iPhone買い替えのタイミングを紹介!負担を軽減したい人におすすめの買取!

毎年最新機種が発売するiPhoneは、買い替えのタイミングに悩んでしまうこともしばしば。 iPhoneは、年々価格が高くなっていることもあり、最新機種に買い換えるのを躊躇してしまう方も多いのではないでしょうか? iPhoneの買い替えは、どのタイミングでおこなうのがいいのか、損をしないiPhoneの買い替え方や、買い換える前にしておくべきことをご紹介していきます。


この記事は約8分で読み終わります。

iPhoneを買い替えたい!タイミングと費用

iPhoneの最新機種が発売されるとネット上で話題になりますし、テレビCMで流れることもあるので、どうしても気になってしまいます。

家族や知り合いが新しいiPhoneを購入している場合は、余計に買い替えたい気持ちに駆られるのではないでしょうか?

iPhoneは、決して安いスマートフォンではありません。安易に買い換えると、月々の負担が増えてしまうこともあります。まずは、iPhoneを買い換えるベストなタイミングについてご紹介しますので、ご自身の利用状況を確認しながら、買い替えの参考にしてみてください。

iPhoneの買い替えのベストタイミングはいつ?

Appleは、iPhoneの耐用年数は3年であると公式に発表しています。
しかしiPhoneは、アルミや強化ガラスを使用して作られているため、3年間使用しても問題なく動作し、美しい外観を保っていることがほとんどです。

iPhoneのOSである「iOS」のサポートも受けることができますので、3年以上同じiPhoneを使っているという方も多いでしょう。

一般的なiPhoneの寿命の基準は、画面が映らなくなったり、充電の持ちが極端に悪くなったりといった機能的に使いづらくなってきた頃や、最新のiOSにアップデートできなくなった頃、動作が遅く使いづらくなってきた頃です。

寿命まで使っても問題はありませんが、快適にiPhoneを使うなら寿命が来る前が、買い替えのタイミングとして最適だといえます。

ドコモやau、ソフトバンクなど、大手3大キャリアと呼ばれる携帯キャリアでは、「2年縛り」の契約がありますが、2年縛りが終わる段階での買い替えが一般的なタイミングだといえるでしょう。

最新機種が良いわけではない!

分割購入されることが多いiPhoneですが、月々の端末代の出費はなかなか負担になるものです。

買い替えのタイミングで、最新機種ではなく1つ前の型落ちiPhoneを購入するのもおすすめです。1つ前の型落ちiPhoneなら、発売時よりも1万円以上安く購入できる可能性があります。

1つ前や2つ前の型落ちiPhoneでも、一般的な使い方では性能に大きな差はありません。どうしても最新の機能が使いたいという場合でなければ、型落ちiPhoneはとてもお得に購入できるiPhoneです。

プランの見直しをしたり、使えるキャンペーンがある場合は利用したりして、自分の負担にならないiPhoneの購入の仕方を考えてみましょう。

目次へ

最新でなくとも自分に合ったものを見つけよう!

iPhoneは、必ずしも最新の機種が自分に合っているとは限りません

たとえば最新機種が発売されるたびにカメラの性能は良くなっていますが、写真をあまりiPhoneでは撮影しないという方にとっては、必要のない機能です。

最新のiPhoneを購入するよりも、自分の使用用途やコスト面を考え、自分にとってコストパフォーマンスに優れた機種を選ぶことが重要なのです。

費用を抑えたいなら古いiPhoneも

とにかく費用面を重視するなら、古い型のiPhoneを視野に入れましょう。
その中で、最も自分が重要視する機能はなんなのかを考える必要があります

たとえば画面サイズです。
iPhone4Sまでの機種は3.5インチ、iPhone5シリーズとiPhoneSEは4インチ、iPhone6と6S、iPhone7とiPhone8は4.7インチ、iPhoneのPlusシリーズは5.5インチ、iPhoneXとXSは5.8インチ、iPhoneXRは6.1インチ、iPhoneXS MAXは6.5インチというように、機種ごとに画面サイズが異なります。

このほかにも、iPhoneのカラーラインナップやFaceIDと呼ばれる顔認証、touchIDと呼ばれる指紋センサー搭載機種など、自分が必要とする機能が備わっているかを確認しましょう。

なお、iPhone6Plus以前のモデルは、現在最新のiOSである「iOS13」に対応していません。
Appleのサービスを十分に受けられない可能性があるため、おすすめできない機種だといえます。

このことから、いくら費用面を重視するとはいっても、古い機種で価格が安いから良いというわけではないことを考慮して、iPhoneの機種を選ぶ必要があります。

更に安くしたい場合は格安SIMも

iPhoneにかかる費用は、iPhone本体の端末代だけではありません。
できるだけ費用をかけずiPhoneを維持していく場合、月々かかる通信費も重要なポイントです。

