お役立ち情報
SCROLL DOWN

スタッフオススメ情報

スマホスピタルお役立ち情報 iPhoneのバックアップはこまめにしてますか?

iPhoneを使っている方でバックアップを取っている方はほとんどですが、こまめにバックアップをしている方は少ないと思います。

iPhoneのバックアップはこまめにして頂かないと、万が一の時にデータが消えてしまう事があるのでご注意下さい!

iPhone バックアップ

 

万が一って?

iPhoneは精密機器になるので、急に画面がつかなくなってしまったり、タッチが効かなくなってしまう事あります。

代表なのが、画面割れを起こしている状態はタッチ不良であったり、ゴーストタッチが起きてしまいます。

これは、画面にタッチセンサーが付いているので割れてしまっていると効かなくなってしまったり誤作動が起こってしまいます。

このような症状になってしまうとバックアップを取ろうとしても操作が出来なくなってしまいます。

iPhoneのバックアップは画面の操作を絶対にしないといけないのでとても不便になります。

更に怖いのが水没です。

お水にiPhoneを落としてしまうと起動しなくなってしまう事があります。

電気とお水は干渉してしまうと内部でショートしてしまうので画面がつかなくなってしまいます。

どうしても起動しなくなってしまうとバックアップをしていないと写真やデータは返ってきません。

 

バックアップはどうやって取る?

iPhoneにはiCloudとiTunesの二種類があります。

iCloudはiPhoneでバックアップを取る方法でCloud上に容量がある場合のみバックアップが取れ、写真やアドレス帳、リマインダー、カレンダー等のデータは保存が可能になります。

反対にiTunesは、パソコンにiPhoneの中身をそのまま保存ができます。

中には保存が出来ないものがあります。それは、音楽アプリの中で無料でダウンロードしているものであったり、動画は入りません。アプリは入るのでご自身で再度インストールが必要になりますが、ほぼ同じ様に戻ります。

 

そもそもバックアップって何?

バックアップは、ご自身で使っているiPhoneの中身を別のサーバーにコピーを取っていざという時に備えることを指します。

データが消えても上記の方法でバックアップを取っていると復元をすればデータは返ってくるので安心ですね。

 

バックアップやデータ移行が出来ないという方は、当店はデータ移行も承っているので万が一出来ない事があればお気軽にお越しいただければと思います!

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。