スマホが熱い!熱暴走する前に防ぐ方法をご紹介!

スマホを使用していると、いつの間にかスマホが熱くなり故障してしまったのではないかと心配になりますよね。しかし、スマホが熱くなる原因は故障だけではなく、普段の使い方にも問題がある場合が多いのを知っていますか。 そこで今回は、スマホが熱くなってしまう原因とその対処法についてご説明します。 簡単に実践できる方法ばかりなので、大事なスマホを長く使い続けたいとお考えの方は、ぜひ試してみてください。


この記事は約7分で読み終わります。

スマホが熱を持つ原因は?


普段、いつも通りに使用しているのにスマホが熱くなると、故障したのではないかとびっくりしますよね。

なぜスマホは熱くなってしまうのでしょうか。熱が発生する原因についてご説明します。

【1】バッテリーの過度な負担

充電を頻繁に繰り返すと、バッテリーに過度な負担がかかり、バッテリーが熱を持ってしまいます。そのためバッテリーの劣化が原因でスマホが熱くなる可能性は高いでしょう。

また、充電が減らないようにと、充電をしながら通話をしたり、インターネットを使用すると、バッテリーに過度な負担がかかります。

「ながら充電」はバッテリーの負担を減らすためにも、極力しないように気を付けましょう。「ながら充電」だけではなく、充電が終わってからも充電ケーブルを外さずに、そのまま置き続けることはバッテリーに負担がかかっています。

充電が完了したら、速やかにスマホ本体から充電ケーブルを外すようにしましょう。

そして、ゲームや動画撮影などの容量が重いアプリを使用したり、複数のアプリを同時に起動していたりすると、スマホ内の処理動作が増え、バッテリーの負担も大きくなります。

また終了させたと思っていたアプリが、バックグラウンドで起動していることはよくありますので、適度にアプリのタスクキルなどを行い、使用していないアプリを終了させましょう。

【2】知らない間に熱くなっている

気付かない間にスマホが熱くなっていることもあります。考えられる原因を紹介していきます。

<熱い場所に置いていた>
長時間、暑い場所に置いていると、外部からの熱を受けてスマホが熱くなってしまいます。
特に夏場は窓際などを避け、日の当たらない所へ置くようにしましょう。

直射日光だけでなく、車内などの高温多湿なところにはスマホを置きっぱなしにしないよう注意してください。熱い時期は、短時間で車内の温度は急激に上昇します。熱や水分に弱いスマホが、故障してしまう恐れもあるので気をつけましょう。

<手の体温で熱くなる>
手の体温がスマホを熱くさせる原因になることもあります。スマホはパソコンなどと違って、直接手に持って使用するので、体温がスマホに伝わりやすいのです。

もちろん、体温だけではほとんど影響はありませんが、夏場の気温が高い状態で複数のアプリを同時に使用するなど、条件が重なった場合に体温でさえも、スマホの温度を上げる原因となってしまいます。

<スマホケースが熱を生んでいた>
ケースが熱を生んでいる可能性もあります。
スマホをケースに入れることによって、スマホの熱が逃げにくい状態になってしまうからです。

ケースの形状によっても熱の逃げにくさに違いがあります。
手帳型のケースは、スマホの表面と背面の両方にカバーがあるため、他の形状のケースよりも熱がこもりやすくなっています。

目次へ

スマホが熱暴走を起こすと…

スマホの動作が熱によって停止してしまうことを「熱暴走」といいます。

画面がフリーズして固まる、急に電源が落ちる、何度も再起動がおきるなどの症状が出た場合、熱暴走の可能性があります。では、熱暴走が起きると本体にはどのような影響があるのでしょうか。

