iPhoneの画面に現れた白い点!原因と修理方法を徹底解説

iPhoneの画面上に白い点が現れて、その部分になにも表示されない、という不具合でお困りではありませんか。動画を見たり写真を撮ったりするときなど、画面を見るとどうしても気になってしまう症状です。 実は、iPhoneの画面に白い点が現れる原因は主に3つあると考えられます。そこで今回は、iPhoneの画面に白い点が現れる原因と白い点をなくすための対処法について解説します。


この記事は約7分で読み終わります。

原因1.バッテリーの膨張によるもの

まず1つめの原因として考えられるのが、iPhoneのバッテリーが膨張したことです。
バッテリーが膨張すると、なぜiPhoneの画面に白い点が浮かんでくるのでしょうか。詳しくみてみましょう。

バッテリーの膨張で白い点が発生する理由

iPhoneには「リチウムイオンバッテリー」が使われていますが、これには劣化してくると膨張してしまう性質があります。膨張したバッテリーが液晶を押し上げて画面に干渉することで、 iPhoneの画面に白い点が浮かび上がるのです。

では、バッテリーの劣化を早める原因とはなんでしょうか。

・充電器につないだまま iPhoneを使用する
・iPhoneを充電するときに純正品以外の充電ケーブルを使用する
・適正温度(0℃~35℃)を超えた温度でiPhoneを使用する

などの原因が考えられます。

バッテリーの膨張がひどくなると、白い点が現れる以外の不具合も出てくるでしょう。

・iPhoneを触っていないのに反応する
・勝手に電話をかけた
・文字入力がうまくいかない

この例などのように、タッチパネルの反応に不具合が出ることがあります。

また、バッテリーが膨張したまま放置しておくと、iPhoneが変形して故障してしまうかもしれません。最悪の場合は、発火・爆発してしまう可能性もあります。白い点が現れると同時にバッテリーが膨張しているようなら、早めに修理しましょう。

バッテリー膨張の修理方法

バッテリー膨張の原因が劣化である以上、修理方法はバッテリー交換以外にありません。修理に出しましょう。

では、バッテリーがどのくらい劣化すると交換時期といえるのでしょうか。

もちろん、目で見てわかるほど膨張してしまった場合は交換が必要でしょう。劣化が進んでいると考えられるからです。

また、Appleが定める交換目安であるバッテリーの最大容量が80%を下回ったときも交換時期です。iPhoneからバッテリー劣化の程度を確認できるので、以下に説明する方法でバッテリーの状態を確認しましょう。

1. iPhoneの「設定」を開く
2. 「バッテリー」をタップする
3. 「バッテリーの状態」を選択する
4. 「最大容量」を確認する

最大容量が80%を下回っていたら、修理店でバッテリーを交換してもらうと良いでしょう。

なお、iPhoneの使い方に気をつければ、バッテリーの劣化を遅らせることができます。iPhoneを使用するときは、前の項目で紹介した劣化を早める原因となる使い方をしないよう、注意してください。

目次へ

原因2.ドット欠け(抜け・落ち)によるもの

2つめの原因として考えられるのは、iPhone画面のドットが欠けてしまったことです。「ドットか欠けてしまう」とはどのような状態なのか、詳しくみてみましょう。

ドット欠けで白い点が発生する理由

iPhoneの液晶画面は「ドット」という画素で構成されています。これがなんらかの原因によって故障してしまい、液晶に表示されないことをドットが欠ける、といいます。ドット欠けの部分が白く見えるので、液晶に白い点が現れるというわけです。

ドット欠けの原因は初期不良や経年劣化、液晶に強い衝撃が加わったことなどが考えられます。

ドット欠けの修理方法

初期不良のドット欠けと考えられる場合は、購入後なるべく早い段階で販売店に相談しましょう。また、メーカー保証やAppleCareなどで対応できるかもしれません。不具合かもしれないと思ったら、速やかに問い合わせることをおすすめします。

もしも、返品交換をしてもらえなかった場合は「ドット欠けを修復するネット上のツール」を利用する方法もあります。ネットで「iPhone ドット欠け 修復」と検索すると、ツールについて解説が出てきます。そのツールを使えば、液晶に刺激を与えてドット欠けを修復できるかもしれません。(ただし、利用を推奨するものではありません。使用は自己責任でお願いします)

安全にドット欠けを修理したいのであれば、修理店での液晶交換をおすすめします。

目次へ

原因3.水没によるもの

3つめの原因として考えられるのが、iPhoneを水没させたことです。iPhoneが水没すると、なぜ白い点が現れるのでしょうか。

水没で白い点が現れる理由

水没で白い点が現れる理由は、iPhone内部で結露が発生して画面の中に水滴がつき、その部分が白い点となって浮かび上がるからです。この症状は、水没以外でも起こることがあります。それは、ポケットにiPhone を入れたまま汗をかくような激しい運動をしたときです。iPhoneの内部が高温多湿になり、同様の症状がみられることがあります。

白い点が広範囲にわたってシミのようににじんでいる場合は、水没している可能性が高いでしょう。

水没の修理方法

水没によってiPhoneの画面に白い点が現れた場合は、修理店での修理が必要です。

また、水没したらすぐにiPhoneの電源を切りましょう。その後は、再び電源を入れたり、充電したりしてはいけません。iPhone内部にある電子基盤がショートしてしまうことがあるからです。絶対にしないでください。

目次へ

画面の白い点を修理できる場所は大きく2種類

画面に白い点が現れた場合、症状を改善することは専門家でもない限り不可能です。メーカーや販売店や修理店にiPhoneを持ち込んで、修理を依頼してください。

Apple Storeやキャリアショップ

メーカー保証がある場合は、Apple Storeやキャリアショップに持ち込んだほうが修理費を安く抑えられるでしょう。

しかし、Apple Storeやキャリアショップでの修理には、予約が必要です。予約日までiPhoneが使えなくなることや、修理完了までに日数がかかることが考えられます。

また、プライバシー保護のためにデータを消去する可能性が高いので、あらかじめデータバックアップをしておく必要があります。Apple Storeやキャリアショップで修理をするときは、忘れないようにしましょう。

スマホ修理専門店

多くのスマホ修理専門店では、予約をしていなくても即日修理が可能です。たとえばスマホスピタルなら、修理時間はバッテリー交換なら約15分、液晶交換(軽度)なら約30分、水没修理は約2時間と短時間で完了します。

スマホスピタルは総務省より認可を受けた「総務省登録修理業者」です。技術基準を満たした修理の専門家が正しい手順で修理するので、ご安心ください。iPhoneのさまざまな不具合にも対応できるので、白い点が現れたiPhoneの修理も可能です。バッテリーは電気用品安全法「PSEマーク」に適合した良質な製品を使用するなど、修理に使用するパーツには十分に配慮しています。

また、スマホスピタルのメリットはデータを消すことなく修理ができることです。データバックアップをしていない状態でもすぐに修理に出せるので、万が一バックアップを忘れていても、データは残せます。

もし不具合の原因が分からない場合でもiPhone修理に精通した経験豊富なスタッフが対応しますので、ぜひスマホスピタルにご相談ください。

目次へ

まとめ

今回は、iPhoneの画面に白い点が現れる現象の原因を紹介しました。原因として考えられる、iPhoneのバッテリー劣化や水没・落下事故などは、iPhoneの使い方次第で避けられるでしょう。

しかし、白い点ができてしまった後では、あなた自身で症状を改善することは難しく、修理が必要です。そのまま使いつづけていると危険な場合もあるので、速やかな修理をおすすめします。

目次へ