残債が残っていてもiPhoneの買取は可能なのか!残債の確認の仕方も紹介!

端末代が高いことから、割賦でiPhoneを購入している方はたくさんいます。新機種が発売されたとき、新しいiPhoneに買い替えたいけれど残債があるため買取に出せないと躊躇している人も多いのではないでしょうか? ここでは、iPhoneの残債があっても買取はしてもらえるのかという疑問にお答えしつつ、キャリア別に見る、残債の確認方法も併せてご紹介します。 残債ありのiPhoneの買取が可能なスマホスピタルの紹介もしていますので、残債ありのiPhoneを買取してほしいと考えている方は、ぜひ最後まで読んでみてください。


この記事は約7分で読み終わります。

残債が残っていてもiPhoneの買取はできるの?

分割払い途中のiPhoneで、まだまだ残債が残っているけれど売りたい場合、買取してもらえる場合があります。残債が残っていても、買取してもらえる状況を詳しく見ていきましょう。

買取店によって可能

残債ありのiPhoneは、すべてのiPhone買取業者で買取が可能なわけではありませんが、一部では買取可能な業者も存在します。しかし残債のあるiPhoneを買取してくれる業者は、圧倒的に少ないというのが現状です。

さらに残債の支払い指標とされている、各キャリアのネットワーク利用制限の状態によっては、減額の対象となったり、買取不可となったりする可能性もあります。

残債ありのiPhoneを買い取ってくれる業者を探すには、まず自分のiPhoneの状態を知った上で業者選びをしていく方法が懸命です。

キャリアに通信を規制されている「赤ロム」と呼ばれるiPhoneでも、買い取ってくれる業者も存在しますので、一度自分のiPhoneの状態を元に問い合わせてみると良いでしょう。

赤ロムと白ロムに注意しておこう

中古スマホを扱う場所ではよく耳にする「赤ロム」「白ロム」ですが、iPhoneの買取をしてもらう上で、赤ロムと白ロムの特徴を把握しておく必要があります。

白ロムはSIMカードを抜き取られた状態のiPhoneを指しますが、赤ロムは端末契約者が代金を支払わず未払いが続いている状態の端末を指します。赤ロムのiPhoneは、キャリアから遠隔ロックされているため利用できません。

ここで重要なのは、残債があるiPhone=赤ロムではないということです。残債があっても引き続き支払いを続けていれば赤ロムにはならないので、残債があるからといって赤ロムとして買取をしてもらうと大幅に減額され損をする可能性があります。

目次へ

各キャリアの残債量の確認方法

分割払い途中のiPhoneを買取してもらう前に、どのくらい残債があるのかを確認しておきましょう。キャリアごとに買取条件が違いますので、自身が契約しているキャリアの項目を確認してください。

docomo・Softbank・au

大手3キャリアと呼ばれている、docomo・Softbank・auのiPhoneを利用中の残債確認方法をご紹介します。

docomoならhttp://nw-restriction.nttdocomo.co.jp/top.php
Softbankならhttps://ct11.my.softbank.jp/WBF/icv
auならhttps://my.au.com/cmn/WCV009001/WCE009001.hc

から、ネットワーク利用制限確認サイトを開き、IMEI番号を入力します。

IMEI番号の調べ方は、iPhoneの「設定」→「一般」→「情報」から15桁のIMEIを確認することが可能です。

IMEI番号を入力し「○」か「△」の表示が出れば買取可能なiPhoneということになります。「×」が出た場合は、買取できないiPhoneなので注意してください。

Y!mobile

原則としてY!mobileのiPhoneは、端末代金の支払いがすべて完了しており、Softbankのネットワーク利用制限確認サイトで「○」が表示された場合のみ買取可能としている業者が多いです。

