お役立ち情報
SCROLL DOWN

スタッフオススメ情報

スマホスピタルお役立ち情報 スタッフおすすめ iphoneをできるだけ何年も使う方法

お客様はiphone(アイフォン)を何年ぐらい使用されますか?

iphone(アイホン)が出て10年以上、今まで何台使われてきたでしょうか?キャリアの支払いが2年契約でその度に機種変更していたら、結構な台数になりますよね。iphone(アイフォーン)をキャリアで購入する時代から、appleや家電量販店で直接買うお客様も増えたのではないでしょうか。

今やどこでも売っていますし、どの機種を使うのもお客様の自由です。今まで通りに3大キャリア使うのか、格安sim で毎月の料金を安くするのかも自由に選べます。特に格安simをお使いのお客様はスマートフォンをながく使えば使うだけお得になるのです。どうやったら長く使えるのでしょうか。

空き容量を多くする。

iphonePCと一緒です。空き容量が少ないと重くなって、動作も鈍くなります。人間だって常に両手に荷物持って動いてたら手ぶらの人より、疲れますし体力がいりますよね。できるだけ軽くしてあげましょう。たまにスマートフォンはPCより寿命が短いという方がいますが、それはどうでしょうか。PCはシャットダウンという「熟睡」を一日1回するのに対し、スマートフォン購入して電源を入れてから、スリープという「仮眠」はよくおこないますが、シャットダウンはほとんどしませんよね。携帯電話なので。そう考えると、連絡が入ったら、すぐ反応するiphoneの寿命は3年ぐらいでも、ほぼほぼ電源が消されていないことを考えると、PCより稼働dしている時間は長いかもしれないのです。

そういったiphoneに少しでも無理させないよう、データは軽めにしましょう。よくデータ容量がいっぱいな方におこる症状の一つに、リンゴループがあります。気を付けましょう。

充電を必ず1Aのものを使用し、電源をつなぎながら使用しない。

ipadandroidの充電器、モバイルバッテリーでは、2A以上のものが多いです。これをiphoneで常用すると、急速充電はできますが、バッテリーや本体基板を痛めてしまいます。同じ機種のiphoneでも2~3年経つと差が歴然です。2A以上の充電は急いでいるときのみ使用するほうがいいと思います。

CONTACT

CONTACT

お気軽にお問い合わせください

ご使用中のスマホの故障・水没・再起動の繰り返しなど、不具合に関するご質問やスタッフ募集、フランチャイズ加盟店募集、法人契約についてなどお気軽にお問合せください。確認次第、メールでご返信させていただきます。