お役立ち情報
SCROLL DOWN

スタッフオススメ情報

スマホスピタルお役立ち情報 連日の猛暑!iPhoneやiPadにもダメージ!

iPhoneやiPad等の適正温度を知っていますか?基本的には適正温度が0℃~35℃の場所での使用と保管については-20℃~45℃とされています。

夏の屋外や車中に注意!

炎天下の中や車中などにiPhoneを放置していると本体に熱が籠もってしまいます。そうなると外部よりも内部の温度が上昇し、バッテリーの劣化や基板へのダメージとなります。その結果、デバイス自体が壊れてしまう事があります。

バッテリーの場合であれば交換する事で使用する事が可能になりますが、メインの基板が破損すると電源すら入らなくなります。メイン基板には裸眼では判別できない部品がたくさんあります、それはiPhoneやiPad等の起動、動作、操作に関する重要な役割を担っています。

IMG_2386

そして、最も危険なのがバッテリーです。劣化をしている状態でもなくても、高温に晒されたままになると、「発火」の可能性もでてきます。ここで注意点をまとめると。

「直射日光の下にデバイスを放置しない」

「炎天下の中での使用においてデバイスに負荷をかけすぎない」

「車中に放置しない」

「カバンの中等の空気の流れない、高温になりやすいところに入れて放置しない」

「ジーパン等の厚手生地の中に入れたまま運動をしすぎない」

これらが、iPhoneを守る1つの方法です。ipadはその大きさから放熱性に優れていますが、デバイス全体の熱を放熱ができなくなる状態を避けるようにしましょう。

 

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。