• TOP
  • お役立ち情報
  • 自分で購入して修理出来ないかな??修理店でのiPhoneのバッテリー交換の様子をご紹介致します!
お役立ち情報
SCROLL DOWN

バッテリー修理について

スマホスピタルお役立ち情報 自分で購入して修理出来ないかな??修理店でのiPhoneのバッテリー交換の様子をご紹介致します!

当店にiPhone修理のご相談頂く方から、自分で出来るもんなの?とご質問頂くこともあります。もちろんしっかりとした知識や工具がないとさらに故障個所を増やす原因となりますが、特別器用じゃないと出来ないということもありません。機械いじりが好きな方であれば実際にやらないにしても、どういった作りになっているか気になったりするかもしれませんね。今回はバッテリー交換修理の模様を可能な範囲でご紹介致します。

電源を切ってフロントパネルを開ける

これはiPhoneの分解には必ず付きものになります。機種によってケーブルのついている位置が違ったりするため、必ず事前に確認しケーブルを切るようなことがないようにして下さい。バッテリー交換のはずが画面交換まで必要になってしまいます。その後ネジやカバーを外しバッテリー端子を外すのですが、他の部品の端子を先に抜くと電圧負荷などがかかりショートしたり故障したりする危険もあります。分解する場合はバッテリー端子から抜くことを覚えておいてください。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2020-11-02-17-17-19

バッテリーを外す

端子の抜き差しをすることは、常に電圧負荷や基板への傷などのリスクが伴います。そのためむやみにフロントパネルを本体から外さない方がそのリスクは回避できますが、フロントパネルをつけたままバッテリーを外すのも、場合によってはケーブルの切断リスクが伴います。また、当店ではバッテリーを外す前に新品のバッテリーがしっかりしたものであるかの動作確認を行います。まれに初期不良などで電源が入らないなんてこともないわけではないため、これがご自身で修理される時の一番の敵になるかもしれません。ほとんどの場合は専用のテープで本体にしっかり固定されていますので、これを綺麗にはがしてバッテリーを取り出します。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2020-11-02-17-19-55

テープをはがしたバッテリー

新しいバッテリーをしっかり装着する

通販などでバッテリーを探すと、細長い二本~三本並んだシールを一緒におすすめされるかと思います。これがバッテリー専用のテープです。一般的な紙の両面テープでもくっつかないことはないのですが、熱によってテープがずれたり厚みが変わることで思わぬ不具合がでる場合があります。「じゃあ何もくっつけないっ!」という選択肢はバッテリーや端子が揺れて故障の原因にもなるので避けるべきでしょう。また、バッテリー端子がしっかりはまっていないと、電源が入らない、リンゴループに陥る、最悪の場合ショートして基板が使い物にならなくなるなどの危険性があります。バッテリーを本体に貼り付けてから端子を差し込もうとすると綺麗に差さらないこともあるため、正確に端子を差し込んでから貼り付けるのがいいでしょう。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2020-11-02-18-34-00

端子カバーをとめて元通り

最後に

見ている分には一見簡単そうに見えるバッテリー交換ですが、いろいろな部分で油断ならない罠も潜んでいます。精密機械を分解してみるサイトや動画も多数あるのでなんだか出来そうと思っても、注意深く失敗例なども調べてみることをお勧め致します。またあくまで自己責任で購入・修理となることも大切なところかと思います。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。