スマホ充電の減りが早くなる

スマホのバッテリーである、リチウムイオン電池は熱に弱い性質です。さまざまな要因でバッテリーに熱が加わり続けると、だんだんバッテリーは劣化していきます。

バッテリーが劣化するとバッテリーの持ちは悪くなり、充電してもすぐに減ってしまう症状が出てくるでしょう。

スマホ本体の故障

スマホにはさまざまな精密部品が使用されていますが、使用されているパーツすべてが熱に強いわけではありません。

スマホの機能は年々、高性能な製品へと発展していますが、本体の大きさはスリム化、コンパクト化が進んでいます。この結果、熱に弱いパーツが隣り合わせに配置されるケースもでてきており、発熱が本体の故障に繋がる可能性も考えられるでしょう。

最悪の場合はスマホ本体の発火・爆発も

滅多に起こることではありませんが、触れなくなるほどスマホが熱くなる問題もあります。

日本では大きなニュースとして取り上げられたことはありませんが、海外ニュースなどで報道されているように、発火や爆発などの恐れもあります。

発火や爆発などの最悪の状態が起きてしまえば、スマホの故障だけでは済まなくなりますので、触れなくなるほどスマホが熱くなった場合は、すぐに使用を中止して修理店に問い合わせましょう。

このように、熱暴走はスマホの故障に大きな影響をあたえることがわかっています。熱暴走が起きる前に対策を行ってください。

詳しいスマホの爆発についてはこちらの記事をご覧ください。
iPhoneの爆発は他人事じゃない!爆発する原因と前兆を紹介!

目次へ

スマホの熱暴走を防ぐ方法

普段、何気なく使用している中でも、スマホが熱くなってしまうことはよくあります。スマホが熱くなったときに熱暴走を起こさないために、どのような対処法があるのでしょうか。

スマホを冷やす

まずはスマホを冷やして熱を下げましょう。ここで決してやってはいけない冷却方法は、冷蔵庫やクーラーなどで急激にスマホを冷やすことです。

高温になっているスマホを、冷蔵庫やクーラーなどで急激に冷やすとその温度差によりスマホの内部に水滴が発生してしまい、水没とほとんど同じ状態になってしまいます。スマホのパーツは精密部品なので、故障してしまう恐れが考えられます。

また充電をしている最中に熱くなった場合は、スマホから充電ケーブルを外してください。充電しながら使用している場合は、スマホの使用も止めてください。

充電を中止したら、次はスマホの電源を切りましょう。スマホの処理動作が発熱の原因になっていた場合は、電源を切ることで処理動作が止まり、発熱を防ぐことができます。

外せる場合は、スマホのケースやカバーも外しましょう。ケースやカバーを外すことによって、スマホ内部の熱が放熱しやすくなります。

バッテリーを交換する

熱がこもりやすくなっている原因のひとつにバッテリーの劣化が考えられます。1年以上使用している場合はバッテリーの交換を検討してみてはいかがでしょうか。

スマホスピタルでは、電気用品安全法の技術基準に適合した、安全性の高い「PESマーク」が表示されたバッテリーを取り扱っています。

安全性の確認・検査を行っている高品質なバッテリーですので、安心して交換のご依頼をいただけます。

バッテリーの交換修理にかかる時間は、およそ15分で完了します。
経験豊富なスタッフが修理を行いますので、当日予約なしでの飛び込み修理にも対応しています。ぜひお気軽にご来店ください。

また、スマホスピタルでの修理は、交換が必要なパーツのみを交換して修理しますので、大切なデータが消える心配がありません。しかし、万が一のときに備えてバックアップはとっておくと安心でしょう。

交換料金は、機種によって異なりますので、料金が気になる方は一度最寄りの店舗へお問い合わせください。また、スマホスピタルのアプリをダウンロードしていただくことで、実質2,000円割引になるアプリ割などもご利用いただけます。

目次へ

まとめ

私たちの生活に欠かせないスマホ。しかし、いざというときにトラブルが起きて使用できなくなってしまっては、困りますよね。

普段の何気ない使い方によって、故障や事故を招いてしまいます。今回はそんなささいな故障を防ぐために熱暴走の。

スマホについて、わからないことや不安なことが少しでもありましたら、ぜひスマホスピタルに相談してください。

目次へ