お役立ち情報
SCROLL DOWN

豆知識

スマホスピタルお役立ち情報 若い世代で気付かない内に水没しているiPhoneが多発!その原因は・・・?

iPhoneが突然動かなくなった、電源が入らなくなったという修理のご相談はどんな時期でもあります。

今回はその中でも水没しているiPhoneについてのお話。

 

まだ若い学生さんに特に多く見られる気付かない水没とは・・・。

 

それはお風呂です。

ビニールに入れているとか、ジップロック使ってるとか、防水ケースにいれてるとか

そういうのは関係ないです!

湿度や気温差で起こる結露は防水機能では防ぐ事はできません。

 

Youtubeとか、映画とか、テレビとか、漫画とか

そういった媒体でお風呂でiPhoneやスマホを使っているシーンを見かける事は珍しくありません。

それアウトです!

 

外気温との差で出来る結露って見た事あるとおもいます。

家のガラス窓や、車のフロントガラスが冬に曇ったりするのもそう。

iPhoneも同じです。

暖かいお風呂、冷えた部屋、温かい手、湿度も手伝って結露が起きる条件は揃っています。

長風呂になる人はより結露が起きやすいです!

 

え!やばっ!て思った人はとりあえずカメラのレンズ部分を確認してみよう!

水滴がぽつぽつとあればもう激ヤバです!

もしも水滴が見えようものなら今すぐ電源を切って修理屋に相談した方がいいです。

 

水滴が見えない人でも今後お風呂にスマホを持って入るのはオススメしません。

iPhoneやAndroidの中身ってとても小さなパーツが大量にあります。

大きさで例えるなら、髪の毛の先を0,01mmくらいに切ったら同じくらいのサイズになるんじゃないかと思います。

そんな大量のパーツに水滴が触れると通電している場合パチンとショートしてしまう可能性があります。

そうなったらiPhoneはもう動いてくれません。

 

お風呂がダメって知らなかったという人はとても多いです。

防水性能を過信してしまっています。

友達は1年くらいお風呂で使ってるけれど壊れてないよ?

と思う人もいると思いますが、運が良いだけです。

そもそも壊れる危険がある行為は控えるべきなのです。

 

本体代は10万円を超えるような物です。

手のひらに収まって手軽だからお風呂に持って入っちゃうだけで

パソコンをお風呂に持って行ってるのと大して変わりないと思いませんか?

 

お風呂と結露は精密機器のiPhoneにとっては危険が多い!

お風呂ではiPhone我慢して、お風呂出てから使うようにしてくださいね!

 

一番症状がひどかったのは濡れた覚えはない、お風呂ではいつも使っていたという女子大学生!

その場で目の前でiPhoneぱかっと開けたらびしゃびしゃでした。

 

今後はお風呂に持って入らないと言っていました!

そんなこともあるからみんなも気を付けて!iPhoneを適切に使っていきましょう!

それでは!

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。