お役立ち情報

SCROLL DOWN
バッテリー修理について

iPhoneのバッテリー持ちが悪い?!

battery_old

 

基本的にバッテリーは消耗品となりますので長期利用していると減りが早いと感じてしまいます。

平均寿命は2年と言われています。

今回はiPhoneのバッテリー寿命が短くなってしまう要因をいくつかご紹介致します。

該当する事がございましたらなるべく控えると長く利用できる可能性がございます。

 

・充電しながら操作をしない

バッテリーの%が減ってしまうのが嫌で充電しながら操作をしている事はございませんか?

充電&消費を同時に行なう事はバッテリーに対して負担がかかってしまいます。

充電をするときは操作しないでおくことをオススメします。

・アプリを起動しっぱなしで放置

アプリを使い終わってそのままホームボタンで戻ったままにはしていませんか?

その状態で閉じると実はアプリが待機中となり起動している時ほどではございませんが消費をしていきます。

アプリを使い終わった際はバックグランドできちんと終了しておく事をおススメします。

・純正品以外の充電ケーブルを利用している

充電器が壊れてしまった際、家電量販店で充電器を購入する際にメーカーの充電器意外を利用するとバッテリーへの負担が高くなることがございます。

場合によってはそのまますぐ充電ができなくなってしまうので基本的に充電ケーブルを買い替える際は正規品を購入することをオススメします。

 

以上がバッテリーの消耗が激しくなる内容でございます。すべて当てはまった行動をしていると2年経たないうちに減りが早くなってしまうかもしれません。

iPhoneの場合、OSにより内部のバッテリー容量を確認することができます。

設定→バッテリー→バッテリーの状態から確認できます。

最大容量が80%前後だったり「バッテリーが著しく劣化しています」と表示していると寿命に近いものとなりますので交換が必要となります。

 

Appleの正規店にてバッテリー交換を行なう場合、受付でデータが初期化されてしまいますので事前にバックアップが必要となります。

バックアップ方法はWifiからできるiCluod、パソコンからできるiTunesが主なやり方になります。

バックアップ方法がよくわからない、データの復元するのは大変でできればやりたくない

そんな時はスマホスピタル厚木店にご相談ください!

当店ではバッテリー交換する際データの初期化はありません!また修理時間は約30分前後となりますので当日にお返しが可能です!

機種により交換費用が異なりますのでご検討の際は電話、メールにてお問合せください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。