• TOP
  • お役立ち情報
  • ついスマホをぞんざいに扱ってしまいがちな方必見!少しでも割れや故障から守る方法ご紹介します。
お役立ち情報
SCROLL DOWN

スタッフオススメ情報

スマホスピタルお役立ち情報 ついスマホをぞんざいに扱ってしまいがちな方必見!少しでも割れや故障から守る方法ご紹介します。

iPhoneやスマホの画面を傷や汚れから守る方法といえば、保護フィルムや頑丈なケースを思い浮かべる方が多いでしょうか。iPhoneの場合は特に機体の大きさそのものは新機種になっても変わらないところもあるため、非常に多くのスマホケースが出回っていますね。保護フィルムに関しても、かつてはスマホケースの脇に数種類並んでいる感じでしたが、最近では棚一面どころか棚四面くらいに多くの種類が販売されています。しかし、スマートフォンなのにケースを付けるとかさばってしまう、頑丈なフィルムを貼ると浮き上がったり、ふちに汚れが溜まって気になってしまうという方も少なくないでしょう。そういったものをなるべく使いたくない、でも画面の割れや汚れてしまうのも心配だ…という方にもおすすめしたいのが、当店でも取り扱っております「ガラスコーティング」です!

コーティングやフィルムに記載された硬度9Hとは?

当店の店頭にある看板にも、「硬度9H」という記載があります。これは簡単に言えば「9Hの硬さの鉛筆でこすっても傷がつかない」という内容になります。そのため、こする相手が金属など、例えばポケット、カバンの中でスマホやiPhoneと一緒にしがちな硬貨や鍵などであれば実は傷がついてしまう場合もあるんですね。それじゃあコーティングする意味がないじゃないか!と思われるかもしれませんが、そういったものから実際のスマホの画面を傷から守ることが何よりも重要な役割になります!

傷のついた液晶ガラスは徐々に割れやすくなる

長年同じスマートフォンを使われている方の中には、落としてもないのにガラスが割れた!!という経験をされた方も少なくないかと思います。これは大切に使っていてもガラス面に傷が多く入ってしまうことでちょっとした圧力でも割れてしまうことがあるようです。当ブログでも何度かお話させていただいておりますが、一度割れてしまった画面を使い続けていると、次の何らかの衝撃で内部の液晶が完全に故障してしまう可能性があります。たくさんの傷がついたガラス面は落としたガラス面同様非常にリスクの高い状態となってしまいます。そのため基本的に新品や傷の確認できない画面へのコーティングをお勧めさせていただいております。

コーティングの上から保護フィルムを貼ってもいいの?

コーティングを施した面に保護フィルムを貼ることにはまったく問題ありません。より傷つきにくく、強い衝撃で割れてしまった場合でも、液晶パネルや皮膚を怪我から守れる確率が上がります。ただ機種やフィルムによっては厚みが出て熱の発散がしずらくなる、触り心地が変わって操作性が変わってくるといった場合もあるため、とにかく何重にも保護すればいいというわけではないようですね。

最後に

スマホスピタル埼玉川越店でのコーティングは修理のように部品を使用しないので、iPhone以外の機種でもご利用頂けます。またブルーライトカット仕様となり、目に優しいものの、わずかに色味が暖色系になる場合もありますので、ご注意ください。画面交換修理の際に利用する、青白く映ってしまいがちな互換液晶に施すことで完全ではないものの青白さを抑えるといったことも可能です。画面交換とセットならガラスコーティング1000円引きのキャンペーンもございますので、ぜひご相談ください!

 %e5%86%99%e7%9c%9f-2020-11-13-17-59-00

ガラスコーティングはスマホのエステとも呼ばれます

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。