お役立ち情報
SCROLL DOWN

スタッフオススメ情報

スマホスピタルお役立ち情報 最近よく聞くOPPOってスマホなの?一体なんだろう?!

最近CMなどでも名前を聞くことが増えてきたOPPO(オッポ)って一体なんなの?スマホなの?といったことが気になったので少し調べて見ました(*’ω’*)!! 日本ではiPhoneを筆頭にXperiaやGalaxyなどが主流ですが違うメーカーのスマホなんでしょうか?それではご案内させていただければと思います!

 

□□□ OPPO(オッポ)って何?! □□□

OPPOは元々中国の電気機器メーカーでブルーレイやDVDのプレイヤーまたはMP3プレイヤーなどを開発し販売していた会社です。2003年からスマホ事業を開始し現在CMなどで聞くOPPOは会社名でもありますがスマホの名前でもあります。SonyのXperiaと同じでOPPOのOPPOといった感じでしょうか♪ 2018年には日本法人が設立されて2019年にはCMでその名前を知った方も多いのではないでしょうか♪ しかし去年の年末の段階でスマホの世界シェア第5位に位置しており今後の成長が注目される会社でありスマホでもあります!

%e5%86%99%e7%9c%9f-2020-02-10-17-23-50

 

□□□ OPPOのスマホの性能は?! □□□

OPPOのスマホは低価格・高性能というとても難しい命題をクリアしている珍しいスマホです!iPhoneやXperiaやGalaxyなどのフラッグシップ機はやはりとても高額な値段で販売されることが一般的です。当然使用しているパーツなどが高性能ですからその分コストが上がります。しかしその辺りをうまくクリアして低価格でありながら高性能なスマホを開発することで中国で圧倒的なシェアを誇っています。OPPOの2019年のフラッグシップモデルは4眼レンズを搭載(iPhone11Proでも3眼レンズ)しており、画面の一部が黒い部分になるノッチも非常に少なく画面全体が実際に見れる大画面を採用しています。そして暗い場所での撮影にもしっかりと対応しております。約3000mAの容量を誇るバッテリーへ35分で充電完了出来る急速充電機能も備えております。当然ながら一般的なスマホの機能はほとんどが搭載されています。このような機能を満載してしまうと価格が気になりますがこれが何と4万円前後で購入可能です。(もちろん新品) このように高性能であるのに低価格であるので今後の中国やインドでのシェア率が伸びてくるのではないか!とかってに予想しております。

 

□□□ OPPO躍進のカギとは? □□□

以前にご紹介させていただいた中国のスマホ会社でXiaomiという会社をご紹介させて頂きました。このXiaomiは中国の都市部にネット販売でシェアを伸ばした会社でした。そして今回のOPPOは中国の地方都市へ実店舗を展開して販売網を築くというやり方で伸びてきました。そして中国の若者の要望する機能をキッチリと搭載させることで中国の地方都市で若者から支持されて伸びてきました。しっかりと実店舗で若者の意見を実直に取り入れて伸びてくる会社ですから今後の世界のスマホシェアへの期待はとても大きいものになると思います。

 

□□□ OPPOとはスマホであり会社名 □□□

最後にこのように中国のスマホ会社はまず中国の市場で大きく販売が可能でありそこで世界への投資資金が調達出来るので世界進出をする企業にとっては1ステップ少なくて済むという利点があります。こうして中国で勝ち上がれば世界でも通用するわけですからグローバルな企業が育ちやすい環境ではあります。HuaweiをはじめAppleのシェア率を奪いにいく企業の1つになるかもしれませんね♪

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。