iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理

電源がつかなくなったNintendoSwitchが基板修理で復旧した修理内容を公開! iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理ならスマホスピタルグループにお任せ!

修理速報

電源がつかなくなったNintendoSwitchが基板修理で復旧した修理内容を公開!

この記事はiPhone・スマホ修理のスマホスピタル大丸札幌店が作成した記事です。

NintendoSwitchの基板修理の事例をご紹介していきます!

 

Switchの故障内容は・・・

今回の修理依頼は電源が入らなくなったSwitch。

遊ぼうと思った時に気が付いたら画面が真っ暗なまま電源がつかなくなってしまっていたという事でした。

修理について考えた結果、任天堂だとセーブデータが消えてしまう可能性があり、どうしてもデータは消したくないという事で当店へ修理を依頼してくださったようでした。

電源がつかない故障の場合でも当店で修理が成功すればデータは残ったまま復旧する事が出来るので、復旧に向けていろいろと作業していきます!

 

修理の様子

修理をお預かりしてまず最初に行うのが端末の故障状態の診断です。

どういう故障の症状が起きているのかという事を把握する事で、その情報から過去の修理経験をもとに修理の手がかりを得ることが出来ます。

”電源がつかない”という故障も充電が出来なくて電源が入らないのか、それとも充電は出来ていて(電流が流れていて)電源が入らないのか、画面が点灯しているかなど、いろいろと故障内容にもバリエーションがあるので診断能力が必要になります。

まず充電口を目視して問題が無かったので充電確認をしたところ今回のSwitchは充電時の電流が0.45A付近を差していましたので、充電コネクターや充電ICの故障の可能性はほとんど無くなります。

(電源が入っているSwitchは0.6~1.0Aを示し、充電切れのSwitchは約0.15A~から始まり充電が進むと徐々に電流が上がっていきます。0.45A付近は電源不良のSwitchで多くみられる)

電源ボタンの長押しによる強制終了なども試しましたが、特に変化は無く、バックライトの点灯もありません。

 

分解前の診断では情報が限られているので、ここからは分解して基板を詳しく見ていきました。

S__42000392

取り出した基板の導通チェックをしているとM92T36というICチップ付近の赤色の枠で囲ったコンデンサーに短絡が起きている事がわかりました。

このコンデンサーは裏面(Side-A)のあるICチップが故障している場合に短絡が発生する事が多い箇所になります。

 

表面(Side-B)を一通り確認して他には問題がなさそうでしたので、続いて裏面(Side-A)も同様にテスターを使って確認していきました。

S__42000394

 

先程の短絡の原因となっているのがPI3USBというICチップの故障です。

このICの故障があると赤枠で囲んだ部分にも短絡が発生しているケースが多いです。

S__42000396

故障したICチップを除去すると付近のコンデンサーにあった短絡が解消されている事が確認出来ます。

ここに新しいPI3USBICチップをはんだ付けして取り付けていきました。

 

あとは基板を戻して修理完了!と思いきや・・・

組み上げ後に再度同じ箇所の短絡が発生していました。

もう一度、あれこれと基板を点検していったのですがあまり壊れる事のないような箇所の故障があった事を見つけることが出来ました。

S__42000393

原因となっていたのはemmcのミニ基板です。

このストレージを接続すると本体の基板に短絡が発生して起動しなくなるという状態になっていました。

テスターで調べると写真の矢印のコンデンサーがショートしている事が原因だとわかったので、こちらを交換することで問題解消しました!

 

これで本当に問題が無くなり、組み上げ後無事に起動復旧を確認する事が出来ました。

 

修理結果

S__42000389

今回のSwitchは基板修理成功によってデータを維持したまま起動復旧となりました!

