お役立ち情報
SCROLL DOWN

豆知識

スマホスピタルお役立ち情報 画面と同じくらい壊れやすいiPhoneの外カメラはどうやって守る⁉

スマホ 外カメラ

変顔や盛って撮れるカメラアプリが増え、

iPhone使用者に限らずカメラの性能を

気にする方が増えました!

思い出や記録用としても活用される

iPhoneの外カメラですが、

実は画面と同じくらい壊れやすい部分です…

大切な瞬間や資料への記録用として

大きな役割を果たすiPhoneの外カメラを壊さないようにするためには

一体どんな対策を行うと良いのでしょうか?

 iPhoneの外カメラの保護方法

ケースの着用

iPhoneの外カメラが起動不可になってしまったり

ぶれてしまいピントが合わなくなる故障を起こすのは

強い衝撃が原因です

特にiPhone8以降、カメラの性能が良くなった分

より精密になってきています

そのため、レンズや画面など

外観に破損ができていなくても

内部に伝わってしまった大きな衝撃で

外カメラが破損してしまうのです

その衝撃から守るためには、衝撃を吸収してくれる

スマホケースの着用がオススメ!

手帳型ケースは、すべてが衝撃を吸収してくれる

タイプではないので要注意です

しっかりと「耐衝撃」や「衝撃吸収」といった

衝撃に強いことを表記しているスマホケースを

選ぶようにしましょう

素材が吸収しそう、と見た目で判断するのは禁物です(>_<)

iPhoneであればiFaceシリーズが有名ですね!

水回りでの使用を避ける

水 スマホ 故障

iPhoneに生活防水程度の耐水機能が搭載されてから、

iPhoneを水回りで使用する方が増えました!

水で手洗いしてしまったり水中撮影をしてみたり…

完全防水じゃない!と分かっている人であれば

びっくりしちゃうような行為を

知らずに行っている人が多いのです(;´∀`)

その結果、内部に水滴が溜まってしまい

外カメラとレンズの間が水滴だらけになり

ピントを合わせることができなくなります

そのあと起動不可になってしまう可能性もありますので、

外カメラの機能を守りたい場合は

水没故障へ繋がる使用を控えるようにしましょう

カメラレンズ割れを放置しない

カメラレンズが割れてしまうことも

iPhoneを使っていると起こってきます

ヒビが入っただけ、傷が入っただけ、という場合

内部露出もしていなければ

放置してしまう方がほとんどです

しかし、ひび割れをほうちしてしまうと

そこから徐々にホコリや汚れが入り込んでしまい

モヤが映りこんでしまったり、

最終的に破損へ繋がってしまうことがあります

iPhoneの外カメラのレンズ部分が割れてしまったら

中身が見えてしまう前に

カメラレンズ交換修理を行いましょう

iPhoneの外カメラは高額!

iPhone8以降、特に質が良くなったiPhoneの外カメラは

精密で、故障しやすいのですがパーツ自体高額です

さらにiPhoneX以降は二眼になったため

今までの一眼の外カメラと違い

二個くっついたパーツになっているため

高額になっています

片方の外カメラが壊れただけでも

ワンセットで交換しなくてはいけないということです(;´∀`)

そのため、カメラレンズと違って

外カメラの交換修理もiPhoneX以降は

iPhone8以上にお高めになっています…

性能のいい外カメラを破損させないためにも

故障に繋がるような行為には

十分気を付けてくださいね!(>_<)

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。