お役立ち情報
SCROLL DOWN

新iPhone情報

スマホスピタルお役立ち情報 新iPad情報

こんにちは

iPhone・Android・ゲーム機修理のスマホスピタル 埼玉大宮店です。

 

2020年秋から2021年にかけて発表・発売が予想される新iPadの最新情報です。

『10,8インチiPad』と『9インチiPad mini』が予想されているものになります、それぞれ『10,8インチ』が2020年、『9インチ』が2021年に発表されるという予想がされています。

それぞれの予想されているスペック等について説明していきましょう!

10,8インチiPad

画面サイズ

先日発売されたiPhone SE(第2世代)同様にこれまでに登場したシリーズのデザインを踏襲しながら、最新である『A12Zチップ』を搭載すると見られています。

ディスプレイサイズは10,8インチを採用し、今年秋頃に発表される見込みです。

iPad Proでホームボタンが廃止され画面サイズを10,5インチから11インチに大型化しました。同様にこれから出るであろう新iPadやiPad Airもホームボタンを無くすことで本体サイズを維持しながら画面サイズを大きくしていくのかもしれません。

まだインチ数を出した段階ですのでこれがiPad(第7世代)の新型になるのか、iPad Airの新型になるのかは分かっていません。

 

搭載されるCPUは?メインメモリは?

現在発売されているiPadには『A10 Fusion』『A12 Bionic』の2種類があり、新機種にはどちらのCPUプロセッサを採用するのかはまだ分かりません。

もしかしたら全く新しいものが搭載されるかも知れませんね。

現行モデルに搭載されているメインメモリは3GB(iPad Proは6GB)です。新機種には3GBもしくは4GBが搭載される見込みです。

 

Face IDを搭載

現時点では生体認証に関する言及がなされていないので指紋認証(Touch ID)になるのか顔認証(Face ID)になるのかは分かりません。

しかし、新機種はホームボタンを無くしたベゼルレススタイルになるのは間違いなさそうなのでFace IDを搭載する流れになるのではないでしょうか

中には「Face IDに対応せずに画面内指紋認証を搭載する」という情報も出ています。

 

各アクセサリーの対応は?

もし10,8インチがiPad Air 4となってiPad Pro 11インチと同じ筐体を採用するとなれば11インチ用のMagic Keybordに対応することになるかもしれません。

iPad(第8世代)となるとしたら筐体が分厚くなるのでMagic Keybordには対応しないでしょう。

10,8インチがベゼルレスになるとしたらApple Pencil2に対応することになりそうです。

 

iPad mini

画面サイズ

8,5インチ〜9インチのディスプレイを採用する見通しです。

これまでの7,9インチサイズから若干のサイズアップをするのではないかと思われます。

 

搭載されるCPUは?メインメモリは?

新iPad miniでは『A14 Bionic』を搭載するという見方が強いです。

この『A14 Bionic』はまだ発表はされていませんが今秋に発表されるであろうiPhone 12に採用される見込みのものです。

新iPad miniに最新のチップを導入するのかは疑問視されていますが、過去にもiPad mini 5にiPhone XSに搭載された当時最新の『A12 Bionic』を採用していたこともあり、今回も同様の流れになるのではないでしょうか。

iPad mini 5には3GBのメインメモリを搭載していますが、新iPad miniには4GBのメインメモリを搭載するとしています。

現行モデルには4GBを搭載したものはありませんが、iPad mini 5ですでに3GBを搭載していることもあり新iPad miniでスペックアップする可能性は高いでしょう。

 

Face IDを搭載

新iPad miniではディスプレイのインチ数が上がったためホームボタンを無くし顔認証であるFace IDを搭載する可能性が高そうです。

iPad Proのように大きな端末であれば申し分ないのですが、iPad miniのような小型の端末はFace IDを使いづらいと思います。画面内指紋認証のTouch IDとセットで対応するようにすれば需要も大幅に伸びるのではないでしょうか。

 

各アクセサリーの対応は?

ホームボタンがなくベゼルレスになるのであればApple Pencil2に対応するでしょう。

ただ、Smart KeyboardやMagic Keyboardには対応しないでしょう。そのためタブレットスタンドとワイヤレスキーボードを組み合わせて作業を行う仕様になるでしょう。

 

どちらも現時点でははっきりしないものの指紋認証ではなく顔認証のFace IDになり、Apple Pencil2に対応しそうです。USBポートはUSB-Cになる見方が強いです。

 

 

iPhone・iPad以外にも

Appleはその他にも、Apple WatchやARメガネといった身の回りの機器類にも続々と新機種を導入する方針です。新型コロナウィルス感染症の影響で発表・発売が大幅にずれ込むことが予想されますが、その分大幅に刷新されて発表されるかもしれません。

今後も新iPhoneや新iPadも続々と登場していくことでしょう。それに伴い古い機種のiOSの更新が止まります。現在『iOS 12』でiPhone 5SとiPhone &のサポートが対象外となりました。これが『iOS 14』になった時にサポート対象から外れていく機種が出ていくことになるかもしれません。iPhone SEやiPhone 6Sを機種をお使いの方はサポート終了が近いかも知れませんので十分注意が必要です。

iOSのサポートが終了すると、使えるアプリに限りが出てくるなど不便さが増していきます。社用などの電話メインのサブとして使うのではなくメインとして使いたいのであれば機種変更をおすすめします。

 

 

そんな古い機種でも当店は修理を行なっています!なんとiPhone 4まで対応!

周辺の修理業者でもiPhone 5まで対応がほとんどですが、当店ではできます。画面やバッテリー以外にも、カメラや充電口といった箇所にも対応しています。ホームボタンの交換も一部機種を除き対応しています。

iPhoneに限らず、Xperia・GALAXY・HUAWEIも修理できます。Android端末は機種によっては行なっていないものもあるので食わしはお問い合わせいただければ対応の有無を確認できますのでお気軽にお問い合わせください

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。