お役立ち情報
SCROLL DOWN

豆知識

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのよくある故障!対処法!

本日は、よくあるiPhone故障の原因のご紹介をします。対処法もご紹介させて頂きます。

ショップスタッフ

よくある原因

水没

iPhoneの急な故障の原因で一番多いのが水没です。

今や日常生活でiPhoneを使う機会も増えてきている現代、あらゆる所に水没の危険性が潜んでいます。

例えば、

ついつい、洗濯してしまった

トイレやお風呂、洗面台で水没させてしまう。」

高温多湿環境でiPhoneを使用し、知らぬ間に水没。」

など、どんな方にも水没の可能性はつきまといます。

smartphone_ofuro

特に、お風呂場でのiPhone使用につきましては、iPhoneの耐水機能は信用なりません。なので内部に結露が発生し内部端末に水が溜まり、水没してしまいます。

耐水性能がついたiPhone7以降のモデルであっても、水没のご相談をたくさん頂いているという実情があります。

iPhoneの耐水性能を過信してしまったお客様が水漏れしても平気だと考えてしまい、水没のご相談件数が増えています。

水没によるFeceIDが使えなくなる故障が多発中!

 

純正品以外の充電器を使用していませんか?

iPhoneを充電する際、純正品を使っていない場合には注意してください。

非純正のライトニングケーブルを使用する事によって、iPhoneの充電量を司る「チャージIC」と呼ばれる基盤のチップがダメージを受けてしまう他、iPhone本体のライトニングコネクタの端子部分の損耗が激しくなる恐れがあります。

MFi認証を受けているケーブルに関しても、純正ケーブルと形状や内部構造が全く一緒であるわけではないため、上記のデメリットが完全に無くなるけるわけではありません。

純正品ではない充電器は、iPhoneに大きな負担をかけているという事をご理解ください。

さらに、家庭用コンセントとは電圧が異なる車のソッケトを使った充電も急な故障を招きます。

iPhoneが充電できないだとか、充電マークが出続ける時に役立つ解決策をご紹介しますね。

充電ケーブルを差してもiPhoneが反応しない原因はどんなものがあるか考えていきます。

まず、考えられるのがライトニングコネクタ(Lightningコネクタ)の故障となります。

ライトニングコネクタとは、iPhoneの充電差し込み口のパーツの事で、iPhone7以降の端末ではイヤホンの接続端末としても機能します

次に考えられるのは、充電ケーブルの断線です。

iPhoneの充電ケーブルは断線してしまうと当然充電が出来なくなってしまいます。

その他には、端末本体の故障、ソフトウェアのトラブル、接続先の不具合など考えられます。

まとめ

今まで、ご説明させて頂いた他にもiPhoneの故障原因はたくさんあります。

もし良ければ一度、スマホスピタル大阪梅田店の方にお持ち頂けたら故障原因だったり見積もりなどご説明致しますのでよろしくお願いします。

お電話でも、見積もりはご説明いたしますので、お気軽にお問い合わせください

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。