お役立ち情報
SCROLL DOWN

スタッフブログ

スマホスピタルお役立ち情報 新しいiPhoneOS ios14の新機能について解説!

iPhone 新しいOS ios14

みなさまこんにちは!iPhoneの最新の情報で6月22日に公式新しいiosのベータ版が配信されたので、ios14の新機能について解説していきます!

p {line-height: 1.5em;}
.div_fame {width: 100%; background-color: #f0f8ff; border-left: solid 10px #80c4ff; border-bottom: solid 5px #d8dfe6; margin-bottom: 1em;}
h1 {color: #4d4848; font-size: 1.7em; padding: 10px;}
.subtitle {width: 70%; background: linear-gradient(transparent 70%,#9daee0 70%);}
h2_title {font-size: 1.5em;}

ios14の新しく搭載された機能とは

ios14ではホーム画面のウィジェットの変更とAppライブラリによりホーム画面でアップデートを行うことができ、従来使用されていたApple storeに比べて新しい機能「App Clip」が追加されました。他にもメッセージアプリケーションの大幅なアップデートも行われています。

iphoneホーム画面でウィジェット機能の改善

ios13まではiPhoneのホーム画面ではダウンロードしたアプリが表示され右にスワイプするとウィジェット機能が表示される状態でしたが、ios14ではこちらが大幅に改善されました。

ios14ではホーム画面の中にウィジェット機能を自由にカスタムすることができ、ホーム画面のどの位置にも様々なサイズで置いてピンで固定することができます。これにより天気やニュース、カレンダー、株価などのiPhoneを利用する時間や場所などに合わせた情報をウィジェット内で表示することができ、ホーム画面で必要な情報を一度で見ることができます。

写真を見てみるとAndroid端末のようにホーム画面を自由にカスタマイズすることができます。

Appライブラリでアプリを一つの画面にまとめることができる

iPhoneではダウンロードしているアプリが増えるとアプリがどこにあるか見つけにくい、またアプリを整理して一つの項目にまとめてもアプリを見つけて起動するまで時間がかかることがデメリットでしたがios14で新しく搭載された機能「Appライブラリ」という機能でこれは全てのアプリが一つの画面にまとめて表示することができます。よく使用するアプリは「Suggestions」「Recently Added」として最上段に表示されるのですぐにアプリを使用することができます。

イントールしなくてもアプリを使用できるApp Clip

現時点では開発者向けの情報となるので確定された情報というわけではありませんが、普段使用しているApple store以外にもアプリダウンロード機能として「App Clip」という機能が用意されています。

App Clipではインストールしなくても使える10MB以下のアプリを開発者が用意しておき、限定された用途で利用することができます。

App Clipのミニアプリの立ち上げはNFCタグやアップル独自のコードの他、マップアプリなどから可能で、ミニアプリの使用後にフル機能版のアプリのインストールも可能な仕組みになっています。

Siriや着信の表示画面が全画面でなく小さく表示されるようになる

着信は画面上部にバーが表示され通知されます。使用中のアプリの操作そのものは中断せずに電話に出るか選択することができます。電話以外にもFacetimeや他のアプリなどでも対応すれば同様に表示されます。また、GoogleChromeの機能にあるピクチャーインピクチャーへの対応で、他のアプリを使用しながらビデオ通話などが可能になりました。Siriについても同じで全画面表示にはならず、他のアプリの画面上へのレイヤー表示が可能になりました。

全てのアプリのプライバシー強化

アプリによるユーザ情報のトラッキングは全てのユーザーの許可が必要になりました。またApple Storeではアプリの情報ページにはどんな情報が取得されるかなどの内容がわかりやすい形で掲載されるようになります。位置情報アプリが取得する場合には「正確な位置」ではなく、「おおよその位置」にすることが選べる他、悪意を持ったアプリがマイクやカメラの悪用を防ぐため使用中は画面右上の表示でわかるようになります。

iPhoneやAppleWatchが自動車の鍵になる

iPhoneのNFC機能を利用して、端末を鍵の部分に近づけるとロックの解除がされる仕組みになります。鍵自体はiPhoneのデバイス内のセキュアエレメントに保存されておりもしiPhoneが紛失した場合でもiCludで無効化したり、再度ダウンロードすることができます。

ios14新しい機能が一気に公開されましたが、まだベータ版なので確定しているか不明な状態なので今後のアップデートでどうなるか気になりますね。

またアップデート情報が出たら記事を更新していきます!ご閲覧いただきありがとうございます。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。