お役立ち情報
SCROLL DOWN

豆知識

スマホスピタルお役立ち情報 防水機種でも水没してしまうかも!?

突然ですが、あなたのスマホは防水スマホですか?

防水でないという認識の場合は普段から水が入らないように注意している事と思いますが、自分のスマホは防水だから大丈夫!と

毎日のようにお風呂で使用したり、水がかかる環境で使用しているといつの間にか水没状態になってしまうかもしれません・・・。

それでは防水の意味がないじゃないか!と言われるかもしれません。

しかし実際、防水機種であるにもかかわらず内部に水分侵入してしまっているものを多々見てきました。

でもなぜでしょうか。原因は様々ですが単純に閉めるべきキャップが正常に閉まっていないというのがAndroid(アンドロイド)スマホではあり得ます。

代表的なのがXperiaではないでしょうか。側面のキャップにはゴムのパッキンがあり浸水を防いでいますが、埃や粉塵が嚙みこんでいると隙間は開いてしまいます。

また年月が経つにつれてパッキンが弱ってきてしまう事もあります。XPERIAに限らず同構造のスマホはありますので同じことがいえます。

防水を保つために各メーカーは色々な構造で作りますが、隙間を埋める為にパッキンではなく粘着テープを使用しているものは多く、エクスペリア、ギャラクシーをなどの

Androidに加え、iPhoneもこれに該当します。

新品で購入した直後は製造時に検査されて出荷されているので問題はないはずですが、使用環境によっては一年と経たず防水が保てなくなってしまう事も考えられます。

時々、画面と背面がしっかり貼りついているか確認してもし、若干でも浮いている場合は浸水の危険性がありますのでご注意下さい。

ここまで年数が経つと・・・という話をしましたが、そもそも防水性能のランクが低いものの場合は水に数分だけ漬ける事すら危険な場合があります。

現在では、技術者さんの研究成果のおかげでiPhoneですら一瞬水をかぶった程度なら耐えられるようになっています。

が、しかし湯船に漬けたり、海水に漬けたりといった過酷な状況ではほとんどのスマホは水没してしまいます。

自分の大丈夫だった!という方、その時は突然来ます。バックアップはしっかり取っておくことを強くお勧め致します。

もう水没してしまってこの記事を読んでいる方!即水没したスマホの電源を切って下さい。

すぐ電源を切った状態でお持ち込み頂いた場合と使えなくなるまで使用した状態とでは復旧確率が大きく異なって来るためです。

修理はご予約なしでもお受付いたしますが、ご予約のお客様優先となりますのでご不明な点がありましたらお電話ください。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。