• TOP
  • お役立ち情報
  • iPhoneを屋外で使う際に気を付けたいこと。~真夏のバッテリー編~
お役立ち情報
SCROLL DOWN

バッテリー修理について

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneを屋外で使う際に気を付けたいこと。~真夏のバッテリー編~

暦の上では夏も終わりそうな時期ではありますが、まだまだ屋外の環境は「危険な暑さ」な日々が続いています。先日、炎天下での作業にiPhoneをご利用されているお客様からバッテリー残量があるのに急にシャットダウンするというご相談でご来店頂きました。原因についてお客様自身もリサーチされたそうで、「iPhoneバッテリーの適正な周囲温度は0℃~35℃らしいんだよ。」と情報共有下さいました。Apple社のホームページにもそのように記載されており、特にパフォーマンスを最大限に発揮する最適な周辺温度は16℃~22℃であるということです。しかしながらこの時期屋外で理想的な温度下での使用は難しいですね。かといって保冷剤や冷えた飲料のそばに置くことは、熱くなった機体の内側で結露が発生したり、冷やすものの結露が機体内部に入り込んだりと水没の原因にもなるので絶対にしないようにして下さい。

暑すぎる場所ではバッテリーはどうなるの?

適正温度を超える場所に置いておくとバッテリーの高温化により最大容量が低下したり、バッテリーへのダメージによって電力の供給が不十分と認識され、電池切れのように強制シャットダウンとなることが起こるようです。iPhoneには再びの強制シャットダウンを未然に防ぐために「パフォーマンス管理機能」というものがついています。この機能によってピーク稼働時の電力抑えることができるようになりますが、バッテリーへのダメージが引き続き起こると、管理機能を超えて再びシャットダウンが起こるという可能性もあります。また同時に管理機能によってiPhoneを使用する上での消費電力を抑えるため、本体やアプリの起動に以前より時間を要したり、ホーム画面やブラウザなどのスクロールがカクカクとしたりすることもあるようです。

iPhoneを危険な暑さから守るには

当然ですが涼しいところに保管することができれば理想的なのですが、仕事で屋外で使う、超高温多湿になる車内などに置いておかなければならないといった状況は避けられない場合もあるかと思います。対抗策としては「使わない場合は電源を切って少しでも発熱を抑える」、「スマホ用クーラーなどの製品を試す」、「なるべく風通しの良い場所で保管する」というところでしょうが、この季節の暑さには効果は薄そうですね。可能な限り高温の場所に持ち込まないようにするのが現状一番の対抗策でしょうか。高温低温環境に強い製品の開発をAppleに期待したいところですね。

真夏の暑さに疲弊したiPhoneをスマホスピタルで元気にしましょう。

人間と同様に夏の暑さに疲弊するのはバッテリーも一緒です。暑い夏を過ごして、バッテリーの持ちが悪くなった、一度強制シャットダウン起きてから画面がカクカクする、カメラのフラッシュがつかなくなったという時もバッテリー交換で直る場合があります!まず一度ご相談ください!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。