水没したiPhoneでも買取可能!水没したかどうかの確認もご紹介

現在使用しているiPhoneの買取を希望している方の中には、もしかして水没してしまっているかもしれないと不安に思っている方も少なくないでしょう。 ここでは、iPhoneが水没しているかを確認する方法や、水没しているiPhoneを買い取ってもらえる方法をご紹介します。


この記事は約7分で読み終わります。

まずは本体が水没しているかどうか確認をしよう

外でiPhoneを使っていたら突然雨が降ってきて濡れてしまったり、お風呂でiPhoneを使っていたら誤って落としてしまったりした場合、すぐに水没したと思わず、まずは本当にiPhoneが水没したのかを確認しましょう。

なぜならiPhone7以降のシリーズには、耐水機能が備わっているからです。一時的に水に濡れただけなら水没していない可能性があります。

インジケータを確認する

iPhoneが水没しているかどうかを確認するには、LCIと呼ばれる「液体侵入インジケータ」を確認する必要があります。

インジケータは、水没していない状態では白色やシルバーをしていますが、水や水分を含む液体に触れると全体が赤く変色します。

インジケータの場所は機種ごとに若干の違いがあり、iPhone3Gシリーズ、iPhone4シリーズでは、イヤホンジャック部とDockの挿入部、iPhone5シリーズ、iPhone6シリーズではSIMカードトレイの中、iPhone7シリーズ以降はSIMカードを抜くと確認できます。

この液体侵入インジケータは、一度水没して赤色に変色すると乾かしても元の白色には戻らない性質を持っているので、水没したiPhoneか否かを簡単に判断することが可能です。

水に直接落とした記憶がない場合でも、インジケータが滲んだような赤になっている場合は、水没しています。汗や少しの雨、湿気でも水没する可能性はありますので、一度確認しておきましょう。

水没してたら修理に出そう

iPhoneは、ほかのスマートフォンと同様に精密機器なので非常に水分に弱い性質を持っています。水は電気を通す性質を持っているので水分がiPhone内部に侵入すると過電流が流れたり、違う場所に電流が流れたりしてiPhone本体に大きなダメージを与える危険性があるのです。

また電流の問題だけでなく、iPhone内部に組み込まれている基板の金属部分がサビに侵され、徐々に動作に支障をきたし最終的には起動しなくなる恐れもあります。

このことから水没したiPhoneの復旧作業が遅くなってしまうと、iPhoneが使えなくなってしまう可能性やデータが失くなってしまう可能性があるので、一刻も早く修理に出すことが懸命なのです。

しかしAppleでは、液体による損傷は保証外とされています。そのため、いくら購入1年以内であっても、長期保証のAppleCareに加入していても高額の修理費用がかかってしまうのです。

「じゃあ水没したiPhoneはどうすれば安く修理できるの?」という疑問が出てきますが、スマホスピタルなら水没したiPhoneをAppleより安く素早く修理できます。iPhoneの水没を確認したら、焦らずまずはスマホスピタルにご相談ください。

iPhoneの水没復旧修理代金は機種によって異なりますが、4,500〜9,000円で修理が可能です。また、アプリ割引やSNS割引を併用することでさらに安く修理費を抑えることができます。

目次へ

水没したiPhoneでも買い取ってもらえる!?

iPhoneは、水没していても買い取ってもらえる可能性があります。すべてのiPhone買取業者が買い取ってくれるわけではありませんが、iPhone修理を専門としているお店なら水没しているiPhoneの買取が可能な店舗が多いです。

内箱や外箱、ケーブル類、イヤホンなど付属品が揃っていない場合や傷が目立つ場合、iPhoneのカラーによっては、提示されている買取価格から減額される可能性もあるということも覚えておきましょう。

