お役立ち情報
SCROLL DOWN

スタッフブログ

スマホスピタルお役立ち情報 コロナウィルス対策に!iphoneの除菌方法をapple公式が発表

1be78675e21c10f13083e3f17f0c4a4d_m

こんにちは!埼玉県大宮駅西口から徒歩数分に店舗があるiphone修理店のスマホスピタル埼玉大宮店です。

最近コロナウィルスが日本以外に世界で蔓延していてパニックな状態になっている今日この頃ですが、皆様は体調のほうはいかがでしょうか。

手洗い・うがいを徹底して感染しないように気を付けてくださいませ。

さて本日はコロナウィルスの感染が非常に深刻になっている今、Apple社がiphoneやiPadの手入れとしてアルコール消毒方法が公開されましたので感染対策としてお知らせします。

 

Apple製品の手入れとしてアルコール消毒する方法とは

従来Apple公式では「洗浄剤は使用不可。水で湿らせた柔らかい布で拭うのみ(一部最新モデルは石鹸水で洗浄可能)」となっていましたが、新たに追加された内容として「ディスプレイやキーボードなど硬い表面ならば、アルコール消毒液を含ませた布や市販で販売されている除菌ティッシュで拭ってよい(諸注意あり)」と変更されています。

さらにサポートページでは新たに「iphoneに消毒剤を使ってもよいですか?」が追加されています。英語版から抄訳すると

「70%イソプロピルアルコールのウエットティッシュまたはイソプロピルアルコールが含まれた市販のウエットティッシュで、iPhoneの表面をやさしく拭ってください。漂白剤は使わないこと。水分が開口部に入らないようにすること。洗浄剤や消毒液にiphoneを浸さないこと。」と記載されております。

iPhone以外の製品の手入れにもこの項目が追加されており、ディスプレイやキーボードや本体外装など硬い表面(多孔質でない素材)ならばアルコールで拭うことが可能だが、革や布部分には使用不可とされています。

もともとiphoneのディスプレイや背面には撥油コーティングが施されており洗剤やアルコール、研磨剤を使用することによってコーティングが剥がれたり、細かい傷がついたりすることがあるので従来の禁止理由となっていましたが、規定通りの方法ならば除菌することが可能になりました。

参考:https://japanese.engadget.com/jp-2020-03-09-iphone-ok.html

 

スマホを消毒する際の注意点

ちょっと蛇足になりますが、コロナウィルスはエンベロープを有するウィルスです。エンベロープとはウィルス粒子の一番外側にある膜で、脂質2重層に糖タンパクが挿入された構造をとります。消毒剤を作用させた時にこれを持つウィルスのほうが消毒剤で感染力がなくなりやすいです。コロナウィルスの他に単純ヘルペスウィルスやインフルエンザウィルスなどにみられる膜状の構造となります。

このエンベロープを有するウィルスの殺菌としては、加熱滅菌では高圧蒸気滅菌(121℃20分)・乾熱滅菌(180~200℃,1時間あるいは160~170℃,2時間)・煮沸消毒(98℃以上、15分以上)が有効で

加熱滅菌が不可能な場合、次亜塩素酸ナトリウムで濃度0.02-0.05%で1時間以上浸漬、よりか確実に滅菌するには0.1%(1000ppm)以上30分以上の作用で殺菌が有効になります。他には80%濃度のエタノール、過酢酸(0.01~0.2% )、ゲルタルアルデヒド(2% pH8)、ホルムアルデヒド、エチレンオキサイドガス、ヨウ素系消毒剤で消毒が有効になります。

参考: http://idsc.nih.go.jp/disease/sars/desinfect04a.html

スマホを消毒する上でまず上記の通りにまず加熱滅菌してしまうと、端末基盤に負担がかかります。また煮沸消毒だと基盤劣化、水没する可能性があるので絶対お辞めください。またエタノール以外の薬品である次亜塩素酸ナトリウム、過酢酸、ヨウ素系消毒剤は金属が腐食する作用があり使用は避けてくださいませ。他の消毒剤は換気が必要だったり毒性が強いなどリスクがあるので

結論としてはエタノールがスマホや電子機器の消毒に有効になります。

消毒用で使われるエタノールの濃度は70~80%で多少水分が残りやすいのでスマホ、Appleで推奨されているイソプロピルアルコールが含まれているウエットティッシュで軽くふき取って消毒するのがおススメとなります。

エタノールの場合、70-80%程揮発性が低いと水分が多少残ることで殺菌効果が作用されるのでスマホなど端末の除菌にはあまりお勧めできません。

またiphoneを除菌する際の注意点としては、必ず電源を切ってから作業を行ってください。拭き取りの際イヤースピーカや充電口の部分や画面フレームの側面の部分など隙間が空いてるところに水分が入ってしまうと腐食してしまい、水没してしまう可能性があるのでそちらの部分は避けつつやさしく拭き取ります。

尚上記のApple公式の注意として記載されているように消毒液に浸して消毒を行ってしまうとほとんどの場合水没してしまう可能性が非常に高いので絶対に行わないでください。

iPhoneやスマホには元から画面や背面パネルにコーティングが施されているので、各スマホのメーカに沿った除菌方法を規定通りに行うのが大切かと思います。よく無水エタノールなど揮発性の高い消毒剤なら大丈夫かと思われがちですが、イソプロピルアルコールは無水エタノールより揮発性が高いので使用することができますが(価格は高いですが・・)、ほかの消毒剤を使ってしまうとスマホメーカによっては塗装が剥げてしまう可能性があるのでご注意ください。

またコーティングが剥げないかご心配な場合、画面にはフィルムを取り付けてから消毒シート(イソプロピルアルコール)でやさしく拭き取ると心配なく拭けるかと思います。もともとAppleの製品のお手入れで除菌シートでのお手入れは推奨されていなく今回コロナウィルスの大流行の関係によってこのように発表が出た状態なので、基本的には何度もアルコールシートなどで拭き取っていくとコーティングが剥がれてしまう恐れがあるので1日1回程度にとどめると良いかもしれません。

拭き取った後で手を洗わないと意味が無いので清掃が完了したら必ず手を洗ってください。

またスマホの殺菌以外にも日中外にいる間はスマホアクセサリーショップなどで売られている簡易型の防水スリーブに端末を入れて自宅に戻ったらケースから取り出して使用すことも衛生的でおススメです。

 

当店でのスマホ修理

もし最悪消毒しているときに水没してしまって電源が入らなくなってしまうなど不具合が起きた場合、水没故障している可能性があるので

当店でも水没修理を随時受け付けておりますので、修理の依頼や相談、見積もりなどお気軽にお問合せくださいませ!

修理相談では電話での受付とメールにて承っております。直接修理を依頼される場合は当店にご来店いただくか、電話やメールで予約、さらにiPhoneの場合公式ホームページで常にオンライン予約を受け付けておりますのでオンライン予約だと24時間いつでも予約することが可能です!

尚当店では直接店舗にお越しいただいてから即日での修理も大歓迎ですが、基本ご予約のお客様優先で修理を行うので即日で確実に修理されたい場合はご予約してからの修理をお勧めします!

 

またコロナウィルスの影響で営業していない店舗など見かけますが、当店では年中無休で営業しているので修理ご希望の場合お気軽にお問合せくださいませ!

長々となりましたがご閲覧していただきありがとうございます!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。