 

基板修理の費用が12800円+税(税込14080円)でのご精算でした。

 

修理にかかった時間は2時間程でしたが、修理の順番待ちとなるので数日お預かりでの対応でした。

 

 

Switchの電源不良の故障の中には復旧不能な状態の故障もあるので、今回のご依頼は無事に復旧してお返しする事が出来て何よりです。

今回の修理速報では大まかに基板を修理する様子をお伝えしましたが、実際にはテスターやヒートガンなど専門的な道具を使用しながら経験に基づく精密で正確な作業が必要となる為、自己修理を推奨するものではございません。

自己分解などは取り返しのつかない故障を起こしてしまう可能性もありますので、故障の際は修理業者までご依頼くださいますようお願い致します。

 

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル大丸札幌店

iPhone・スマホ修理のスマホスピタル大丸札幌店の詳細・アクセス

〒060-0005 札幌市中央区北5条西4丁目7番地 大丸札幌店3F KIKIYOCOCHO

営業時間 10:00〜20:00(無休。年末年始・夏季休業は別途お知らせします)

電話番号 011-213-1153

E-mail info@iphonerepair-sapporo.com

オンライン予約 スマホスピタル大丸札幌店 WEB予約 >>

一覧に戻る
故障してるiPhone買取ります 修理店ならではの高額買取価格

その他メニュー

  • iPhoneケース 500円〜 パーツ販売
  • ご不要のiPhoneをお売り下さい 買取サービス
  • 法人様向け 修理・メンテナンス 専属契約をすることで割引もあります。
  • スタッフ募集中 スマホスピタルで働いてみませんか?未経験者歓迎!!

キャンペーン情報

  • 往復送料無料キャンペーン iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理
  • 学割キャンペーン iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理
  • いいね!を押して200円OFFキャンペーン iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理
  • 修理内容一覧 iPhone(アイフォン)修理・スマホ修理

iPhone修理・スマホ修理速報

  • 【横浜駅徒歩1分】充電持ちが悪い、充電が溜まらない・・・バッテリーの不具合はスマホスピタルにお任せください!【iPhone】

    【横浜駅徒歩1分】充電持ちが悪い、充電が溜まらない・・・バッテリーの不具合はスマホスピタルにお任せください!【iPhone】

    これってバッテリーが原因かも・・・?症状と対策方法のご紹介!   突然ですが、バッテリーの寿命はどのくらいかご存知ですか? 一般的な仕様頻度の場合は、約1年半~2年程度と言われています。 ス...続きを読む

    [2021.05.13] スマホスピタル横浜

  • iPhone SE(第二世代)の画面割れ修理をご紹介!

    iPhone SE(第二世代)の画面割れ修理をご紹介!

    iPhoneが割れる原因って何? スマホスピタル大丸札幌店の中で1位、2位を争う修理が”iPhoneの画面修理”です! お客様からiPhoneが割れてしまった理由を聞いてみると、ほぼ”落下”でよる破損...続きを読む

    [2021.05.13] スマホスピタル 札幌

  • 水没してしまい使えなくなったiPhone6Sの水没復旧修理、無事復旧できました。

    水没してしまい使えなくなったiPhone6Sの水没復旧修理、無事復旧できました。

    iPhone6S 水没復旧修理について 今回修理のご相談を頂いたのは、iPhone6Sの端末を水没させてしまったとお話です。 端末も一度水没させてしまった後に、電源が落ちて以降は起動も試していないとの...続きを読む

    [2021.05.13] スマホスピタル 広島本通り

  • 【関内】XperiaXZのバッテリー交換対応【みなとみらい】

    【関内】XperiaXZのバッテリー交換対応【みなとみらい】

    スマホスピタルでは各種アンドロイドの修理も承っておりますが、中でもご依頼を多くいただくのがXperiaシリーズです。特にXperiaXZシリーズの初代モデル頃の年式のモデルだとバッテリーが膨張したり、...続きを読む

    [2021.05.13] スマホスピタル 横浜関内店

  • 【iPhone】画面上部が破損したiPhoneXの修理です!

    【iPhone】画面上部が破損したiPhoneXの修理です!

    梅雨かのような時期に差し掛かりました。 暦では未だ5月半ばですが、連日雨の日が続いております。 ですが!本日は、かろうじて雨は降っておりません!曇り空ですが…。   というわけで...続きを読む

    [2021.05.13] スマホスピタル奈良