになります。

続いては取り外した画面側を、さらに細かく分解していきます。

赤枠部分は、iPhoneのホームボタンの箇所で、かなり重要な部品です!
iPhoneのホームボタンが割れてしまうと、電源が入らない、、そんな事例もあるそうですよ。おそろしや。

こちらは拡大写真です。

ここにもネジがありますね。ドライバーを使い取り除き、
ホームボタンが傷つかないよう、慎重に取り外します。

ホームボタンを取ったあとは、インカメラ、近接センサー部品を取り外します。
ケーブルが細く、小さな部品なのでホームボタン同様に慎重な作業を行います。

iPhone8の分解修理もいよいよ、佳境となり部品やネジを外した、
逆の手順でiPhoneを組み上げていきます!!

組み上げ後の写真です!!
いかがでしょうか!?

ディスプレイが壊れて見えなかった、iPhone8も画面交換で改善されました!
お客様もすごく喜ばれ、ご満足して帰られました!

今回はiPhone8修理の紹介でしたが、iPhone以外にも、Android修理や、ゲーム修理も対応しております!

修理箇所が不明でも、一度スマホスピタル博多駅前店へお問い合わせください!!

店舗の情報はこちらから

スマホスピタル博多駅前
住所
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目26−14 第2宮島ビル 2F
営業時間
10:30〜20:00(無休)
電話番号
E-mail
CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。