お役立ち情報
SCROLL DOWN

バッテリー修理について

スマホスピタルお役立ち情報 バッテリー交換の替え時とは?

X電源

iPhoneXが出て早くも半年が経ちましたね。

当店にもiPhoneXの画面交換やパーツ交換依頼の修理も増えてきています。

その一方で、iPhone6やiPhone6s、あるいはiPhone5sなど、

まだまだ修理して現役で使っている方も多く見受けられます。

例えば、iPhoneの修理依頼で一番多いのはやはり画面交換ですが、

最近はバッテリー交換のご依頼もかなり増えてきました。

というのも、上記で書かせていただいた通り、

まだまだ修理して現役で修理して使いたい!機種変更はしたくない!

という方が非常に多いんです。

壊れてはいないけれど、長く使っているとどうしても劣化がみられてくるパーツが、

バッテリーという訳なんです。

バッテリーは、そもそも電池なので永久的に使えるものでは無く

消耗品になってきます。

ですので、大事に使っていても、いつかは交換時期が来てしまうという訳なんです。

しかし、バッテリーの交換時期を一体いつ頃にすればいいのか?

 5膨張

バッテリーが劣化してくると、最悪の場合バッテリー自体が膨張し、

今まで折角綺麗に使っていた本体にダメージが出てしまう可能性もありますので、

本体に劇的な負荷がかかる前に変えておくのがベストですが、

その目安を知る方法があるんです。

iOS11.3以降から、バッテリーの状況が確認できるようになったのはご存知でしょうか?

実際にスクリーンショットと一緒に見ていきましょう。

まずは設定画面を開き、下の方にスクロールしていくと、

【バッテリー】という項目が見えてきます。

IMG_3125

そこをタップバッテリーに関するページに飛びますが、

その一番下にある【バッテリーの状態(ベータ)】という項目が

iOS11.3よりあたらしく追加された項目なんです。

IMG_3122

【バッテリーの状態(ベータ)】をタップすると、

このような画面になります。

IMG_3124

このページで、バッテリーの替え時が分かるという訳なんです。

最大容量とは?

最大容量というのは、バッテリー自体の現在の容量のこと。

たとえば、新品のバッテリーに付け替えれば、ここはもちろん100%になります。

今回のスクリーンショットに関しては、91%とでていますね。(ちなみにわたしのiPhoneです。笑)

ですので、購入当時よりもバッテリーが9%ほど消耗しているという意味になります。

目安としては、この数値が大体80%をきってくると、

日常生活において少し煩わしく感じるといわれています。

例えば一日の中でどこかのタイミングで充電器に繋ぐ必要があったり、

遠出をする際にはモバイルバッテリーが無いと一日iPhoneがもってくれない・・・など。

最大容量の下に記載されている【ピークパフォーマンス性能】の項目にも、

しっかりとバッテリー状況を記載してくれるようになっています。

ですので、お手持ちのiPhoneのiOSバージョンを11.3以降にあげているという方は

このページを参考にしましょう。

バッテリーの減りが早い・・・というだけで、

バッテリー交換すればいいわけでは有りません。

例えばiOSの上げすぎによって、元々想定されていた規格外の動きをしてしまい

バッテリーの減りが早くなることがあります。

ですので、バッテリーの減りが早いからバッテリーを替えればいいわけではないと言う訳なんですね。

 iphone8-1

もし、iOSのアップデートをしていない方は、

AppStoreでバッテリーケアといったような類似アプリを入手してみて下さい。

現在のバッテリー残量がみれるアプリを入手して確認することもできますよ。

他にも、お手持ちのiPhoneの事で何か不明点があった場合には

いつでもお気軽にご相談くださいませ。

お待ちいたしております。

スマホスピタル尼崎店

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。