修理歴があるiPhoneも買取OK!非正規の修理後も買取可能!

iPhoneの修理方法は、大きく分けて2つあります。Apple直営店やAppleの代理店に修理してもらう正規の方法と、自分で修理したり街の修理業者に依頼する非正規の方法です。 どのような方法であれ、iPhoneを修理すると買取に影響を及ぼします。この記事では、iPhoneに修理歴があるときの買取について、具体的な詳細を解説します。


この記事は約7分で読み終わります。

iPhoneの修理歴があっても基本的には買取は可能!

iPhoneの買取業者は、お客さんから買い取ったiPhone本体を、中古iPhoneとして販売しています。そのため、Apple StoreやAppleが認定している代理店といった正規の修理店であれば、基本的どこでもiPhoneを買取してくれます。

しかし、既に自分や非正規店で修理したiPhoneの場合、純正部品が使われていないことにより買取不可となる場合があるので注意してください。

純正部品が使われているかいないかは、外見からはわかりませんが、iPhone内部を見ると簡単に分かってしまいます。純正品の部品でない場合は、互換製品のマークが部品に入っているためです。

また、バッテリーの場合は、純正品でないバッテリーを使用していると、設定画面の消耗度が表記されなくなります。この場合は、iPhoneを開けて中の部品を確認せずとも、純正部品が使われていないことがわかります。

目次へ

【修理歴あり】買取不可の場合

では、修理歴があって買取不可となる場合について、具体的に確認していきましょう。買取不可となる原因は、大きく分けて2つです。

非正規店で修理したことがある

画面割れやタッチパネルの不具合で画面交換修理をしたり、バッテリーの減りが早くなってバッテリー交換修理をしたりする場合、Apple Store などの正規店で交換修理するよりも、非正規店で交換修理したほうが費用を抑えることができるので、非正規店を利用する方が多いです。

しかし、前述したように非正規店で修理すると、純正部品ではなく互換製品で修理されるため、正規店では買取を拒否される場合が多いです。

携帯キャリアでの下取りの場合、純正品と互換製品の見分けが難しく、完動品であれば下取りをするという店舗もありますが、厳しい基準で見る店舗では、一旦iPhoneを開けて、中の部品を確認したり、水没していないかをチェックする店舗もあります。

基本的に大手の携帯キャリアでは、純正品のパーツが使われていないと買取ができないと覚えておきましょう。

自分で修理したことがある

最近では、ネットで簡単にiPhoneの互換部品が入手できますし、修理方法も動画サイトで紹介されています。こういった背景から、「単純にiPhoneの修理を自分でしてみたい」「iPhone修理を安く済ませたい」と考え、自分で修理をする方も少なくありません。

しかし、ネットで出回っている個人入手可能なiPhoneの部品は、純正部品ではなく互換製品なので、こちらも正規店では買取を拒否される可能性が高いです。

どんなに正しく修理できていて、動作が正常できれいなiPhoneであっても、部品が純正品でないiPhoneは買取してもらえる可能性が非常に低くなることを、頭に入れておいてください。

目次へ

スマホスピタルであれば買取可能!

修理歴があるiPhoneは、正規店で修理したもの以外は買い取ってもらえる業者が少ないです。しかし、スマホスピタルなら、純正パーツで修理していないiPhoneも買取できます。

スマホスピタルは、日本全国に80店舗の大型展開をしているスマホ修理業者で、iPhoneの修理実績も豊富です

スマホスピタルは総務省登録修理業者に認定されているので、質の高い修理を行うことができます。正しいiPhoneの知識を持ったスタッフが、iPhoneの買取に従事していますので、疑問点がある場合や不安なことがある場合は、何でも質問してください。

そんなiPhone修理のプロであるからこそ、他店で買取を拒否されたiPhoneも買取できます。ここからは、他店で買取を断られるiPhoneでも、積極的に買取しているスマホスピタルを詳しくご紹介していきます。

純正品ではないパーツでも買取可能!

