お役立ち情報

SCROLL DOWN
スタッフブログ

新型コロナウイルス対策にはアルコール除菌?ひとりひとりにできる感染対策は?

コロナ感染予防

新型コロナウイルスが世界中で猛威をふるっています。

世界中で沢山の方が感染され、たくさんの方が亡くなっています。

日本でも東京や大阪などの都市部を中心にじわじわと感染者が増えています。

このまま感染者が増え続けると病床が足りなくなって医療崩壊が起きてしまいます。

感染者の数のピーク数が一気に増えると医療崩壊が起こるので、

なるべく感染のピークの位置を低く、ピークの時期を遅らせるように政府や各都道府県の知事が対策を講じています。

新型コロナウイルスの怖いところは、感染から2週間は発症しない事です。

自分が感染したと気づいていないので発症するまでの2週間の間に

移動したり人と接触する事で沢山の人に感染させるクラスター化した例があります。

新型コロナウイルスは免疫力の低い高齢者や赤ちゃんに感染すると重症化し、致死率が上がってしまいます。

逆に、若い世代の方は重症化する事が少なく軽傷で済む事が多いです。

中には全くの無症状という方もいらっしゃいますが、そういう方でも感染力はあるので、

無意識、無自覚のうちに人に感染させて命を奪ってしまうかもしれません。

それで、政府や各都道府県知事は外出の自粛要請をされています。

ひとりひとりがなるべく外出をせず、自宅で過ごす事で人と人との接触を

普段を10として2まで減少させようという事です。

わたし達ひとりひとりにできる事はなにがあるのでしょうか?

コロナ外出自粛要請

わたし達ひとりひとりにできる事として、まず1番大切なのが外出しない事です。

「不要不急の外出をしない」と何度も言われています。

ですが、私たちが生活するには全く外出しないというわけにはいきません。

政府や各都道府県知事も、海外のようにロックダウン(都市封鎖)をするわけではないとおっしゃっています。

生きていくのに必要な食べ物を買いに行ったり、通院や薬を買いに行くなど必要な外出もあります。

ですので、10を2に減らしてくださいという事なんですね。

不要不急の外出をしないこと以外には、手洗いとマスク、身の周りのものの除菌などが個人にできる対策になるかと思います。

手洗いや除菌について

手洗いの重要性も今まで以上に感じるようになりました。

ウイルスは目に見えないものなので、手を洗っていてもしっかり落とせているのかどうかがわかりません。

そのため、しっかりと泡立てた状態の石鹸やハンドソープで20~30秒は最低でも洗ってください。

 今までであれば、「外から帰ったら手洗い、ご飯を食べる前に手洗い」と思っていた方でも、

今は1日に何度も丁寧に手を洗ってらっしゃるのではないでしょうか?

日本人はもともと、清潔好きで手洗いやうがいをこまめに行ったり、

ウェットティッシュを常備したり、アルコール除菌剤を普段から使用していたりしますが、

それでもこれだけ感染が拡大しているという事は、

直接的な接触や会話の中での飛沫感染で感染されている方が多いのかなと思います。

ちなみに、石鹸やハンドソープに含まれる界面活性剤という成分がウイルスを消毒してくれます。

手洗いだけでは完全には落とし切れていないウイルスを補助的にアルコール除菌したり、

手洗いが出来ない場面ではアルコール除菌が有効になります。

コロナ手洗いうがい

 職場で共有しているタブレット端末が感染源に?!

先日、ショッキングなニュースがありました。

大分県で新型コロナウイルスが院内でクラスター感染した感染源が

タブレット端末か休憩室であると厚生労働省のクラスター対策班が指摘したそうです。

病院という場所柄、手すりやドアノブの除菌はしっかりと行なわれていたそうですが、

職場で共有しているタブレット端末や休憩室はされていなかったそうです。

コロナクラスター感染タブレット

海外の医療従事者の方々も感染したり命を落とされています。

最前線で戦ってくださっている医療従事者の方には頭が上がりません。

ですが、ご自身の命を守る為にも共有して使用するものを触る前後には

一人一人がしっかりと手洗いや除菌をしていく事が大切ですね。

個人で使用しているスマホも感染源になる恐れ?!

 スマホ新型コロナウイルス

いつでもどこでも私たちが肌身離さず持っているのがスマートフォンです。

みなさん外から帰ったら手洗いをされますが、スマホは洗う事ができません。

つり革や手すり、エレベーターのボタン、自動販売機のボタン、小銭、スーパーのカートなど

不特定多数の方が触った箇所を触った手でスマホを操作していますよね。

手は綺麗に洗ったとしても、 ウイルスが付着している可能性があるスマホを

綺麗に洗った手で触ってしまうと意味がなくなってしまいます。

それどころか綺麗になったと誤解している分、余計に危険かもしれません。

その手でお菓子を食べたりすれば体内にウイルスが侵入してしまいます。

 ですので、スマホも手洗いのタイミングで除菌する事が望ましいのです。

なかなか難しいかもしれませんが、特に赤ちゃんはスマホを舐めたりもしてしまいます。

免疫力の低い赤ちゃんの感染は何としても避けなければなりません。

まとめ

 ここまでお読み頂きありがとうございます。

感染しないように、もしも無自覚に感染していたとしたら

誰かほかの人にうつしてしまわないように日本全体、

世界全体でひとりひとりが気を付けていくしか今は方法がありません。

感染を広げないよう少しでも自分にできる事があれば行なっていきましょう。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。