iPhoneがボロボロ!故障していても買取可能な業者

メイン機は新しいiPhoneを使っている場合でも、古い機種を音楽プレーヤーやゲーム専用機として、長年使用している人も多いのではないでしょうか? 何年も使用しているとiPhoneの外観はもちろん、機能面での不具合も増えてきます。「ボロボロになってきているiPhoneだけれど捨てるのはもったいない」と考えるなら、iPhoneを買取に出しましょう。 ボロボロになったiPhoneでも、買取してもらえる場合があるのです。ここでは、ボロボロになったiPhoneを買い取ってもらう方法や買取可能な例について解説します。


この記事は約7分で読み終わります。

ボロボロのiPhoneはどこで買取してもらうのか

ボロボロになってしまったiPhoneは、スマホなどのモバイル機器を専門とする買取業者や、中古品の買取を専門に行っている業者、ネットオークションで売却できます。

買取業者とネットオークションの2パターンについて、特徴や注意点などを解説していきましょう。

買取業者

買取業者は、貴金属やブランド品なども幅広く買い取っている業者や、中古の家具や衣類などを買い取ってくれるリサイクルショップも含まれます。

たくさん存在する買取業者の中でも、iPhoneを買取してもらうのにもっともおすすめしたいのは、iPhoneをはじめとするスマホなどを買取する、モバイル機器を専門とする買取業者です。

買取業者に依頼する場合は、業者選びを慎重に行わなければなりません。なぜならiPhoneの査定基準は、業者によってさまざまだからです。

iPhoneに関する知識や買取実績がない業者に依頼してしまうと、本来なら高く買い取ってもらえるはずのiPhoneが安く買い叩かれる可能性も否定できません。

より精度の高い査定を希望するならば、モバイル機器を専門とする買取業者の中でも、iPhoneに特化した業者を選びましょう。

もしiPhoneの買取を検討している場合は、一度スマホスピタルへご相談ください。中古品はもちろん、故障してしまったiPhoneの買取も行っております。

スマホスピタルグループは、全国に80店舗を展開しているスマホ修理専門店です。80万台以上のスマホ修理実績を持ち、iPhoneのことを熟知した専門スタッフがすみずみまで正確にiPhoneの状態を査定します。

iPhoneの買取は予約なしでも持ち込み可能です。その場で査定額に納得した場合は、即日現金化も可能です。また、お近くにスマホスピタルの店舗がない場合は、郵送買取も行っています。全国どこからでも買取受付中です。

スマホスピタルの公式サイトの買取依頼フォームから、住所やお名前、iPhoneの機種などを送信していただくと、スムーズに買取ができます。

スマホスピタルは、画面割れや電源が入らない状態のiPhoneも買取していますので、他店で買取を断られたという場合も、一度ご相談ください。

ちなみに、買取に出す前には、データのバックアップを取ったり、iPhoneの初期化をしたりと、準備をしてから店舗に持っていくとスムーズです。詳しくは、こちらの記事をご覧ください。(iPhoneを売る前に確認すること!買取の注意点
iPhoneを売る時には必ずアクティベーション(アクティベート)しよう!

ネットオークション

ヤフーオークションのようなネットオークションやメルカリをはじめとするフリマアプリを使って、ボロボロになってしまったiPhoneを売却する方法もあります。

ネットオークションを利用してiPhoneを購入したいと考えているユーザーの中には、多少の傷や使用感は気にしないという人や、iPhoneの部品だけが欲しいという人もたくさんいるからです。

ネットオークションやフリマアプリにiPhoneを出すメリットは、自分で値段を設定できるという点でしょう。iPhoneの機種によっては、思いがけず高額な値段がつくこともあります。

しかし個人間の売買なので、登録作業をはじめ、写真撮影や掲載文の作成、梱包や配送作業まですべて自分で行わなければなりません。オークションやフリマアプリを使い慣れている人なら効率よく出品できるかもしれませんが、初心者の人にとって出品作業はなかなか大変な作業です。