水没したiPhoneを買い取ってもらいたい場合は、まず通常の買取業者ではなく、水没したiPhoneでも買い取ってもらえる業者を探します。

店舗によって買取価格に差がある場合もあるので、一度買取業者に買取価格を問い合わせてから相場と照らし合わせて判断していくのが賢い選択です。

また、問い合わせの際には、その場で現金を渡してもらえるのか、明瞭な買取価格をしっかり提示してくれるのかといった細かいところもしっかりとチェックしておきましょう。

水没したiPhoneを買い取ってくれる業者が近くにない場合は、郵送で対応してくれる買取業者が便利です。郵送で買取してくれる業者のほとんどは振り込みでの対応となりますが、店舗がない地域の方でも水没したiPhoneの買取をしてもらえるので、積極的に利用しましょう。

目次へ

水没したiPhoneを買取してもらう前の注意点

水没したiPhoneを買取してもらえる業者が見つかったら、買取りに出す前に必ずしておかなければならないことがあります。

まずひとつ目は、SIMカードを抜いておくことです。SIMカードは、通話や通信をおこなうために必要なカードで、個別に番号が割り振られているとても大切なカードになります。キャリアの契約を解約しない限りSIMカードは有効ですので、しっかりと自分の手元に置いて管理しましょう。

仮にSIMカードを入れたまま買取りに出し、そのSIMカードを他人が使用した場合、請求は契約している本人に来ることになります。

抜いたSIMカードは、新しく購入したiPhoneで引き続き使用することになりますので、失くさないように手元に置いておきましょう。

2つ目は、iPhoneを初期化してから買取りに出すことです。初期化せずにiPhoneを買取りに出してしまうと、個人情報が他人の手に渡ってしまうことになります。その際は、必ず「iPhoneを探す」をオフにしましょう。

日常的に使用していたiPhoneには、個人の連絡先をはじめとするさまざまなデータが保存されています。iPhoneを初期化し工場出荷時の状態に戻すことで、これらの情報の流出を防ぐことにつながるのです。初期化する前には、消えては困るデータを必ずバックアップしてから作業してください。

もし、水没してiPhoneが動作しなくなり、初期化やバックアップができないという場合は、各キャリアのショップや買取業者、iPhone修理業者に相談してみましょう。動作しなくなったiPhoneの初期化方法やバックアップ方法について、アドバイスをもらえることがあります。

目次へ

水没したiPhoneの買取をするならスマホスピタル

水没したiPhoneはジャンク品扱いになるので、買取してくれる業者は通常のiPhoneを買い取ってくれる業者よりも少なくなります。

スマホスピタルは、主にiPhoneの修理を行っていますが、水没しているiPhoneの買取も積極的に行っており、店舗への持ち込み買取はもちろん、郵送での買取も可能なので全国どこからでもご利用いただけます。

全国に約80店舗の大型展開をしており、国が定めた厳しい審査基準をクリアしている総務省登録修理業者として、80万台以上の修理実績を持っています。

買取を希望するiPhoneの状態により前後しますが、あらかじめ予定買取価格として明瞭に料金を提示しております。店舗持込の場合は、その場で現金手渡しが可能ですので、多くのお客様に喜ばれています。郵送買取の場合は、後日振り込みさせていただきますのでご安心ください。

どのくらいの値段で買い取ってもらえるか不安だというお客様は、心配なことや疑問に思うことなど、まずはお気軽にご相談ください。現物を確認後の判断となりますのであらかじめご了承ください。

修理の基準となる金額については、こちら。

大阪:https://smahospital.jp/shops/3259.html

東京:https://www.iphonerepair-shinjuku.com/

店舗一覧:https://smahospital.jp/access.html

ジャンク品の買取やiPhoneの修理に慣れたスタッフが丁寧に対応いたします。

水没が原因で動作しなくなったiPhoneの場合でも買取できる可能性がありますので、他店では買取を断られたと諦めてしまう前に、一度スマホスピタルにご相談ください。

目次へ

まとめ

日常的に使用するiPhoneのトラブルで、切り離せないのが水没問題です。トイレに落としたりお風呂に落としたり、雨に濡れたりするほかにも、長年の使用でいつの間にか水没してしまっていることもあります。

ジャンク品となってしまう水没してしまったiPhoneでも買い取ってくれる業者はいくつかあるので、買い替えを検討しているなら積極的に利用してみましょう。

買取業者選びに悩んだ際は、実績と信頼のあるスマホスピタルにぜひご相談ください。

目次へ