一部の業者では「△」表示でも買取可能としているところもありますが、買取価格が大幅に下る傾向にあります。

mineo

格安SIMやMVNOが注目されている昨今、mineoの契約者も多いのではないでしょうか?mineoの残債確認方法も大手3大キャリアと同様、mineoのネットワーク利用制限確認サイトから確認できます。

mineoのネットワーク利用制限確認サイトはhttps://my.mineo.jp/info/GNS010101GNS010101_Init.action

IMEI番号を入力して「○」が表示されれば買取可能です。

目次へ

買取の際にしておくこと

ここからは残債のあるiPhoneを買取に出した際に、できるだけ高く買い取ってもらえるようになるポイントをご紹介します。

売りたいiPhoneをできるだけ美しくしておくことはもちろんですが、買取をしてくれる業者選びも、じつはとても大切なポイントなのです。

端末を掃除

買取を希望しているiPhoneの見た目を美しくしておくことは、高く買い取ってもらうための必須条件です。iPhoneを綺麗な状態で渡すことで、買取業者側もメンテナンスコストが削減できるので買取価格を上乗せすることができます。

しかし、むやみにiPhoneを拭きすぎて傷が付いてしまっては元も子もありません。使用していたiPhoneを美しくクリーニングするポイントをご紹介しますので参考にしてみてください。

まず、iPhoneに保護フィルムやデコレーションを貼り付けている場合は丁寧に剥がしましょう。そのまま査定に出すと減額になる場合があります。

iPhoneを拭くときは、糸くずが出にくいメガネクリーナーのような柔らかい布で拭くようにしましょう。ティッシュや研磨布、タオル、ペーパータオルなどは傷が付く恐れがあるので使用を控えてください。

タッチパネルやカメラレンズ部分は、スマートフォン用のウエットティッシュを利用すると汚れが落ちやすく綺麗になります。埃や細かなゴミが多い場合は、拭き取り前にエアーダスターでゴミを飛ばすのも有効な手段です。

イヤホンや充電ケーブル、内箱や外箱など、付属品はできるだけ揃えるようにしましょう。汚れている場合は、付属品も柔らかい布で拭いてできるだけ美しい状態にしておくことをおすすめします。

iPhoneの初期化も、手放す前にやっておかなければならない大切な作業です。初期化したiPhoneは、工場出荷時の状態に戻りますので、初期化前に消えると困るデータは必ずバックアップしておくようにしましょう。その他気をつけることとして、「iPhoneを探す」をオフにしておくことをおすすめします。

iPhoneの買取はお近くのスマホスピタルへ!

残債のあるiPhoneを買い取ってくれる業者選びに迷ったら、スマホスピタルへご相談ください。スマホスピタルは、iPhoneやスマホの修理を行っている総務省登録修理業者ですが、iPhoneの買取にも力を入れています。

iPhoneの知識や顧客対応に優れたスタッフが在籍しているので、些細な質問にも的確にお答えすることが可能です。現在、日本全国に約80店舗の大型展開をしていますので、お近くのスマホスピタルへiPhoneを持ち込めば、その場で現金を手渡しできます。

近くにスマホスピタルがないというお客様には、郵送での買取も実施していますので、全国どこからでもiPhoneの買取が可能です。郵送買取の場合は、後日振込みにて代金をお渡しする形になっておりますのでご了承ください。

iPhoneの買取業者の中には悪質な業者も存在していて、明確に買取価格を提示せず安く買い叩こうとする業者もいます。スマホスピタルでの買取価格はiPhoneの状況により前後しますが、あらかじめわかりやすい買取価格を提示することをお約束しますので、安心してご利用ください。

落下などが原因で画面が割れてしまっているiPhoneや、動作不能になってしまったiPhoneも買取可能です。他店で買取を断られたという場合も、諦めずにご相談ください。

iPhoneの買取価格は、その都度変更されていきます。詳しい価格が知りたい場合も、気軽に問い合わせてくださいね。

イヤホンや充電ケーブル、箱類などの紛失でiPhone本体のみでの買取も可能です。「買取できないのでは?」と思っているものでも、買取できる可能性がありますので、まずは一度お気軽にご相談ください。

目次へ

まとめ

毎年新機種が発売されるiPhoneですが、新機種が出ると欲しくなって買い替えを検討する方も多いのではないでしょうか?新機種に乗り換えるために、残債があるけどどうにか買い取ってもらって現金化できないか?と考える人も多いようです。

残債ありのiPhoneを買い取ってくれる業者は少ないですが、スマホスピタルなら買取が可能です。iPhoneを熟知しているスタッフが、疑問点や不安なことに丁寧に対応します。ぜひ、iPhone買い替えの際や、現金化したい場合は気軽にご相談ください。

目次へ