スマホスピタルでは、他店では買取が難しい互換製品を使って修理したiPhoneも買い取ることができます。もちろん、スマホスピタルで修理したiPhoneでなくても構いません。自分で修理したiPhoneはもちろん、他店での修理歴があるiPhoneもしっかり買取させていただきます。

スマホスピタルでiPhoneを買い取るときのポイントは、大きく分けて3つあります。まず一つ目は、付属品が揃っているかです。

iPhoneには、外箱や内箱、イヤホンジャック、USBケーブル、USB電源アダプター、SIM取り出しツールなどが付属しています。

これらの付属品がすべて揃っているか、美しい状態で保管されているかは、買取の査定に大きく響くポイントです。

2つ目のポイントは、動作に不具合が出ていないかを確認します。いくら修理済みのiPhoneといっても、動作に不具合があるiPhoneでは、査定額に響きます。タッチパネルの動作は正常か、スピーカーやマイクに不具合はないかなどの項目をしっかりチェックして買取金額を出していくのです。

3つ目のポイントは、iPhoneの端末代がすべて支払われているかということです。iPhoneは、携帯キャリアの割賦制度を利用して購入する方が多いですが、分割残金があると所有者は携帯キャリアになっており、いわゆる「赤ロム」状態のiPhoneという扱いになります。

赤ロム状態のiPhoneは、スマホスピタルをはじめ他店買取業者での買取も不可能なので、分割残金がないか確認しておいてください。

修理前のジャンク品でも買取可能!

スマホスピタルでは、修理前の故障しているジャンク品と呼ばれるiPhoneも買取できます。これは、スマホスピタルがiPhone修理の専門業者であることの強みを活かし、破損状態がひどいiPhoneでも、使える部分の部品取りをして有効活用できるからです。

さらに、修理可能範囲であるジャンク品のiPhoneなら、iPhone修理専門店の知識と技術を活かして、低コストで修理して販売することができるため、買取ができます。

スマホスピタルでiPhone買取を行うメリットとして、現金を即日手渡し可能という点があります。店舗は日本全国に80店舗ありますので、お近くのスマホスピタルに持ち込んでいただければすぐに査定し、現金化できるのです。

※一定金額を超える場合は後日銀行入金をさせていただく場合もございます。

スマホスピタルの店舗が近くにない場合は、郵送での買取も実施しています。郵送買取の場合は、即日現金手渡しはできませんが、後日指定の銀行口座に振込みしますので、不要なiPhoneがある方は、ぜひスマホスピタルで買取を依頼してください。
もちろん、見積もりだけでも大歓迎です。見積り金額に納得いただけない場合は、買取を断っていただいても構いません。

スマホスピタルでの買取を依頼するメリット2つ目は、素早い査定です。iPhoneのことを熟知したプロのスタッフが、確かな目でiPhoneを素早く査定します。

そのため、忙しいサラリーマンや主婦、学生の方でも、仕事や学校帰り、お買い物のついでに簡単にiPhoneの買取を依頼していただくことが可能です。

iPhone外観の傷やヘコみ、ガラス割れや、付属品の欠品や動作不良によって減額はあるものの、明瞭でわかりやすい買取価格を提示しています。

買取に来られる際は、免許証や保険証、マイナンバーカード、パスポートのような本人確認ができるものを持参してください。未成年の方は、保護者さまとご来店してくださればすぐに査定をさせていただきます。

目次へ

まとめ

iPhoneは、予期せぬ修理が必要になることがあります。何回もiPhoneを修理して使っているという方も非常に多いです。

しかし、新機種に買い替えを検討しているときに修理歴があるiPhoneの買取ができないとなると、新機種を買う足しにできず損をした気分になってしまいます。

他店では買取を断られた修理歴があるiPhoneの買取を希望される場合は、諦めず一度スマホスピタルにご相談ください。

目次へ