また取引をする相手の中には、クレームや問題を起こす人もいます。落札者や購入者がスムーズに取引できる相手である保証がないことが、ネットオークションやフリマアプリの一番のデメリットかもしれません。

また、オークションの場合は落札しているのにも関わらず、落札者が突然キャンセルをしたせいで、1から再出品しなければならないというケースもあります。万が一トラブルが起きてしまった際は自分で対処しなくてはなりません。出品する場合は、このようなリスクを理解しておきましょう。

目次へ

ボロボロのiPhoneでも買取可能な理由

自分にとっては使い古してボロボロになったiPhoneなのに、どうして買取業者は買い取ってくれるのでしょうか?

それはiPhoneがほかのスマートフォンに比べ人気が高く、中古のiPhoneであっても需要があることが理由に挙げられます。

分解すればパーツを再利用できる

買取業者は、買い取ったiPhoneをそのまま再販するとは限りません。iPhoneそのものが正常に動かなくても、分解して故障していない部品を取り出して、同機種のiPhoneの修理に再利用しています。修理依頼があればいつでも対応できるように部品をストックしておけば、他のユーザーの交換修理にすぐ対応できるのです。

また、iPhoneの機種によっては流通量が少なく、供給が追いついていない部品も多くあります。そのため、ボロボロに見えるiPhoneでも利用価値は非常に高いかもしれないのです。このようなiPhoneであれば、多少ボロボロであっても納得できる価格で買い取ってもらえる可能性があります。

修理して再販することができる

iPhoneの修理ができる買取業者の場合は、故障部分を修理して使える状態にして再販することが可能です。

人気の高いiPhoneや修理内容が複雑でない場合など、条件によっては低コストでの仕入や修理だったのに高く販売できることもあるので、店舗にとってはメリットが大きい事業でもあります。

修理技術が高ければ高いほど新品のiPhoneと遜色なく使えるように修理できるので、中古品でもiPhoneがほしいと考えているユーザーに需要があるといえるでしょう。

iPhoneの修理技術が高く、幅広い修理に対応している買取業者なら、買取価格も期待できます。買取や修理実績の多い買取業者を探しましょう。

目次へ

買取可能となる故障の例

故障したiPhoneの買取基準は、買取店舗によって違います。これは買取店舗の修理技術や、部品の有無なども関係するため、当然のことです。

持ち込んだ店舗で買取不可となってしまったボロボロのiPhoneでも、別の店舗に持ち込めば買い取ってもらえたというケースもよくあります。

買取してもらえる可能性が高い故障の例は、以下の8種類です。

1.画面割れ
2.フレームが変形している
3.外観が破損している
4.水没している
5.起動できない
6.ボタンが反応しない
7.フリーズしたまま動かない
8.充電ができない

このようにiPhoneが全壊しているのではなく、一部だけが壊れていたり、機能していなかったりするものは、買取してもらえる可能性があります。

ボロボロになってしまっているから買取は無理だろうと、自分で判断してしまうのはもったいないので、ぜひ一度iPhone買取業者に問い合わせてみてください。

店舗に問い合わせする際は、買取を希望しているiPhoneの状態を説明して買取が可能であるかどうかと、おおよその買取価格を聞いておくと複数の業者間で比較しやすくなります。

目次へ

まとめ

長年使ってボロボロになってしまったiPhoneでも、条件によってはお金に換えることが可能です。もういらないからと廃棄してしまうよりも、1円でも高く買い取ってもらえる方法を探してみましょう。

買取を依頼するときは、iPhoneのことを熟知していて実績が豊富な店舗に買取してもらうと、比較的高い値段で買い取ってもらいやすくなります。

自分でオークションに出すよりも、買取業者に依頼するほうが簡単なので、ぜひ検討してみてください。

目次へ