• TOP
  • お役立ち情報
  • 自分でiPhoneのバッテリー交換のつもりが画面もカメラも壊してしまうことに?!
お役立ち情報
SCROLL DOWN

バッテリー修理について

スマホスピタルお役立ち情報 自分でiPhoneのバッテリー交換のつもりが画面もカメラも壊してしまうことに?!

何でもトライしてみるのは

いいことだと思います。

youtubeではいろんなジャンルの

やってみたシリーズが

動画で見ることができますし

真似してやってみる人が

いっぱいいるんじゃないでしょうか。

 

その中にはスマホの解体や修理

なんかもあるかもしれません。

自分でスマホの修理をやってみる

人がいるという話も聞いたことがあります。

 

iPhone分解作業のワナ、一番最初の手順ですでに壊してしまう

 

 

スマホを壊さずに普通に使っていても

気になってしまう不調はやはりバッテリー。

 

バッテリー持ちが悪くなるのは

誰にとってもストレスで、

交換したくなるものです。

 

日本ではiPhoneユーザーが非常に多く

スマホスピタル米子でも

iPhoneのバッテリー交換の依頼が

一番多いです。

 

iPhoneのバッテリー交換を

自分でしてみようかと考えた人は

多いはず。

 

iPhoneはバッテリー交換をするためには

まず本体から画面をフタを開けるように

外すところから解体修理は始まります。

 

これは他のパーツを交換する場合でも

同じですが、自分でやるときに

ここで失敗してしまうのがほとんどです。

中には失敗したことにすら気づかず、

全行程終えて達成感を感じた後に

絶望するなんてこともざらです。

 

何が起こるのかというと

画面パーツの断線です。

 

iPhoneの各パーツは

フラットケーブルという

ペラペラの薄いケーブルで

基板とつながっています。

 

これがとにかくちぎれやすいのです。

iPhoneの画面パーツと基板の

繋がり方は機種によって違うので

画面を開ける向きを間違うだけで

簡単にフラットケーブルは

断線してしまいます。

 

 

 

img_1476

 

 

画面パーツには液晶表示やタッチ、

ホームボタンの動作に関する

ケーブルが2本と、別パーツになるのですが

カメラやスピーカーに関するパーツが

ついているので、3本のケーブルが

最初の解体作業で断線の危険があるのです。

 

写真は見事にカメラも画面も

断線させてしまったiPhone7。

 

バッテリー交換をするつもりが

他に2つも修理しないといけない

パーツが増えてしまったのです。

 

こうなると費用も掛かりますし、

精神的なダメージも結構なもの。

 

餅は餅屋といったものですが、

無理せず専門店に任せるのが

ベストです!

 

どうしても自分でやりたい人は

覚悟して挑んでください。

最悪、気づかず基板も傷つけて

修復不能な状態になるかもしれませんが。

 

パーツを傷めてしまっただけなら

スマホスピタル米子で回復させる

ことは可能です。

 

でも、余計な修理は避けたいもの。

任せてください。

 

バッテリー交換は最短15分からですので。

データもスマホの状態も良いままで

返却できますのでスマホスピタル米子に

ご相談ください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。