通信費を安く抑えようと思うなら、3大携帯キャリアと呼ばれるドコモやau、ソフトバンクではなく、格安SIMを契約すると良いでしょう。

格安SIMとは、3大携帯キャリアが持つ通信設備を借りて利用者に提供している会社のSIMを利用する方法です。MVNOとも呼ばれています。
LINEモバイルやUQモバイル、IIJmioなどが格安SIMと呼ばれている業者です。

格安SIMの業者は、基本的にはSIMのみの契約をしている会社なので、iPhoneを販売している会社はなかなかありません。販売していたとしても、機種が限られている場合があるのです。そのため、iPhoneを自分で用意してSIMを契約する必要があります。

この場合、iPhoneはどこで手に入れるのかというと、AppleStoreや家電量販店、iPhoneを販売しているオンラインショップなどが挙げられます。
機種代金を極力抑えたいという場合は、中古のiPhoneも視野に入れてみると良いでしょう。

目次へ

買い替えが決まったら!事前準備と古いiPhoneはどうする?

iPhoneの買い替えを決めたら、スムーズに買い替えをおこなうための準備をしておきましょう。現在使用している古いiPhoneはどうするのかも考えなくてはなりません

買い替え前に十分に計画を立てておくことが、買い替え後にトラブルなくスムーズに新しい機種を使い始められることにつながります。

1:トラブルを回避するための事前準備

まずはiPhoneを買い替えた後に困ることがないように、事前準備をしっかりおこなっていきましょう。買い替え前の準備は、大きく分けて4つあります。

<現在のiPhoneのデータ整理>

現在使用しているiPhoneの、いらないデータは削除しておきましょう。
無駄なデータを削除してiPhone内のデータを整理しておくことで、iPhone自体の容量を節約できますし、次に紹介するバックアップ時にもストレージ容量を節約できます。

いらない写真や使っていないアプリなど、積極的に整理していくことで買い替えたときのデータ移行もスムーズにおこなえます。

<iPhoneのバックアップを作成>

iPhoneにはたくさんのデータが入っていますが、買い替えたiPhoneでも今と同じ環境で使用できるようにするため、失いたくないデータはバックアップしておく必要があります。

iPhoneのバックアップ方法はパソコンを使う方法と、iPhone単体でiCloudにバックアップ作成する方法の2種類です。

iCloudでのバックアップは、とても簡単にできますし移行時もスムーズですが、無料のクラウド容量が5GBまでなので、自分のiPhoneの容量がどれくらいあるのかを確認してからバックアップ作成をするようにしてください。

バックアップを作成したいデータが5GBよりも多い場合は、iCloudの容量を購入することも可能です。

<アプリの引き継ぎ>

多くの方が利用しているLINEや、ゲームアプリのデータは、確実に引き継げるようにしておきましょう。アプリの引き継ぎ方法は、アプリによって異なります。

アプリデータを買い替えたiPhoneでも引き継いで使いたい場合は、アプリごとの引き継ぎ方法を確認しておきましょう。

<iPhoneアクセサリの準備>

意外と忘れがちなのが、iPhoneケースや保護フィルムなどのアクセサリの準備です。
買い替え機種が決まった時点で用意しておくと、購入後すぐに装着できるのですぐにiPhoneを保護することができます。

2:不要になったiPhoneの用途

iPhoneを買い換えると、現在使用しているiPhoneは不要になります。
もし、現在契約しているキャリアで機種変する場合は、キャリアでのiPhone下取りを利用すると良いでしょう。

キャリアの下取り以外にも、iPhoneの買取をおこなっている業者に依頼する方法もあります。iPhone買取業者に依頼するメリットは、キャリアよりも高く買い取ってもらえる可能性があるということです。

不要になったiPhoneは、ぜひiPhone買取のスマホスピタルへお任せください!
スマホスピタルならその場で現金手渡しが可能です。iPhoneの知識が豊富なスタッフが査定しますので、スピーディーな査定ができます。

さらに現在使用中の古い機種を、買取ではなくサブ機という形で使いたい場合は、故障部分や不具合がある部分をスマホスピタルで修理して、使い続けることも可能です。

目次へ

まとめ

iPhoneの買い替えは、自分の使用用途や費用面のバランスを見て決めることです。
iPhoneの買い替え時の費用が気になる場合は、古いiPhoneを買取りに出して、買い替えの足しにすると良いでしょう。

自分に合ったiPhoneを見つけて、損をしない買い替えをしてください。

目次へ