Keyword"水没"

iPhone Xには、IP67等級の耐水性能が搭載されていますが、完全に水を防げるわけではないので、もしも水に濡れてしまったときは不安になってしまうでしょう。 突然雨が降ってきたり、うっかり水のある場所に落としてしまったりしたときなど、iPhoneが水没状態になっていないかを確認する方法があります。 今回はiPhone Xの水没確認方法をはじめ、自分でできる応急処置や、水没してしまっていた場合の主な修理先について紹介します。

iPhone

近年では、ほとんどのスマートフォンに防水機能があるのが当たり前になってきています。しかし2016年に発売したiPhoneSEには、防水機能がありません。普段の生活の中で、防水機能がついていないと不便なこともありますし、何より本体の水没が心配です。 ここでは、iPhoneSEを水から守る方法と、水没した場合の対策をご紹介します。

iPhone

iPhoneが水没したとき、応急処置として「一刻も早く乾燥させなければ」と思い浮かぶのではないでしょうか? 現在では耐水性能のモデルが多くなってはいますが、基本的にiPhoneは電子機器なので、水没してしまった場合は乾燥が必要と誰もが考えるかもしれません。 そういった理由から、一部では「iPhone内部をうまく乾燥させる方法」や、「iPhoneがまた使えるように復活させる方法」などの情報が飛び交っているようです。 では、それらの噂はiPhoneが水没したとき、本当に役に立つのでしょうか? この記事では、iPhoneが水没したときの対処法について紹介します。

iPhone

現在使用しているiPhoneの買取を希望している方の中には、もしかして水没してしまっているかもしれないと不安に思っている方も少なくないでしょう。 ここでは、iPhoneが水没しているかを確認する方法や、水没しているiPhoneを買い取ってもらえる方法をご紹介します。

iPhone

iPhoneXは防水加工されていますが、周囲で「水没してしまった」という話を聞くことはないでしょうか?実はiPhoneXは防水加工されてはいますが、完全ではありませんので水没してしまいます。そこで、安心してiPhoneXを使うために、どの程度の水には耐えられるのかを知っておきましょう。 また、万が一水没してしまった場合にはどうしたら良いか、対処法についてもご紹介します。

iPhone

iPhoneからノイズや音割れが生じてしまうと、通話にも影響したり、音楽も楽しめ無くなったりします。クリアな音で聞くことができないだけでも、ストレスを感じさせる原因になるでしょう。この記事では、iPhoneのスピーカーからノイズが生じた際にできる対処法や、原因について解説していきます。

iPhone

iPhoneを水没させてしまった時は正直かなり焦りますよね。大切なデータや重要な連絡手段を失ってしまうとダメージは大きいものです。 しかし、だからといって間違った方法でiPhoneを復旧させようとするのは逆効果の場合もあります。ここでは、iPhoneの水没時にやってはいけないこと、適切な対処法、修理の出し方を説明します。iPhoneを水没させてしまった時の参考にしてくださいね。

iPhone

スマホスピタルマガジン